スポンサードリンク

女性Sumer・チチガ編

ミドル脂臭は40台から消臭するポイントで改善!

投稿日:2019年5月2日 更新日:

ワキガは老人でもなるのか?
老人がワキガになる理由は老人になったからワキガになったのではなく

  • 若い時もワキガであったが、そのまま老人になっただけ
  • 歳をとって体質がかなりかわってそして臭いが酷くなった
  • のいずれかです。

    ミドル脂臭と加齢臭と更年期臭の臭いの症状や特徴

    ミドル脂臭は疲労物質と知られる乳酸が発生し、表皮常在菌と触れ合うことでジセアチルになります。ジセルアチルの臭いの特徴は、廃油に酷く似ていて体から出る場所も顔から後ろ頭から出ます。この症状が出る年代も40台から飛躍的に増えミドル脂臭と言われ女性にも多く発生しやすくなっています。

    ジセアチルの発生メカニズム
    表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌が汗の中に含まれる乳酸と干渉し合うことで、乳酸→ピルビン酸→アセトイン→ジセアチルと乳酸からジセアチルへの変化により発生していることが、確認されています。

    ジセアチルは、『フラボノイド』を多く含む植物に抑制改善が見られました。

  • ビルベリー
  • ケイヒ
  • カンゾウ
  • クスノハガシワ
  • ユキノシタ
  • ミドル脂臭と世代臭
    参考:研究開発情報マンダム独自の体臭研究開発https://www.mandom.co.jp/pickup/topics02.html

    加齢臭については、中では早い人で40台半ばからすぎると特に閉経を迎えた女性に現れる症状としても、皮脂腺の中では脂肪酸の一種パルミトオレイン酸が増えて、過酸化脂質も増加します。脂肪酸と過酸化脂質が酸化することで青臭い草を潰したような臭いのノネナール物質が発生します。ので、加齢臭は皮脂腺からドンドン酸化すればするほど分泌が進みます。青臭いだけならまだ臭いは目立ちませんが皮膚常在菌と混ざり合うことによってきつい汗のにおいが出てきます。

    更年期の臭いは、閉経の時期ともなり女性ホルモンが不安定になり自律神経も不安定になり、汗と体温の調節機能とが馬鹿になって汗の量もかなり増えることがあります。不安定な体質のため少しでもストレスを感じるだけで、アンモニアや疲労物質の乳酸も多く分泌されるようになりますので汗自体の臭いがキツくなります。

    ミドル脂臭は他の匂いと間違いやすいですが、決定的な違いがあります。

    また、条件次第では、ミドル脂臭を悪化させる臭いを出す条件というのもあります。
    運動が不足したりそもそも体調が悪かったり、エアコンこの効きが強かったりするだけで、汗を掻く機能が低下するので汗腺が弱くなります。すると、乳酸とアンモニア濃度の高い汗が汗腺からよく出るようになるます。

    糖質ダイエットが、脂肪臭とケトン臭の体臭を悪化させる原因に。

    糖質ダイエットは、極度にたんぱく質も炭水化物が減ると中性脂肪がエネルギー源として代謝されこうした時に脂肪酸が汗となって出ることでいわゆる強い脂肪臭を出す原因になります。この時に肝臓ではケトン体が作られるので、甘酸っぱさのあるにおいが出るようになります。

    参照:JA静岡厚生連 清水厚生病院 医療協力部門http://www.ja-shizuoka.or.jp/k-shimizu/guide/img/sakura-66.pdf

    加齢臭が上がるのは初老から

    体のアポクリン腺やエクリン腺の働きも低下するにつれ脂肪がつくようになり頭、鼻、背中、耳、おでこなどに存在する皮脂腺から出てくる皮脂が腐り、酸化した臭いの老廃物が体中に増えるようになってきます、ワキガの老人の特徴は皮脂の分泌も多い。福祉施設の老人ホームでは年中独特の臭いがするのはこれが原因です。加齢臭とは少し違った老人の臭いで、そんな時は抗菌防臭加工された服があるので、可能なら使用することがオススメです。血圧の高い日にお風呂に入るのと高血圧症の人が多いので、血栓異常の問題もあるので、なかなかお風呂に入れない日が多くなります。体を拭くだけになります。さらに肌の保湿力もかなり下がるので、臭いは放散されるがままになります。保湿化粧水などでこまめに塗ってあげる必要も出てきます。

