スポンサードリンク

女性Sumer・チチガ編

妊娠の兆候と妊娠時の体臭を改善する方法

投稿日:2019年5月3日 更新日:

妊娠した時には、体の変化は著しく変化していきます。ただでさえ妊娠したいのに自身の体調の変わり方にも敏感になりますよね。

妊娠の兆候と深く関係しているシグナルは、女性ホルモンにあります。
ホルモンの種類にも3つあります。

  • 黄体ホルモン(プロゲステロン)
    赤ちゃんが出てくるのに備え乳腺の働きを活発にして、基礎代謝を高めて食欲も増幅させる働きもあります。
    受精卵が着床しやすい状況を作るために必要な子宮内膜を着床して着実に育て上げるまで継続して調節し続ける役割があります。
  • 妊娠時の基礎体温の変化
    出典:https://iku-labo.jp/wp-content/uploads/2015/03/51340e928097b571d8b787bc214756ff.gif
  • エストロゲン、卵胞ホルモン
    女性という子供を産むためのカラダの構造を作ります。卵子を着床させる子宮内膜をよりフカフカの状態にします。
    乳がんとも大きく関係している女性ホルモンとも言われ母乳を出すために乳腺に大きく関わっています。
  • hCGホルモン(ヒト絨毛ゴナドトロピン)
    妊娠検査薬が反応するホルモンがこのhCGホルモン。妊娠した女性にだけ分泌され、継続して赤ちゃんを育てるために必要な妊娠に必要なホルモン。
  • 他でも実際に言われている、妊娠初期の症状

    妊娠する時に訪れる兆候厳選

    妊娠2週目から排卵が起き受精し、妊娠3週目から子宮内膜に着床し妊娠に至ります。
    すると、
    妊娠3週目から一般的には、カラダに妊娠の兆候症状として現れてきます。
    翌週の4週目からは、着実にカラダに変化として現れる時期で産婦人科へ診療に行き始めます。妊娠する事で大きくあらわれるホルモンバランスの著しい変化で3週目以降に現れる妊娠時の兆候症状によって徐々に日常生活における苦労や困難さの実態を明らかにした

    妊娠時の兆候

    出典:https://www.google.com/amp/s/st.benesse.ne.jp/ninshin/content/amp/%3Fid%3D1655

    肌荒れ

    ホルモンの分泌量が変化して様々な影響が肌にも出ます。ソバカスやメラニン色素が増えくすみが増えるようになります、紫外線になるべく触れない工夫も重要で紫外線対策がこの時期に必要です。そして、はだが乾燥しやすくなる人から脂症のようになる人に分かれます。なのでニキビだけでなく吹き出物が出ることがあります。
    ボディーシャンプーや洗顔なども以前よりはだがデリケートになっているので、このタイミングで弱酸性で保湿成分の入った物に変えます。

    生理が遅れる

    明らかに、いつも来るはずの生理が一週間単位で遅れると妊娠している可能性が高いです。
    それは
    受精卵を子宮内膜に付着床させ育てます。受精卵を子宮へ入れ着床させる準備として、子宮内では準備が始まり余分な子宮内膜を外で出そうとしないで受精卵のために子宮内膜は子宮の中にとどまります。ですので、生理のような常備受精卵に栄養のために体の外へ出る事はなく生理が遅れるようになります。

    排卵による子宮の痛みは、着床が出血し始める

    子宮内膜に受精卵が着床したら多少着床する際に子宮内膜壁と接触し代謝し癒着するために出血が数日長くて3日続くのが、着床出血といいます。着床出血の特徴も出血量や血の色織物の色や量や形など様々なので、生理との区別もつきにくく通常と違った症状が出たなら着床出血かもしれません。
    着床出血は誰にでも絶対に起こる事ではないですが、出なくても問題はないので大丈夫です。

    腰痛の原因

    母体は赤ちゃんを産むために、骨盤が開くのは聞いたことがあるかと思います。これは、リラキシンや黄体ホルモンが働き骨盤周囲の靭帯が緩くなります、前傾姿勢になることが腰が痛くなる原因になります。骨盤は体を動かすために中心ともなる重要な部分でもあるので、腰が痛くなります。

