スポンサードリンク

病気になると引き起こる病気の臭い症状と原因

膵臓の病気から発せられる体臭を改善する方法

投稿日:2019年5月3日 更新日:

膵臓改善までの4つのステップ

膵臓で受ける診療科

消化器内科を受診、たんぱく質を溶かす膵液外分泌液、消化液や血糖の分泌量が調整され血液に出す内分泌液があります。膵臓が悪化するだけでさまざまな合併症やそのまま放っておくと死に至る病気に関わるような重要な役割を果たしている臓器です。浸潤が早く膵臓の周囲は特に体でも重要な臓器が多い。早期として見つけづらい位置にもある特徴があります。

膵臓の診察法

消化器・肝胆膵内科・放射線治療科・放射線内科の医師が連携チームとなり、初診から治療方針を決めていきます。
消化器内科に診察します。膵臓の病気には慢性膵炎、膵癌なのかに分かれます。それぞれ違った原因と症状によって現れます。

膵臓の診察悪化順
膵臓内上皮内→リンパ節転移→血管→他の離れた位置にある臓器やリンパ節血管に転移。

慢性膵炎の場合

造影CTと血液データ、超音波、MRIにて診察するとどの程度症状が悪化しているかなどの程度が分かります。初診の時期から2週間以内に更な精密検査が終了し、治療の方法を決めていきます。

アルコールと胆石が原因が大半です。膵臓が悪化することで臓器不全、栄養不足、感染しやすくなるので慎重な診察が行われます。女性の場合は膵臓が悪くなるときは突発性として診断されることも多いです。
問診では、

  • 糖尿病か
  • 下痢であるか
  • 体重が低下していないか
  • アルコールは飲んだか
  • を行います。
    初診から手術をすると決まれば、体調を見てから3週間後に実際に手術をしていきます。

    膵癌の場合

    膵癌の場合生化学的検査から
    超音波内視鏡検査、膵管鏡、腹部血管造影検査、MRI検査MR胆膵管撮影MRCP、
    内視鏡的逆行性胆膵管造影法、生化学的検査、CT検査、PET検査、腹部超音波検査、膵管腔内超音波検査、超音波内視鏡ガイド下穿刺にて診断していきます。

    すでに他の臓器や血管に転移が見られる場合には手術よりも放射線治療や化学療法抗がん剤が行われます。最近では、放射線療法と抗がん剤の技術も上がり一定まで転移が改善され、手術をおこなえるケースが増えてきています。

    膵臓手術から退院後外来までの流れ

    手術が主に行われますがステージによって化学療法や放射線療法を行います。膵臓の機能役割のために全摘出も行われることはありません。
    手術の際摘出する部分はガンの部分によって変わります。
    膵頭部がんには胆のう、胃・十二指腸、総胆管も取り除きます。体内の消化機能が失われないように胃にある幽門は残します。
    膵尾がんと膵体がんは膵頭部を残します。
    また、膵癌は胆汁が滞るためドレナージチューブで排出します。

    膵癌になりやすい傾向のある人は、いずれも慢性的な糖尿病、胆石、膵炎と膵臓に負担がかかっていることが明らかな症状を反復して定期定期起こしているような状況の人は膵癌を発症しやすいとてもハイリスクな状態といえます。
    暴飲暴食と栄養バランスが取れていないと膵臓に負担がかかり膵癌になりやすい傾向にあります。

    慢性膵炎の人の治療法は、脂肪制限と禁酒や禁煙が主な治療法となり手術ではなく習慣を変えたり、糖尿の治療法インスリンを使用した治療法となり慢性膵炎に限ってはずっと付き合うものとして医師も患者に報告していきます。

    膵臓の治療法で注意すべき点

    膵臓が病気になると膵頭部にガンができたりして閉塞すると胆汁が溜まります。すると、溜まった胆汁が体中に渡り黄疸や肝機能に障害が出ます。胆管の放っておくと胆汁に細菌が蔓延してさらに胆管炎を起こし、胆管炎になると急な熱や寒気が出て体がショック症状になり急激な血圧低下を引き起こしさまざまな合併症を起こします。すると、手術と化学療法といった膵臓自体の治療が困難になるケースもありますのでそのために胆汁を抜いたりするドレナージの方法内視鏡的胆道ドレナージがあります。医師たちにとっても膵臓の病気の治療はさまざまな注意が必要です。