    実際の年代別の体臭ツィート

    皮膚上と衣類さえ綺麗にして仕舞えば例えば朝にシャワーを浴びて着替えて夕方にもシャワーを浴びて着替えるなどするだけでかなり加齢臭はなくなります。
    若い時は近くに行くといい香りがしてはいたものの、年齢を召してくると、全身の皮膚は疥癬の症状がでて、血流やリンパ線や心臓臓器の動きも低下してくるので体内に毒素が全身に溜まりやすくなります。
    排尿障害や臓器障害の患者からは、泣きたくなるような臭いがすることがわかっています。
    そこへ高齢者特有の皮脂が溜まると血流の悪化→皮脂の腐敗臭が混ざった加齢臭へと変化します。エチケットはより高齢化するほど実は必要なんです。

    加齢とともに体臭の体質に一回なると無関係で冬場も臭い

    ワキガは冬でもなる

    冬の季節は忘年会や付き合いで飲食が多くなるので体質が悪化して質の良くない汗によって
    夏よりも冬の方が臭いが実は臭くなるといったきっかけとなる人が多くなるのがこの時期でもあります。

    それとそもそも冬だから
    デオドラントケアをしなくても大丈夫。
    または脚や腕を脱毛処理やムダ毛処理しなくていいと安易に判断してしまうことにより
    下手したら夏場時期よりも臭いがキツくなります。

    『今は冬だから大丈夫』
    といった安易な判断によって
    夏よりも冬の方がワキガの臭いが悪化する人は実際多いように感じます。寒くなると体温が低くなりやすくなり代謝が下がりやすくります。そして、冬なので水分を取ることも夏ほどではなく減るのでまた体調も少しだけ変化します。飲んだとしても温かいお茶を飲むぐらいで夏ほどグビグビ飲むことはまずなくて、汗の濃度も水分を取らないでいると濃くなったりと不安定な状態になりやすいので、菌やにおい成分が汗の水分量と比べていつもより濃かったりして肌の上で乾燥してくると臭いとなって空気中に臭い成分が分散され臭くなります。

    またワキガ体質の人は冬だろうといつだろうと年中どこにいっても同じ臭いを放ちます。

    夏だけに限らず冬もわきがになるとはこういった過程の中で起こると言うわけなんです。冬にワキガがなりやすくなる特徴としては冬はさらに重ね着が主流となりますので、保温性が高いダウンジャケットは大抵通気性が悪いのでモコモコした暖かいダウンジャケットの下は表皮常在菌やワキガの汗から出てきた成分の菌床となりやすいので臭いが気になった肌はずっと悪臭が続くことが多くなりワキガの臭いで服も臭くなりワキガ体質の人が着ると臭いもきつくなりやすいです。

    ですので冬場においても関係なく夏同様わきが対策が必要になってきます。冬になると脇の臭いもおさまると思いきや夏に比べても全然臭いがおさまらずそれから自分がワキガであると気になり実際に美容外科に診療に来る人が多いのも事実です。

    冬にすると気持ちいい体臭改善入浴

    冬だから体中が乾燥しやすくなりさらに体が冷えやすくなるので体内から正常に汗を流すためには体は温めて置くことが大切となります。
    ワキガ体質の人にもおすすめなのは(ワキガ体質でない人にもおすすめ)

    夜だけお風呂に入る前にコンビニでビタミンとミネラルが豊富!などと記載されているサプリを1日分一気に飲んでからのぼせない程度に長くても無理なく10〜15分半身浴して、しっかり汗をかくことを習慣づけると、ワキガの体質からワキガ消臭体質へと変えていきやすくなりますので、まずは騙されたと思って3ヶ月試してみてください。

    実際に皮膚科医もやっている、ビタミンで10〜15分間の半身浴で体をポカポカ新陳代謝を上げてリセットする方法。ツィート

    肌が乾燥しやすい人は冬の体臭に要注意!

    冬場の過ごし方からも暖房もよく使うかと思いますので部屋の湿度も下がり実は余計乾燥するわけなので水分補給は冬だからこそ取るべきもので、肌の保湿にもワキガ体質の人はアポクリン腺を活発にさせないためにも脇下や臭いの気になる部分の乾燥には充分に気をつけておいたほうがいいです。乾燥するとまた脳から危険信号が送られて臭い成分をかえってたくさん分泌させてしまって表皮常在菌が分解して悪臭を放ちかねません。

    加齢に伴うどうしようもできない、体臭の対策に使える服はコレ!

