スポンサードリンク

病気になると引き起こる病気の臭い症状と原因

乳癌の症状で発生する体臭を改善する方法

投稿日:2019年5月3日 更新日:

乳癌改善までの4つのステップ

乳癌で受ける診療科

外科乳腺外科を受診、写真のベストのタイミングは生理終了後4〜5日の乳房に張りのない時

乳癌の診察法

マンモグラフィ¥5,000
超音波¥3,000〜4,000-
両方し診察料も含めると¥10,000少し掛かります。40歳から対象の国から出されている乳癌無料クーポン券というものもあります。
授乳中妊娠中は超音波のみ放射線はないので被曝はしません

外科手術から退院後外来までの流れ

病期各ステージ別によって医師の判断で組み合わせた療法が選択され治療されるのが一般的。外科手術(入院期2〜4週間)、放射線療法、免疫療法、薬物療法、化学療法(入院期2〜4週間入院後外来で6ヶ月)の4つ。ステージ1から最終ステージまでのそれぞれ行う治療法のタイミングは医師によって異なります。おおよその癌療法は、化学療法抗がん剤で癌箇所が大きい場合小さくしてから外科手術をして取り除き、放射線療法でほぼ死滅させます。→死滅させた箇所の細胞を摂り再発するかの評価を行います。そして、再発を防止する薬物療法に入り5年から10年長期間1日一回飲み薬をのみます。転移や再発が見られ酷くなると薬物療法が確実です。それからは緩和ケアが必要

乳癌療法で注意すべき点

乳癌改善までは全て医師に選択してやってもらう患者がほとんどてすが、セカンドオピニオンなどもありますが、これからは、より自分の要望を伝えた上で治療の方法を選ぶ方が大切なのでどんな症状や選択肢があるか、よく知っておき医師とうまく相談しつつ合った方法をしましょう。

乳癌の症状とその痛み

乳がんにかかる患者の、原因の70%が女性ホルモン依存性の乳がんとなっています。
化学療法と女性ホルモンエストロゲンを抑制する内分泌療法を受けている乳がん患者になると治療法によって個人差はありますが、更年期と同様の症状が体の各部位別にて出ます。

血管運動の神経系

  • 顔のほてりホットフラッシュ
  • 腰や手足が冷えやすい
  • 神経系では

  • 寝つきが悪い・不眠
  • 頭痛、めまい、吐き気
  • 運動関節系は

  • 関節痛
  • 肩こり
  • 疲労感
  • 腰痛
  • 泌尿器系では

  • 尿の切迫
  • 尿もれ・尿失禁
  • 女性生殖器系の症状

  • 腟の乾燥
  • 性交時痛
  • 以上によって
    身体的苦痛、精神的苦痛、社会的苦痛の原因によって、満たされない気持ちから『イライラや汗をよくかくようになり、困り果てる』などの症状を経験する女性がほとんどとの報告があります。

    乳癌によって普段とは違った臭いがする

  • 乳癌患者は数%がガン患者特有の玉ねぎの腐ったような臭いがする
  • コレラのような感染症は目立った異臭がする
  • 精神的なストレスや病気になっているときも目立った異臭がする
  • 疾患と体臭によった臭いは臨床現場でバイオマーカーで利用される事が多い。

    東京大学応用生命科学"病気の臭い"
    参考:http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/tokuron/shirasu3.pdf

    生理的状態を反映する匂いシグナルの同定
    東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻生物化学研究室
    皮膚が浸潤し自潰する乳癌では、幹部が特有の玉ねぎが腐った臭い、魚が腐った臭い、足の裏のような臭いと悪性の癌臭がするのが分かった。
    参考:http://www.jsac.or.jp/~gc/pdf/GC355_01_shirasu.pdf

    乳がんになる仕組み乳房は三構造の仕組み

  • 乳腺母乳が産生される。15房の腺葉からなり、腺葉はいくつかの小葉と乳管で造られています。乳腺で作られた母乳は乳管道に蓄えられます
  • 母乳が運ばれている乳管
  • そして、土台となる脂肪から造られています。
  • 乳腺には腺葉と呼ばれる15~20個の組織の集まりがあり、腺葉は乳管と多数の小葉(しょうよう)から構成されています。乳腺でつくられた乳汁は乳管を通って乳管洞にためられます。

    1万4千人近くにものぼり、30年前に比べるとおよそ3.5倍になっています。
    日本人口の数パーセントになります。10人に一人が乳がんにかかっています。
    気づかないで放置しておくと乳房を突破して全身に悪性の腫瘍が骨と全ての箇所にどんどん転移していきます。

    乳癌の検査

    癌の症状があるかどうかはまず、マンモグラフィー(二枚の板で挟んで薄く伸ばしてからX線でリンパ節も撮影する方法によって触診では見られない小さなガンも見つけることができます。)で検診しガンか判断されてから症状などが指摘されます。

