スポンサードリンク

病気になると引き起こる病気の臭い症状と原因

膵癌による体臭発生を改善する方法

投稿日:2019年5月3日 更新日:

膵癌改善までの4つのステップ

膵癌で受ける診療科

難治ガンで診断と治療が難しいと言われるだけあり、肝胆膵内科、消化器外科、消化器内科、放射線科、化学療法センターの膵癌の状態をまともに診れるいずれかで診察し、手術から治療までは各専門科医同士が1人の患者の膵臓の治療についてチームとなり毎週協力しあった治療で改善していく流れになります。

膵癌の診察法

MRI検査、CT検査、腹部超音波検査を行い、診察結果がハッキリしない場合さらに、MR胆管膵管撮影(MRCP)、超音波内視鏡検査(EUS)、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)、PET検査を行います。

外科手術から退院後外来の流れ

まずは、膵臓の場合、膵臓癌が判明したら外科手術が可能であるかの否かを判断します。
膵癌の手術で行われる療法は外科手術、化学放射線療法、抗がん剤、免疫療法を行なっていきます。
膵癌は特に再発も早く進行も早いので、外科手術は診断された後3割程度しかできないと報告があります。
膵癌はステージが4期となっています。
1〜2が外科手術可能で3〜4が外科手術は不可能と決まっています。
膵癌においても外科手術が可能と判断されてからは、他のガン同様化学放射線療法で大きめのガン患部を縮小させて外科手術でとりのぞきます、取り除いた日から4週間ほどで再診断をし、膵癌の状態を診断し外科手術が可能なら診断した3週間後に手術が行われます。
そのあとは治療法に準じ抗がん剤治療を半年ほど継続します。
外科種は不可能と判断されれば、抗がん剤をはじめとし、化学放射線療法もしくは、抗がん剤療法だけを行います。

膵癌治療で注意すべき点

膵臓癌は移り変わりの非常に高い病状です。膵癌治療が得意なセカンドオピニオンや、専門医に相談しましょう。また完全除去が本来の治療なので、医師とのコミュニケーションと医師によってタイミングや手術方法が変わることがあるので、慎重にどんな治療を受けたいかも考えておきましょう。

膵癌の症状と経過

膵癌は7割が膵頭部3割が尾部か体部です。
難治ガンともいわれているので、専門家のセカンドオピニオンを利用することをお勧めします。ガン進行も早いため、診断時には手術ができる患者は3割程度で再発率も高くなっています。診断時に生存率が異様に低く転移する進行速度も早く手術も手遅れとなるガンです。

胃の後ろにある20センチ程度の薄い臓器ですが、一度患うと、異様に悪性の強い膵癌として知られています。年齢部位別がん死亡割合40代から患いやすくなり70歳にピークを迎えます
年間死亡数が多く3番目に多い膵癌です。患うと五年未満の生存率は10%で治療成績の不良な癌です。

膵臓ガン患者は、甘い独特の体臭がすることでも知られています。こういった臭いを早期発見に役立てる研究も進んでいます。

膵臓癌患者が発する特有の臭いを早期発見に役立てる研究は、極めて嗅覚の優れている線虫を使った研究は95%が成功していて、ガン探知犬に関しては尿もしくは呼気を嗅がせて、癌であるかを嗅ぎ分けるように訓練された癌探知犬が、昨今では山形県金山町でがん探知犬による診断が、実際に開始されています。
医療ネットワークのニュースの見出しは、臭いでガン犬診!だそうです。

糖尿病の人は膵臓癌を発症しやすく、膵臓ガンの人は糖尿病を発症しやすくなります。
膵臓ガンが末期となり緩和治療となってくるとインスリンが出なくなり他臓器を圧迫したりしほとんどの臓器が機能しなくなると体中に栄養も行き渡らなくなります。すると、糖尿病患者特有の甘酸っぱい臭いだけでなく魚の腐った臭いや足の裏のような臭いが混ざり合ってガン患者特有の悪性の体臭を放つようになるので、患者は消臭ケアが必要になってきます。