    女性ならグンゼの100回洗濯しても優れた消臭改善機能がある、ネクストラコットンがおススメ!
    加齢に伴う臭いでオススメなのが、老人ホームで多用されている服が手堅いです。
    中でも今のは少し値が張りますが、抵抗ない方は使用してみる価値があります。洗濯洗剤も消臭改善機能のある洗剤で洗うことでより高い優れた消臭改善が見込めます!

    冬の時期になると注意したいのが、出来るだけ肌と外気との通気性の良い服を着ると体の皮膚が爽やかになるのであまり本当は厚着しても良いのですが密閉されるような服は着すぎないのがいいのです。

    コツとしてはリンパ腺の多く通る場所など血流が沢山通っているところ(首元、脇の下、股関節周辺、手首)を重点的に温めて服はなるべく通気性の良いものを着るというようにメリハリを持って温めることができます。

    ある程度通気性の保ったまま、ポイントポイントでマフラーを利用するなど防寒対策で首元や手首を温めるとポイント的に温めると体全体が温まりますのでぜひやってください。

    冬は温かい方がよくて、ミドル臭などで完全密閉されたようなダウンとかはできるだけ着用は避けた方が良いかもしれません。

    わきがの臭いは夏と冬でも対策方法はさほど変わりない。夏でも冬でも一年中とおして
    充分な水分補給と食事と運動と睡眠時間の質を上げることが大事

    で生活の質を上げるかの工夫を凝らしてからの
    わきが対策が必要です。お祝い事やめでたい日でも食べ過ぎ飲み過ぎは仕方ないことかもしれませんが腹8分目と出来るだけ控えつつ何よりもワキガ体質からワキガ消臭体質へと変えていくためにはすぐに治そうという発想を捨て長い目で見て体内からも体外からもジワジワと正していくことを考えるとミドル臭対策も成功しやすくなることがわかります。

    「体臭抑える」はホントか消臭肌着6製品テストグンゼの服が最も消臭改善が見られるツィート

    スポンサードリンク

    ワキガ対策NAVI|Twitter

    ワキガ対策|SakiNavi参考元

  • 『興奮する匂い食欲をそそる臭い遺伝子が解き明かす匂いの最前線』
  • 著者:新村芳人 (にいむらよしひと ) 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了 。理学博士 。国立遺伝学研究所 、ペンシルバニア州立大学研究員を経て 、現在東京医科歯科大学難治疾患研究所准教授 。専門は 、分子進化学 、比較ゲノム学 。主な著書に 、 『化学受容の科学 』 (分担執筆 、東原和成編 、化学同人 )
  • 『体臭恐怖-体の臭いで人を恐れるあなたに-』
  • 『デオドラント革命体臭多汗の正しい治し方』
  • 『なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』
  • 著者:医学博士 。五味クリニック院長 。体臭 ・多汗研究所所長 。流通経済大学スポ ーツ健康科学部客員教授 。一橋大学商学部卒業後 、昭和大学医学部に入学 。昭和大学病院形成外科で形成外科学 、多摩病院精神科で精神医学を学ぶ 。
  • 『血流改善-高血圧症生活習慣改善対策』
  • 薬学博士 佐藤貴繁(杜の都の漢方薬局運龍堂代表) 1977年 北海道立札幌南高等学校、北海道大学薬学部卒業 2003年 薬剤師取得 2006年 北海道大学大学院薬学研究科生体分子薬学専攻博士後期課程を終了後、博士(薬学)取得 2011年「福祉社会法人 緑仙会理事」就任 2012年「杜の都の漢方薬局 運龍堂」開局 2013年「宮城県自然薬研究会会長」就任 2016年「宮城県伝統生薬研究会副会長」就任
  • twitter各種
  • 運営情報|ワキガ対策navi

    運営情報|ワキガ対策navi

    saki navi担当
    saki naviワキガ対策は元美容師と美容室事業者が運営。 お肌のケア、化粧品に詳しい化粧品に通ずる美容師が実際に現場で起こるワキガの症状に使うべき技術、専門性の高い信頼できる情報を美容アドバイザーとして2016年4月から発信しています。 神奈川県横浜市2018年12月19日美容WEB事業サービス顧問 佐藤紗季 更新 更に詳しいプロフィールはこちら>>

    -女性Sumer・チチガ編

    Copyright© 脇が臭い忙しい40代女性のためのお役立ちnew情報局 , 2019 AllRights Reserved.