    乳癌の初期の症状をチェックしておく事が乳がんのリスク完治への軽減や早期治療改善に繋がります。ちょっとした違和感でも病院で検査してもらいましょう。
    乳がんは乳腺に出てくる腫瘍で乳房に特有の症状が出ます。その乳がんの症状は

  • 乳頭からは血が混じったような目立ったただれた分泌物や湿疹が出る
  • 毛穴が目立つように赤く腫れたようになる
  • 窪む箇所が発見される
  • しこりリンパ節の腫れによるしこり似たような症状で皮膚に近いリンパ管に転移して炎症している炎症性乳がんがあります。リンパ節の箇所は、多い脇の下、胸から肋骨や鎖骨周辺に多くあるリンパ節に転移してしこりができ、リンパ液の流れも止まり手足腕が浮腫みが出て内臓を圧迫されて痺れや痛みなどが発症することがあります。
  • 遠隔転移乳癌が怖いと言われるのは、触診で見つかるよりも、先に骨や近傍のリンパ節と離れた箇所の肝臓、肺、脳などに転移している先として診断された時にどんな乳がんかどうかということが見つかります。肺への転移の場合には咳や息苦しさや腰や肩背中の痛みが長い場合には骨の転移があることが多い、どこにでも遠隔転移するので肝臓にも転移すると胸が張ったり黄疸が出ます
  • です。
    ほとんどがリンパ節に転移したものであったりほか症状であったりします。
    症状はほんと個人個人経過次第なところもあり様々ですが、90%の乳がん患者が感じていたのはしこりだったという報告もあります。
    しこりが見つかったという場合にも、乳がんと似た症状が出る乳腺の症状、乳腺症、線維腺腫、葉状腫瘍なども当然あって、良性なのか再発するのか転移するものなのかは症状によって様々なので一度落ち着いて受診をお勧めします。

    実際の免疫療法の科学的エビデンスをチェック

    科学的エビデンスのないインチキ療法蔓延に注意!

    末期乳癌患者が、複合免疫療法で完治!

    免疫療法で効果ありが認められた方法

    サイトカイン療法

    参照:https://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/immunotherapy/immu02.html


    注意深く見ておきたいのは、初見は症状など全くなくそのまま放置されることが非常に多い。一般的に疲れやすい熱が出る食欲が減るなどありますが、全く現れません。だから、日頃から定期的に自身でチェックしておくことも大切でなんです。

    乳癌の早期発見のために今からできること

    乳がんになる年代はいつか突き止めておく必要があります。

    では、乳がんになりやすい年齢は何歳なんでしょうか?表を見る限り
    30代から増え45歳から50歳をピークに迎え、60〜65歳でまたピークを迎え右肩下がりです。

    乳がんは女性死亡原因トップ5位には毎年入っているにもかかわらず実は無関心な方も多く、乳がんで早期発見が遅れる理由として最も多いのが
    「更年期すぎたから平気になった」
    「閉経だから大丈夫」
    などと安易に思っていると、乳がんになった時に大変な思いをする人が実際に多くいます。

    早期発見では乳がんにおいても、80%の人が改善するという素晴らしいデータがありますので、是非日頃から見ておく癖をつけるといいです。

    乳癌の早期発見のため体臭で早期発見を目指す動きがあります。
    日本医科大学では、癌探知犬の研究を続けていて癌を識別するマリーンと呼ばれる癌探知犬は尿を嗅ぎ乳癌の識別をする。

    乳癌は体臭がきつくなるので、臭いも発します

    乳癌が起こる4つの原因

    乳がんは女性ホルモンのエストロゲンの関わりがあります。
    エストロゲンが体質的に多い人や意図的に増やすホルモン補充療法、経口避妊薬によっても乳癌が起こりやすくなります。

    アルコールの摂取で、1.75倍発症リスクが増加

    アルコールが分解されるときに出る毒物ヒト遺伝子細胞を傷つける、アセトアルデヒドが出るのでホルモン構造エストロゲンへは悪影響、免疫力は低下させます。お酒の量が増えて食べる量が減るという方もいますが栄養がとれない状態にもなるのでさらに乳癌になりやすくなります。さらに喫煙も加えると乳癌になる悪化するための原因を辿ります。

    運動不足

    閉経後乳癌のリスクを確実に上げます。
    血糖をコントロールするインスリンの働きの改善と肥満になりにくい体質造り、免疫機能の向上、悪玉を分解する胆汁の酸などへ影響するため朝昼夜と適切な運動量を取っておくのが理想です。