    お腹が痛くなる

    自律神経系が弱くなって激しく下痢が多くなることが増えます。腸の動きが上手に動かなくなるようになります。また子宮も大きくなると腸管を圧迫するので腸が代謝しづらくなって便秘になったりします。するとむずむずとお腹が痛くなったりします。免疫力も低下することが増えるために食中毒になることも増えます。
    お腹が痛くなったら自身で判断して薬を飲まず医師に見てもらい薬を飲むようにしましょう。

    嗅覚が変化する

    hCGホルモンの代謝が上がり、つわりの症状としても、妊娠してから8週から11週目の間が最も臭いに対して徐々に気になるようになってきます。油物から果物や土の匂いや雨の臭いなど自分の付けていた香水までも、今まで全く気にならなかった臭いが気になるようになってきます。
    マスクをつける人が増えるのもこの時期です。

    基礎代謝体温が上昇

    妊娠の兆候として、通常の生理の2週間は基礎体温の低く低温相、排卵の2週間は黄体ホルモンの代謝が上がり高温相になります。高温相が2週間を過ぎても続く場合には妊娠である可能性が高くなります。

    胸の痛みや張り

    母乳をあげるための身体の段取りとして
    生理の前にも良く出る症状なので、生理が始まってからでも数日経っても胸の痛みや張りが長く続くなら、妊娠してるかもしれません。卵胞ホルモンと黄体ホルモンの代謝が良くなることで、乳腺と乳管発達するので胸の痛みが出てきます。

    唾液や鼻水が増える

    ホルモンが変化する事で自律神経系が変わります。すると分泌量も変わり風邪と間違えることがありますが、高熱や喉が痛いなどの症状が出なければ妊娠である可能性も高いと判断できます。

    精神的な起伏が増えるようになる

    ホルモンの変化による影響、そして妊娠や出産に対する不安感でちょっとした事でも気になったりします。
    気分転換できる機会を増やすことが大切になります。
    すると以下のような気持ちになります

  • 良く食べたり飲んだりするようになる
  • 人間関係で協力が得られないと外に出たくなくなる
  • 急に泣くようになる機会が増える
  • 怒ることが増える
  • ホルモンの影響で自律神経系もやられるので、涙を流すことが増える人が多くなる傾向があります。

    偏頭痛が多くなる

    ホルモンバランスの変化(黄体ホルモン)によって血管が広がったりするために、頭部付近の繊細な箇所で痛みが出るようになります。
    しばらく休んで様子見しても頭痛が続く場合は自身で判断して頭痛や風邪薬を飲んだりせずに、産婦人科などでも診てもらうと処方してもらえます。

    息が切れることが増える

    お母さんの体は赤ちゃんに多くの酸素と栄養を運ぶ血液の量が増えます。すると赤ちゃんと自身に多くの血流を運ぶことが増えるので息切れ動悸が起こることが多くなります。自身への赤血球の量が減ると鉄欠乏症による貧血が起こり息切れになります。子宮が大きくなることで圧迫されるのは、肺も同じで徐々に息がしにくくなりつつなったりしますので、貧血で倒れると大変なのでゆっくり動くことを心がけることが大切になります。

    食べるものの好き嫌いが変わる

    ホルモンバランスが変わることで、自律神経系が変わり、嗅覚や味覚が敏感になったりしてコロッと好き嫌いが変わります。子宮が発達することで腸なども圧迫されるので下痢となりやすいので消化にいいものを摂ると赤ちゃんを健やかに育てるために

  • 安心できる食べ物をずっと食べ続けるようになる
  • 好きなものが食べられなくなる
  • 好きでもなかった食べ物がある
  • といった特徴があります。
    調子がいい時はたんぱく質、脂質、ミネラルを豊富に食事からしっかりと摂ります。

    頻尿便秘気味になる

    子宮が大きくなってくるために腸や膀胱が圧迫されます。尿が溜まることがなくてもすぐに尿意が出ます。
    自律神経系が変わるので腸代謝が下がることになりますので、下痢便秘になることが多くなりますので乳酸菌を育てることを意識した食べ物を摂るのが大切になります。

    おりものの状態が変わる

    妊娠の兆候で重要なのが、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが変わることで、おりものも匂いや色や量や質感そして水分の量といったように変わります。

    妊娠超初期症状を見分けた方法

    妊娠してからは、臭いに敏感になる人が急増!