    膵臓の病気

    膵炎→急性膵炎→慢性膵炎→膵癌
    まずは、膵臓が病気になると膵臓の働きが悪くなります。
    膵臓のある位置と働きから

  • 食べ物たんぱく質や炭水化物などを溶かす膵液の消化液消化酵素を作って膵管から十二指腸に出す外分泌機能。炭水化物はアミラーゼ、脂肪はリパーゼ、たんぱく質はトリプシンこれらを含んだ膵液が消化液として膵臓内からは分泌される
  • 消化液の量を調節するホルモン(ガストリン、血糖値を下げるインスリン、血糖値を上げるグルカゴン)を作って血液に出す内分泌機能。
  • がある。膵液は胃酸も中和する重要な働きも持っています。
    ですが、膵臓のホルモン分泌のバランスがいずれかに極端に崩れると急性膵炎となって膵臓自らが膵臓を消化し、繊維化して膵臓が硬くなっていき、膵臓の内部に石が出来、壊疽、出血、浮腫の症状が出ます。すると、急性膵炎が他臓器に及ぼす危害が大きく広がります。他臓器にも負荷がかかり肝臓、腎臓、消化器官、心臓、肺機能が止まったり合併症を引き起こすこともあり死に至るケースがあります。

    また、膵炎の治療法で1ヶ月絶食している時期に酷い甘酸っぱい体臭に悩まされることも多いようです。
    膵臓が悪くなると汗が甘酸っぱい臭いの症状が出るので膵臓が悪くしたら汗の臭いケアも必要

    漢方の世界でも臭いでどこが悪いかわかる

    膵臓の病気
    出典:国立がん研究センターがん情報サービス

    急性膵炎の症状からチェックしましょう!

    まだ軽症から重症の手前の症状なので、入院してから3日〜5日あれば何も食べない飲まない状態で輸液だけ行うことで症状も軽減されていきます。
    急性膵炎に関しては暴飲暴食と刺激の強い食べ物やアルコールのアセトアルデヒドが膵臓損傷などを起こすので注意

    みぞおちとへその間にあり、形状は横長で細長く長さも小さく15cm細胞皮膚の厚さも2cm程度で30代が大きさのピークで100g程度まで重くなりそこからというもの少しずつ小さくなり軽くなっていきます。

    慢性膵炎の原因から代償期〜移行期〜非代償期

    膵液の分泌のたびに激痛が走る急性膵炎は代償期間といわれ、
    移行期と言われるのは、膵炎の症状が蔓延し慢性化して働きも無くなってきて逆に腹痛がおさまってきます。
    非代償期は膵臓の働きが完全になくなり腹痛も無くなります。がしかし食べ物は消化できないし血糖値は極端に不安定なので糖尿病や栄養吸収も不安定になります。

    膵炎の検査をした方がいい40代

    慢性膵炎になる年齢層も高齢になるにつれ多くなり40を超えてから慢性膵炎になる人も多いです。
    さらに慢性膵炎独特の症状として腹痛が長い人で数年から十年単位で続きます。継いで膵臓は経過をみると悪化の意向を見せますので、膵臓としての機能も低下して、例えばホルモンやインスリンの分泌も徐々に無くなっていきます。強いて言えばガンとなるべく働きをします、一定の期間を過ぎるとまたら症状が変化し逆に腹痛が全くなくなってきて、食べても痛みで食欲もなくなりインスリンの分泌量も減って糖尿病になったりします。

    先に糖尿病になって、精密検査をしてみると慢性膵炎が発覚する人などもいます。

    膵炎の原因で最も多い原因としては、膵臓の細胞を損傷させるアルコールお酒の飲酒を大量に長期間習慣的に飲み続けることで、分解された時に出るアセトアルデヒドが膵炎を引き起こし悪化を辿り膵癌へと導くことが多く、アルコールがほぼ膵炎の原因となる患者が多いと報告があります。
    続いて結石やストレスによって膵炎とかかるケースも少なくなく結石においては合併症となってかかる症状となってやや複雑な原因によって症状が出ることがあります。
    遺伝的要素もあり、家族性膵炎と呼ばれ早いと20代前半でかかる患者もいます。

    実際に慢性膵炎患者が改めるべき習慣

    膵炎は悪化すると膵癌になります。
    比較的軽度の症状のものから、多臓器不全によっていずれかの臓器が影響を受けて死に至るケースも珍しくありません。
    膵臓の症状については、非常に見つけづらいということもあり、膵炎とすい臓がんにおいて、早期発見が改善のカギを握っています。

    膵臓の病気の患者数
    出典:国立がん研究センターがん情報サービス

    膵癌の症状

    肺がん、胃癌、大腸ガン、の次に多いのが早期の発見が非常に難しく、膵臓にできる悪性の腫瘍膵癌です。早期発見が難しいのもあり浸潤性膵管がん膵癌で亡くなる人が多いです。
    膵癌は特質症状が本当に出ることがないので発見も極めて難しい、たしかにすい臓がんになってから起こる症状もあるが、空腹感や体重の減少、浮腫み、食用減少とありますが、こういった症状は膵癌に限った話ではなく全く別の病気でも引き起こる症状なのです。

    症状も悪化すると膵臓の膵管から発症した膵癌の塊で膵管が塞がれ、肝臓で作られた胆汁が体内に溜まり、目や皮膚が黄色くなることが増えてきます。
    ほかに糖尿病となってしまったり、もともと糖尿病であれば血糖値のコントロール自体難しくなってくるといった症状があります。
    膵癌は進行してほかの臓器に転移して蝕むと、十二指腸も塞がれ、体がもう食事自体食べれなくなったり、背中や他の神経にも転移するともう体中痛くなったり、転移先で水が溜まったりしてしまいます。