膵臓癌の死亡率数
出典:国立がん研究センターがん情報サービス

癌生存率ツイート・・・

膵臓の働きから
まずは内分泌機能(血糖をコントロールするホルモンの生成)と外分泌機能(膵液を生成する)働きがあります。
膵液が膵臓の中の細い膵管の中を行き交いし、細い膵管が集中して集まる先には主膵管といわれる一本の管になります。肝臓から来る総胆管とつながって十二指腸乳頭に繋がっていきます。
膵臓で生成されたホルモンは肝臓で作られる血糖を上げ、インスリン分泌量を上げるグルカゴンが分泌されて、血液中へインスリンが流れます。

膵臓癌療法の進歩が過去30年でどれだけされたかが分かる表沈黙の臓器・・・

すい臓癌は膵管がんのことを言い内側からの細胞から発生するすい臓がんが膵管癌です。膵癌となる膵管癌は9割が外分泌細胞からなります。対照的に内分泌細胞から出てくる膵内分泌腫瘍とは細胞や要因が外分泌細胞と全然違ってグルカゴノーマやインスリノーマであって膵内分泌腫瘍は膵癌とは全く違うものとしての扱いを受けます。

膵臓の周囲にはもともと神経などが密集しているので、癌の細胞が周囲に容易にどんどん広がっていきます。神経に直接癌が浸潤すると痛みもダイレクトに酷くなります。
膵癌は癌の中でもかなり悪性の強い癌と言われ手術も難しく、かなり小さな悪性の癌がすい臓にできただけでもかなり速いスピードで周りに転移して多くの合併症も引き起こします。

すでに糖尿病の場合、薬を飲んだりしても血糖値のコントロールがうまくいかない場合には膵癌を発症している場合があります

膵臓の位置
出典:国立がん研究センターがん情報サービス

膵癌に患った人のリスクを上げた共通点として報告があったのは

  • 親族に膵癌になった人がいる
  • タバコとすい臓がんには、確かな関連性が確認されている
  • 脂質異常体質
  • 糖尿病患者であること
  • 慢性の膵炎であること
  • 大量の飲酒アルコール
  • 歯周病
  • これらは、膵癌リスクが増大しているのが確認されている。
    糖尿病とアルコールの危険因子のコントロールでもこの関連性は認められています。
    で膵癌は見つかった時は常に進行しているタイミングのときが多い。
    膵癌の悪いところは初期の症状が全くないところもあります。

    膵臓による痛みの種類にも数種類

    痛みとともに吐き気、食欲不振、も同時に起こります。
    体力的にも痛みだけでキツイので痛みを緩和する治療がされます。
    もともと体中の状態も手術を施しても手遅れと診断された場合、緩和治療に集中し痛みや吐き気を極力減らすことに専念することもあります。

    すい臓がんは神経、血管や胆管、リンパ管そして遠隔転移も容易で肝臓へ転移し、疼痛(とうつう)が起こります。
    また、合併症として神経障害性疼痛(とうつう)や内臓痛も起こります。
    そして、各内臓が腫瘍で大きくなると体内の各部を圧迫するので、横行結腸と十二指腸がよく通過障害になることが多くお腹が膨張している感覚や痛みが感じられることがあります。

    膵癌は症状が出にくいと言いますが、消化器官系による症状が出ます。

  • 骨転移による痛みだとズキズキとうずくような痛み疼痛(とうつう)
  • 上腹部痛夜中に背中がズキズキ染みる痛みが続くことがある
  • 腰背部痛
  • 食欲がなくなる
  • 膵頭部に癌ができ胆管が詰まることで横断が体内に蓄積され、黄疸ができます。
    ですが、黄疸の起こる症状は肝炎や胆石といったこともあるため検査が必要になります。

    膵癌の病期ステージについて

    治療方針の大まかな指標として俗語として用いられます。

  • I期膵癌が内部に留まり、2センチ以下。リンパ節転移なし。
  • II期・膵癌が内部に留まり2センチ以下でリンパ節への転移がある。・リンパ節転移はなく、2センチ以上ある。
  • III期膵癌が内部に留まり2センチ以下で、一群のみのリンパ節転移・膵癌が内部に留まり2センチ以下で2群のリンパ節転移。・膵癌が一群のみ外部に出てリンパ節転移かリンパ節転移が無い。
  • IVa期膵臓の外部に出て2群のリンパ節転移がある・周囲の血管の転移があり、リンパ節転移がない。・血管に及ぶのが一群のみ
  • IVb期膵癌が血管に及んで神経まで2群での転移がある・遠隔転移がある・リンパ節転移三郡までがある