    乳がんにかかるリスクが確実に上がる体格

  • 閉経後の肥満の原因で、脂肪組織から女性ホルモンエストロゲンが組成され、閉経後乳がんとなることが多いことと、肥満となるとインスリンが動くことがなくなり、インスリンが昇華されず過剰に分泌され高インスリン結晶になったり、肥満によってインスリン増殖因子が継続的に体内で働かずに増え続けることで、ほか癌の発生要因ともなります。逆に痩せすぎも癌の原因ともなり、免疫機能抑制されさらに栄養不足になること、抗酸化物質も取り入れられず乳がんになりやすくなるといったこともありめす。
  • 20歳成人してからの肥満年間5キロ以上
  • 高身長
  • 生殖とホルモンの影響

    乳癌となる原因となる性ステロイドホルモン
    プロゲステロン
    エストロゲン
    アンドロゲン

    乳房の癌に大きく関係していると報告があります。

    中でも因果関係の強い

  • エストロゲン・プロゲストーゲン合剤の経口避妊薬
  • エストロゲン療法→閉経後乳がん
  • 乳がんの症状を抑えるもの

  • タモキシフェンの予防的投与
  • が主な原因として考えられていると報告があります。

    乳癌が発生する場所も、その多くは乳管から派生されるものがほとんどで名称も乳管ガンとも言われています。

    先ほどの説明にあったような小葉から出てきている癌においては小葉ガンです。
    乳頭ガンや小葉ガンの区別も顕微鏡で調査するとどっちのガンかが分かるようになります。

    乳癌の免疫療法のインチキを避け更にチェック

  • 参考文献
  • 内分泌療法を受けている乳がん患者の苦痛体験に関する参考文献検討
    https://www.osaka-med.ac.jp/research/nursing-magazine/tpv6n40000000p78-att/18.pdf
    大阪医科大学看護研究雑誌

    国立研究開発法人国立がん研究センター癌対策センター
    科学的根拠に基づく癌対策

    癌情報サービス

    日本の最新がん統計まとめ

    https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

    癌の発生要因まとめ
    https://ganjoho.jp/public/pre_scr/cause_prevention/factor.htmlhttps://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

    乳がんとは
    https://ganjoho.jp/public/cancer/breast/

    社会と健康研究センター 予防研究グループ
    飲酒と乳がん罹患との関係について
    https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/373.html

    スポンサードリンク

    ワキガ対策NAVI|Twitter

    ワキガ対策|SakiNavi参考元

  • 『興奮する匂い食欲をそそる臭い遺伝子が解き明かす匂いの最前線』
  • 著者:新村芳人 (にいむらよしひと ) 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了 。理学博士 。国立遺伝学研究所 、ペンシルバニア州立大学研究員を経て 、現在東京医科歯科大学難治疾患研究所准教授 。専門は 、分子進化学 、比較ゲノム学 。主な著書に 、 『化学受容の科学 』 (分担執筆 、東原和成編 、化学同人 )
  • 『体臭恐怖-体の臭いで人を恐れるあなたに-』
  • 『デオドラント革命体臭多汗の正しい治し方』
  • 『なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』
  • 著者:医学博士 。五味クリニック院長 。体臭 ・多汗研究所所長 。流通経済大学スポ ーツ健康科学部客員教授 。一橋大学商学部卒業後 、昭和大学医学部に入学 。昭和大学病院形成外科で形成外科学 、多摩病院精神科で精神医学を学ぶ 。
  • 『血流改善-高血圧症生活習慣改善対策』
  • 薬学博士 佐藤貴繁(杜の都の漢方薬局運龍堂代表) 1977年 北海道立札幌南高等学校、北海道大学薬学部卒業 2003年 薬剤師取得 2006年 北海道大学大学院薬学研究科生体分子薬学専攻博士後期課程を終了後、博士(薬学)取得 2011年「福祉社会法人 緑仙会理事」就任 2012年「杜の都の漢方薬局 運龍堂」開局 2013年「宮城県自然薬研究会会長」就任 2016年「宮城県伝統生薬研究会副会長」就任
  • twitter各種
  • 運営情報|ワキガ対策navi

    運営情報|ワキガ対策navi

    saki navi担当
    saki naviワキガ対策は元美容師と美容室事業者が運営。 お肌のケア、化粧品に詳しい化粧品に通ずる美容師が実際に現場で起こるワキガの症状に使うべき技術、専門性の高い信頼できる情報を美容アドバイザーとして2016年4月から発信しています。 神奈川県横浜市2018年12月19日美容WEB事業サービス顧問 佐藤紗季 更新 更に詳しいプロフィールはこちら>>

    -病気になると引き起こる病気の臭い症状と原因

    Copyright© 脇の臭い!忙しい40代女性のためのお役立ちnew情報局 , 2019 AllRights Reserved.