    さらに妊娠すると以下の問題が日常生活で出てきます。

  • 睡眠・休憩
  • 家事
  • 排泄
  • 服薬
  • 清潔
  • 動作や移動
  • 住環境
  • 食事
  • 着衣
  • 外出
  • 仕事
  • 育児や介護
  • 周囲の理解や支援
  • 妊娠して体臭が変わった人のツイート

    妊娠によって体臭が悪化する

    一般不安は加齢とともに人格も安定していきストレス状況において混乱することも少なくなる。緊張やストレスによって昼と夕方にもっとも臭いが気になるということもわかっています。

    妊娠するとマイナートラブルが出ます。マイナートラブルによって多汗症になって汗が体臭の原因につながります。

    妊娠初期のマイナートラブルによる妊婦の日常生活
    上の苦労・困難さに関する実態調査
    佐久大学看護研究雑誌
    https://saku.repo.nii.ac.jp/index.php?action=repository_action_common_download&item_id=184&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1&page_id=13&block_id=17

    妊婦 の 不安 に 関す る研究
    富山医科薬科大学
    https://toyama.repo.nii.ac.jp/index.php?action=repository_action_common_download&item_id=2515&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1&page_id=32&block_id=36

  • 参考文献
  • 富山医科薬科大学看護学会誌
    妊婦の不安に関する研究
    妊娠経過に伴う不安の推移と保護指導のあり方
    https://toyama.repo.nii.ac.jp/index.php?action=repository_action_common_download&item_id=2515&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1&page_id=32&block_id=36

    妊娠初期のマイナートラブルによる妊婦の日常生活
    上の苦労・困難さに関する実態調査
    佐久大学看護研究雑誌
    https://saku.repo.nii.ac.jp/index.php?action=repository_action_common_download&item_id=184&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1&page_id=13&block_id=17

    スポンサードリンク

    ワキガ対策NAVI|Twitter

    ワキガ対策|SakiNavi参考元

  • 『興奮する匂い食欲をそそる臭い遺伝子が解き明かす匂いの最前線』
  • 著者:新村芳人 (にいむらよしひと ) 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了 。理学博士 。国立遺伝学研究所 、ペンシルバニア州立大学研究員を経て 、現在東京医科歯科大学難治疾患研究所准教授 。専門は 、分子進化学 、比較ゲノム学 。主な著書に 、 『化学受容の科学 』 (分担執筆 、東原和成編 、化学同人 )
  • 『体臭恐怖-体の臭いで人を恐れるあなたに-』
  • 『デオドラント革命体臭多汗の正しい治し方』
  • 『なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』
  • 著者:医学博士 。五味クリニック院長 。体臭 ・多汗研究所所長 。流通経済大学スポ ーツ健康科学部客員教授 。一橋大学商学部卒業後 、昭和大学医学部に入学 。昭和大学病院形成外科で形成外科学 、多摩病院精神科で精神医学を学ぶ 。
  • 『血流改善-高血圧症生活習慣改善対策』
  • 薬学博士 佐藤貴繁(杜の都の漢方薬局運龍堂代表) 1977年 北海道立札幌南高等学校、北海道大学薬学部卒業 2003年 薬剤師取得 2006年 北海道大学大学院薬学研究科生体分子薬学専攻博士後期課程を終了後、博士(薬学)取得 2011年「福祉社会法人 緑仙会理事」就任 2012年「杜の都の漢方薬局 運龍堂」開局 2013年「宮城県自然薬研究会会長」就任 2016年「宮城県伝統生薬研究会副会長」就任
  • twitter各種
  • 運営情報|ワキガ対策navi

    運営情報|ワキガ対策navi

    saki navi担当
    saki naviワキガ対策は元美容師と美容室事業者が運営。 お肌のケア、化粧品に詳しい化粧品に通ずる美容師が実際に現場で起こるワキガの症状に使うべき技術、専門性の高い信頼できる情報を美容アドバイザーとして2016年4月から発信しています。 神奈川県横浜市2018年12月19日美容WEB事業サービス顧問 佐藤紗季 更新 更に詳しいプロフィールはこちら>>

    -女性Sumer・チチガ編

    Copyright© 脇が臭い忙しい40代女性のためのお役立ちnew情報局 , 2019 AllRights Reserved.