    癌療法の進歩・・・

    膵癌の治療法

    実際の膵癌治療法
    膵癌は転移が非常に早く、手術対象として手術出来るのは膵癌患者の中でも30%程度。更に膵癌はその中でもら手術による5年生存率は10%と言われてきました。結局膵癌と聞かされた時の生存率は9%と言われてきました。
    ですが、ガン医療の最高峰を抑え2位に浮上している、2年生存率70%膵臓癌の手術後の生存率を45%まで引き上げた静岡県立静岡がんセンターの名医上坂克彦先生。今後は5年生存率が50%を越えると静岡県立静岡がんセンターの名医上坂克彦先生は伝えています。

    口コミサイトにおいても静岡がんセンターの評判は良くどれも長文であるのも驚きです。
    免疫療法と併用することでより長期間延命させたりすることが可能となっていますが、まだ確立された方法ではないので保険が効かないことが多くなっています。

    今後沈黙の臓器と言われる膵臓癌による治療法は、標準治療と様々な自己免疫療法の中でも自己免疫療法:樹状細胞ワクチン療法そして、IPS細胞に注目が浴びています。

  • 参考文献
  • NCCN腫瘍学臨床診療ガイドライン

    https://www2.tri-kobe.org/nccn/guideline/pancreas/japanese/pancreatic.pdf

    すい臓がん受信から診察への流れ

    https://ganjoho.jp/data/public/qa_links/brochure/odjrh3000000uj16-att/105.pdf

    国立がん研究センター
    がん情報サービス
    https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

    https://ganjoho.jp/public/cancer/pancreas/index.html

    日本内科学会雑誌

    膵癌の病因と病態―膵癌発生から悪性化 の分子機序―

    https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/101/1/101_7/_pdf

    膵癌外科治療の現状と将来展望
    日本消化器病学会雑誌
    https://www.jstage.jst.go.jp/article/nisshoshi/112/12/112_2113/_pdf

    スポンサードリンク

    ワキガ対策NAVI|Twitter

    ワキガ対策|SakiNavi参考元

  • 『興奮する匂い食欲をそそる臭い遺伝子が解き明かす匂いの最前線』
  • 著者:新村芳人 (にいむらよしひと ) 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了 。理学博士 。国立遺伝学研究所 、ペンシルバニア州立大学研究員を経て 、現在東京医科歯科大学難治疾患研究所准教授 。専門は 、分子進化学 、比較ゲノム学 。主な著書に 、 『化学受容の科学 』 (分担執筆 、東原和成編 、化学同人 )
  • 『体臭恐怖-体の臭いで人を恐れるあなたに-』
  • 『デオドラント革命体臭多汗の正しい治し方』
  • 『なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』
  • 著者:医学博士 。五味クリニック院長 。体臭 ・多汗研究所所長 。流通経済大学スポ ーツ健康科学部客員教授 。一橋大学商学部卒業後 、昭和大学医学部に入学 。昭和大学病院形成外科で形成外科学 、多摩病院精神科で精神医学を学ぶ 。
  • 『血流改善-高血圧症生活習慣改善対策』
  • 薬学博士 佐藤貴繁(杜の都の漢方薬局運龍堂代表) 1977年 北海道立札幌南高等学校、北海道大学薬学部卒業 2003年 薬剤師取得 2006年 北海道大学大学院薬学研究科生体分子薬学専攻博士後期課程を終了後、博士(薬学)取得 2011年「福祉社会法人 緑仙会理事」就任 2012年「杜の都の漢方薬局 運龍堂」開局 2013年「宮城県自然薬研究会会長」就任 2016年「宮城県伝統生薬研究会副会長」就任
  • twitter各種
  • 運営情報|ワキガ対策navi

    運営情報|ワキガ対策navi

    saki navi担当
    saki naviワキガ対策は元美容師と美容室事業者が運営。 お肌のケア、化粧品に詳しい化粧品に通ずる美容師が実際に現場で起こるワキガの症状に使うべき技術、専門性の高い信頼できる情報を美容アドバイザーとして2016年4月から発信しています。 神奈川県横浜市2018年12月19日美容WEB事業サービス顧問 佐藤紗季 更新 更に詳しいプロフィールはこちら>>

    -病気になると引き起こる病気の臭い症状と原因

    Copyright© 脇が臭い忙しい40代女性のためのお役立ちnew情報局 , 2019 AllRights Reserved.