    膵嚢胞性腫瘍

    膵臓周囲にできるしこりのような塊が出来る。症状自体なく、超音波などで偶然発覚する。
    もともとある膵炎の症状に伴った悪性ではない腫瘍もあります。

    腫瘍性膵のう胞

    膵炎と関係のない腫瘍性膵脳胞は
    『膵液を十二指腸へ流す膵管の粘膜周囲に粘液を作り出す腫瘍細胞ができます。』
    この粘液が膵臓内に溜まって見えるのが腫瘍性膵のう胞です。
    この、腫瘍性膵のう胞にもいくつか種類があります。

  • 粘液性のう胞腫瘍
  • 漿液性のう胞腫瘍
  • 膵管内乳頭粘液性腫瘍
  • 膵管内にとどまるうちは良いとされますが、浸潤すると話は別で、膵ガン化する恐れがあり膵癌となる場合も充分にあります。
    しかも、浸潤した場所からは、さらにドンドン粘液も作られるので症状が広がりを見せることも多々あります。

    粘液は粘土も高く、膵臓内からは流れ出にくいという性質もあるので時間が経過すると膵管内にたくさん出来ます。
    ここまで行くとガン症状となっていることが非常に高く、至急の手術が勧められます。

    膵臓にできる多くが、膵液の通り道である膵管から90%で膵癌が発症していると報告があります。
    膵癌は年間3万人にも上りますが、最近では上昇しています。
    ここ数十年でいうと膵癌患者数は30倍にも増え続けています。
    60歳を超えてから年齢を重ねるにつれ膵癌になりやすく、膵癌にかかる人が増え。
    膵癌の原因も

  • 慢性肝炎かどうかや肝炎歴
  • 糖尿病
  • 喫煙
  • 遺伝
  • アルコール
  • 実際の慢性膵炎の改善ツイート

  • 参考文献
  • 日本消化器病学会
    慢性膵炎診療ガイドライン
    https://www.jsge.or.jp/guideline/guideline/pdf/mansei2_re.pdf

    膵癌診療ガイドライン
    http://www.suizou.org/pdf/pancreatic_cancer_cpg-2016.pdf
    日本膵臓学会

    スポンサードリンク

    ワキガ対策NAVI|Twitter

    ワキガ対策|SakiNavi参考元

  • 『興奮する匂い食欲をそそる臭い遺伝子が解き明かす匂いの最前線』
  • 著者:新村芳人 (にいむらよしひと ) 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了 。理学博士 。国立遺伝学研究所 、ペンシルバニア州立大学研究員を経て 、現在東京医科歯科大学難治疾患研究所准教授 。専門は 、分子進化学 、比較ゲノム学 。主な著書に 、 『化学受容の科学 』 (分担執筆 、東原和成編 、化学同人 )
  • 『体臭恐怖-体の臭いで人を恐れるあなたに-』
  • 『デオドラント革命体臭多汗の正しい治し方』
  • 『なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』
  • 著者:医学博士 。五味クリニック院長 。体臭 ・多汗研究所所長 。流通経済大学スポ ーツ健康科学部客員教授 。一橋大学商学部卒業後 、昭和大学医学部に入学 。昭和大学病院形成外科で形成外科学 、多摩病院精神科で精神医学を学ぶ 。
  • 『血流改善-高血圧症生活習慣改善対策』
  • 薬学博士 佐藤貴繁(杜の都の漢方薬局運龍堂代表) 1977年 北海道立札幌南高等学校、北海道大学薬学部卒業 2003年 薬剤師取得 2006年 北海道大学大学院薬学研究科生体分子薬学専攻博士後期課程を終了後、博士(薬学)取得 2011年「福祉社会法人 緑仙会理事」就任 2012年「杜の都の漢方薬局 運龍堂」開局 2013年「宮城県自然薬研究会会長」就任 2016年「宮城県伝統生薬研究会副会長」就任
  • twitter各種
  • 運営情報|ワキガ対策navi

    運営情報|ワキガ対策navi

    saki navi担当
    saki naviワキガ対策は元美容師と美容室事業者が運営。 お肌のケア、化粧品に詳しい化粧品に通ずる美容師が実際に現場で起こるワキガの症状に使うべき技術、専門性の高い信頼できる情報を美容アドバイザーとして2016年4月から発信しています。 神奈川県横浜市2018年12月19日美容WEB事業サービス顧問 佐藤紗季 更新 更に詳しいプロフィールはこちら>>

    -病気になると引き起こる病気の臭い症状と原因

    Copyright© 脇が臭い忙しい40代女性のためのお役立ちnew情報局 , 2019 AllRights Reserved.