スポンサードリンク

病気になると引き起こる病気の臭い症状と原因

糖尿病の汗の臭いをコントロールする方法

投稿日:2019年5月1日 更新日:

  • 膵臓の働きが弱くなりインスリンの分泌量が減るインスリンの分泌量の低下
  • 筋肉組織や肝臓細胞がインスリンの代謝に対して反応しなくなり、インスリンが適した分泌量があるのに効きにくくなっているインスリン抵抗性
  • によって高血糖になり血管が侵食され狭くなり硬くなり動脈硬化のリスクが非常に上がりますので、インスリンで血糖値のコントロールが謳われてさまざまな治療を行います。

    4大生活習慣病、脂質異常症、肥満、糖尿病、高血圧と該当する人は《死の4重奏》と言われています。

    食べすぎや運動不足で高血糖に一度患ったなら血液中の高血糖ブドウ糖が膵臓障害を引き起こします。当然インスリンの分泌量の低下、インスリン抵抗性が起こります。
    このサイクルが繰り返されるとさらに高血糖の体質になりつつあるので、さらに糖尿病も悪化を辿るので糖毒性と言われています。放置しているとどんどん合併症が体中で起こります。

    血糖値を下げさせて、糖毒性の重症度合いを徐々に減らしていくのが糖尿病による死亡リスクを減らす方法です。

    インスリンが欠乏することで食べたものを通常のように体の栄養エネルギーへの変換が出来なくなります。
    インスリンの役割がそれほど大きいためインスリンが不足すると血糖が当然上がりきってしまいます。

    糖尿病の症状

    一度発症すると完治することは絶対に無く、糖尿病は1型糖尿病のインスリン欠乏と40代に入ってから患うことが高くなる2型糖尿病は糖尿病患者の90%がこの2型糖尿病、インスリン分泌不全やインスリン抵抗性と2種類の特徴があるのでそれぞれ患った時に起こる症状は全く異なります。

    2型糖尿病になった時に起こる症状は

  • 怪我をした時に回復するのが非常に遅くなる
  • 目が見えづらくなる
  • 皮膚が乾燥したりして痒くなる
  • 手足がピリピリ痛みがある
  • 感染症状をよく患うようになる。
  • 体の慢性的なダルさ
  • お腹が空きやすくなったり、喉が渇きやすくなる
  • 性機能が下がる
  • 1型糖尿病(インスリン欠乏)患者に起こる症状は全く膵臓からインスリンが出てこないのに対して、インスリン注射が必須になっています。インスリン依存型糖尿病として知られていましたが、1型糖尿病患者は糖尿病患者の5〜10%でしか居ません。逆に年齢層が若い人ほどこの1型糖尿病患者が多い傾向があると報告がありますが、基本的に年齢的には関係はないとされています。

    よく1型糖尿病の人になった時のことを、共通して言われるのが、ある時期から急に

  • トイレが近くなる
  • 喉が急に乾くようになった
  • 体重も短期間で落ちた
  • 疲れやすく、カラダ筋肉ががつりやすくなる
  • 周囲の人から見て明らかに心配されるほど症状が悪化する人が多く診察して明らかになる人が多いです。

    糖尿病による3大合併症状

    高血糖になると血管内皮の損傷と血管が硬化します。すると血管内が狭くなり合併症を引き起こします。
    特に細い細かい血管などが影響されやすい。
    閉塞性動脈硬化症、心筋梗塞、狭心症など
    自身で気付きにくいのが糖尿病の合併症で、糖尿病にかかっているだけで、心臓病や脳卒中など血管系の病気を引き起こしやすくなります。合併症になると動脈硬化になりやすく、酷いと死亡する病気になったり、日常生活を過ごすのも大変になってから重病の合併症状に気づくことも多いのがこの糖尿病の合併症です。すでに高血圧と脂質異常症の方は特に注意!

    目の場合には糖尿病網膜症に

    糖尿病網膜症は眼球を繋がれている毛細血管が狭くなり硬くなることで最悪の場合失明に至ります、あとで気づくことが多い糖尿病の合併症なので早く気づく事の注意が必要ですので、すこ時でも体の異変が感じたら、医師に見てもらいましょう。

    糖尿病網膜症の症状

    糖尿病網膜症の治療方法

    心臓病や脳卒中動脈硬化

    高血糖により血管が狭くなりさらに硬くなるのでかなりリスクが高くなります、インスリンの量をサボらずにコントロールして血管年齢を若く保つ治療に専念ことが重要になります。
    その為に4つの生活習慣病と言われる、糖尿病だけでなく、高血圧と肥満と脂質異常症もコントロールする必要があります。

    神経系の場合は糖尿病神経障害

    インスリンが減り血中が高血糖になります。
    すると手や足の神経系も壊れしびれ痛みの症状が出ます。
    なぜか糖尿病患者で合併症が悪化してから診察される患者さんが多いので進行して悪化する前に医師に見てもらいましょう!最悪の場合、壊疽や潰瘍が足や手の至る場所で見つかる症状が出るようになります。

  • 痺れるような痛み
  • つるような痛み
  • 手足が明らかにつりやすくなる
  • 腎臓は糖尿病腎症

    血管が狭くなり腎臓の活動が停止していくと働きがなくなるためにアンモニアなど排尿機能を果たさなくなりますので、最悪腎不全となると透析治療生活を余儀なくされるようになります。

    進行すると、老廃物を尿として排泄する腎臓の機能が失われてしまうため、最終的に透析治療を要することになります。この合併症も自覚症状がないまま進行していきますので、早期発見のためには、定期的に腎臓の機能を検査する必要があります。

    血糖値を意図的に対策しておくことで、3大合併症を予防することができます。

    糖尿病になる原因

    血液の中のブドウ糖(血糖)が異常に増えることをいいます。本当に糖尿病になった時は気づく事がなく神経や血管が悪化して合併症を引き起こしてから気づくことが多いのがこの病気。
    2型糖尿病にかかりやすい特徴時期があります

  • 食生活の質高カロリー食高脂肪食が多い明らかな食べ過ぎ
  • 運動不足
  • 40歳以上であること
  • 身内家族に糖尿病疾患の人がいる
  • 肥満体質
  • いずれもインスリンの分泌量が低下する要因です。
    インスリン自体膵臓のβ細胞で作られるホルモンのため、膵臓が元気でなければ、体へインスリンが効く具合とインスリンの量が減ると、血糖値が下がるはずがありません。

    この不足の事態を改善し血糖値をコントロールすことが病気や合併症の進行を防ぐ糖尿病の治療です。

    1型糖尿病にかかる人の原因は2型糖尿病とは違い室はよくわかっていません。1型糖尿病になる人で推測として考えられているのが

  • 環境とウイルスの感染
  • ウイルスなどの過度な負担である免疫反応が膵臓の細胞を傷付ける
  • インスリン分泌が減る
  • インスリンを分泌する細胞構造が何らかの要因によって破壊されインスリンが分泌されなくなる
  • 1型糖尿病にかかりやすい体質
  • 血糖が高くなる。

    食後高血糖と糖尿病予備軍との関係性

    糖分を含んでいる食事を摂ることで、肝臓などから消化酵素と唾液が分泌してブドウ糖に分解され小腸→血液中に入り増えると膵臓からインスリンが分泌され、インスリンの働きによって肝臓や筋肉にエネルギーとしてブドウ糖を送ります。

    この時食事後は健康体の人でも血糖値は一時的に上がります。注意したいのが、2時間後の血糖値で健康体であれば140mg/dlの数値を下回りる。また上回ってれば食後高血糖という症状になっているので、最近ではこの2時間後でも食後高血糖である人は合併症を引き起こす体質にあるという報告があります。
    また、お腹が減っているときは通常の血糖値の人でも、高血糖の状態が2時間後でも長く続く、隠れ食後高血糖の症状である人も多いので、糖尿病予備軍であるかの判断をする為に自身の健康維持のためにも糖尿病リスクのための定期的な検査が大切。

    食後血糖値が高いと死亡リスクが高いことも明らかになっているので、糖尿病のみならず健康の指標として食後高血糖のogtt2時間値の経口ブドウ糖負荷試験2時間値の検査には大きな役割があります。
    空腹時に血糖値が高い人は健康体の人と死亡リスクが同じですが糖尿病になるリスクが高いのには変わりありません。

    食後高血糖であるだけで、かかる合併症は

  • がんの発症リスク
  • 糖尿病性網膜炎
  • 心筋梗塞、脳卒中心血管系の合併症
  • 動脈硬化
  • 認知機能の低下
  • 糖尿病の治療

    2型糖尿病に関しては、遺伝的な要素が強い患者が多く、特に親族に糖尿病を患っている場合糖尿病であるか検査してみることをお勧めします。食事による治療と運動それと併用して薬を飲んだ治療になります。
    適度な運動と健康食により糖尿病は遅らせることができる病気です。
    薬も糖尿病の症状によって変えます。
    それでも血糖値が高いままの状態なら、GLP-1受容体作動薬の注射を食事前にお腹脇腹に打つ治療方法になります。

  • 参考文献
  • 大阪医科大学看護研究雑誌
    糖尿病患者のセルフケアに関するアセスメントツールの文献検討
    https://www.osaka-med.ac.jp/research/nursing-magazine/tpv6n400000028ka-att/11.pdf

    糖尿病診療ガイドライン
    http://www.fa.kyorin.co.jp/jds/uploads/GL2016-03.pdf

    スポンサードリンク

    ワキガ対策NAVI|Twitter

    ワキガ対策|SakiNavi参考元

  • 『興奮する匂い食欲をそそる臭い遺伝子が解き明かす匂いの最前線』
  • 著者:新村芳人 (にいむらよしひと ) 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了 。理学博士 。国立遺伝学研究所 、ペンシルバニア州立大学研究員を経て 、現在東京医科歯科大学難治疾患研究所准教授 。専門は 、分子進化学 、比較ゲノム学 。主な著書に 、 『化学受容の科学 』 (分担執筆 、東原和成編 、化学同人 )
  • 『体臭恐怖-体の臭いで人を恐れるあなたに-』
  • 『デオドラント革命体臭多汗の正しい治し方』
  • 『なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』
  • 著者:医学博士 。五味クリニック院長 。体臭 ・多汗研究所所長 。流通経済大学スポ ーツ健康科学部客員教授 。一橋大学商学部卒業後 、昭和大学医学部に入学 。昭和大学病院形成外科で形成外科学 、多摩病院精神科で精神医学を学ぶ 。
  • 『血流改善-高血圧症生活習慣改善対策』
  • 薬学博士 佐藤貴繁(杜の都の漢方薬局運龍堂代表) 1977年 北海道立札幌南高等学校、北海道大学薬学部卒業 2003年 薬剤師取得 2006年 北海道大学大学院薬学研究科生体分子薬学専攻博士後期課程を終了後、博士(薬学)取得 2011年「福祉社会法人 緑仙会理事」就任 2012年「杜の都の漢方薬局 運龍堂」開局 2013年「宮城県自然薬研究会会長」就任 2016年「宮城県伝統生薬研究会副会長」就任
  • twitter各種
  • 運営情報|ワキガ対策navi

    運営情報|ワキガ対策navi

    saki navi担当
    saki naviワキガ対策は元美容師と美容室事業者が運営。 お肌のケア、化粧品に詳しい化粧品に通ずる美容師が実際に現場で起こるワキガの症状に使うべき技術、専門性の高い信頼できる情報を美容アドバイザーとして2016年4月から発信しています。 神奈川県横浜市2018年12月19日美容WEB事業サービス顧問 佐藤紗季 更新 更に詳しいプロフィールはこちら>>

    -病気になると引き起こる病気の臭い症状と原因

    Copyright© 脇が臭い忙しい40代女性のためのお役立ちnew情報局 , 2019 AllRights Reserved.