スポンサードリンク

病気になると引き起こる病気の臭い症状と原因

胃がん予防と胃がんによる体臭対策方法

投稿日:2019年5月3日 更新日:

胃がん改善までの4つのステップ

胃がんで受ける診療科

消化管外科、消化器外科で受診します。胃がんは進行によって完全に治療が可能かに分かれるので、精密な検査が必要です。胃がんは今どういった状況か分かっておくことが最善の方法となってきます。

胃がんの診察法

胃がんは内視鏡検査とエックス検査で痛みの場所を特定します。がんの可能性のある場所があれば生検として細胞の一部を摘み出し取り出して検査に出します。この方法で胃がんかどうかが判明します。
ステージ別にもっと細かく転移や浸潤度も診ていく際にはMRI検査、CT検査、PET検査によって判断していきます。中では胃がんが最も酷い状態だと胃がんが胃や大腸を突き進みコブとして現れそこから他臓器にがん細胞をばら撒き、体中に転移していく腹膜播種になります。腹部超音波検査などでも影のような物が見えたりしますが非常に診断も難しいため、こういった場合には実際に審査腹腔鏡で判断されます。

胃がん手術から退院後外来までの流れ

ガンの中でも胃がんの場合には1番早い早期発見での胃がん発見後の治療後の5年生存率は95%、ガンが転移したり他臓器へ悪影響を及ぼしている浸潤しているなどの症状が出ている場合には以前と比べて死亡生存確率は変わりません。ステージが1番ひどい場合5年生存率は17%となっています。
診断後はステージに分けられ、進行具合で胃がんは切除術と非切除術とに分かれます。
切除術では、腹腔鏡下胃切除術は代表的で傷が小さくすみ体に負担の少ない手術が主流になっています。かなり早いタイミングで悪性の胃がんが発見できれば内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行うことで全身の麻酔もしくは、開腹の手術もしなくて治療がすむ切除術とがあります。
非切除術は全身の化学療法で自身にあった抗がん剤を利用し、より進歩してきた投与方法と副作用をより抑えた方法による治療法になります。

胃がん療法で注意すべき点

早期に発見された胃がんを治療した後といえど確実に取り除くことはできません、退院後はガンの再発の定期的な経過検診監視観察のための通院が必要です。胃がんの原因の多くがピロリ菌によるものなのでピロリ菌が認められた場合には、早急に取り除くことをお勧めします。また、ピロリ菌がいるかわからない場合にも定期的な検診をお勧めします。

胃癌ガイドライン

お腹に飼ってはいけない胃がんの要因の99%のピロリ菌

病気には

胃がんは特に死因として上位を占めるため一次予防と二次予防が重要と言われています。
・一次予防 (生活習慣を改善して予防接種によって病気を防ぐ )
・二次予防 (定期検査を受けて早期発見で治療していく)
・三次予防 (病気を最善治療し、再発を抑止する)

胃癌検診が予防には重要

世界保健機構ではおよそ20数年前1994年にピロリ菌は胃がん原因だからと認め、そして、実際に死因者数も多いために2014年からはピロリ菌は除去すべきだと注意喚起してます。

悪玉菌ヘリコバクター・ピロリ菌という生物は、胃がんを引き起こす経路は人間の胃の表面を覆う粘膜層に住まう、体には6本程度の足がついていて体を遺産から守るためにかなり強い酵素のウレアーゼを出しつつこの足をかなりの速さで回してヘリコバクター・ピロリ菌の通った場所周囲がアルカリ性になり、胃の中を泳いでいる。
ピロリ菌の出す物質は毒性も強くそのアンモニアによってほぼ確実に胃の粘膜上皮に付着すると、胃の細胞を傷つけ胃潰瘍と癌を引き起こす。

ピロリ菌は同じ箇所を何度も繰り返し行き交いするため、更に胃がんは進行する恐れがあるのでピロリ菌除去が重要になっています。

日本では毎年5万人弱がピロリ菌による胃がんで亡くなるけど、検査する割合はまだまだ1割程度。

隣の韓国では、ピロリ菌による胃がんにかかる患者が多かったのがここ最近では半分までに減っている。これは、一次予防がしっかりとなされているからに他ならない。それもそのはずで、ピロリ菌が原因で胃がんの検査を年に2回しないと胃がんの医療費を格段に高くしますと国民に呼びかけたところ検査する人が急激に増え検査を受ける数が格段に増え胃がん患者数も減り今に至る。

実際に癌が改善された例

胃がんはピロリ菌が原因ですが、ピロリ菌にも種類があります。
まず、ピロリ菌のは病原性の遺伝子を持つものと持たないものがあり、病原性を持つ遺伝子を含むピロリ菌はかなり病原性が高くなっています。もう少し突き詰めるとcサイトとdサイトという遺伝子構造に分かれ
欧米ではcサイトが多く日本人にはdサイトが多いことがわかっています。
欧米に胃がんが少なく日本人に胃がんが多いのはdサイトとなる遺伝子を持つピロリ菌の方が病原性が高いという報告があります。
更にcサイトを2つ持つピロリ菌も居たり、dサイトを2つ持つピロリ菌もあるので注意が必要です。

感染において報告があるのも、朝鮮から渡り日本に住み着いた人の胃の中にこのdサイトピロリ菌が多かったことが胃がん患者が増えるきっかけといわれています。

東シベリアの樺太や中国の東、と日本が胃がんの発生率も非常に高い。
ピロリ菌の除去によって他の多くの病気を引き起こすリスクも軽減できることも忘れてはいけない。

ピロリ菌の感染もどこで感染するかわからない、老人の介護職の勤務年数が長い人ほど胃がんになっていない老人からピロリ菌に感染することが多いこともわかっている。ピロリ菌は更にその人から広がる恐れもあって、もう高齢者なのだから初老だから言ってもしょうがないといって検査や除菌をしなくてもいいということはない。

胃がんになる原因は

ヘリコバクター・ピロリ菌、喫煙やアルコール、ストレスが原因です。
ピロリ菌が99%原因と報告があります。

胃がんの障害によって出る体臭というのもあります。卵の腐ったような臭いや酸っぱい臭いがするので体臭ケアも重要になってきます。

胃癌の分化型とスキルスガンの未分化型の分類

0〜5歳の間は免疫が寛容状況なので、今現在ピロリ菌に感染しているひとは、0〜5歳の時に親族から感染しているケースが多い。
ピロリ菌は現在の日本の自然界にはほぼいない。日本全国大学研究の機関が意図と溜池水を佩用してみたりして実験を行ってみたものの発見されなかった。
日本では、ピロリ菌の感染率も40台は30%、20代は10%、30代20%、60代50%で、上下水道の普及が進んだ1970年代前によく水を飲んでいた60代より上の年配者にはピロリ菌による感染率が高い。

胃がんの組織型は、腺がんとなっています。
腺がんも分化型と未分化型に分かれています。
分化型の特徴は胃癌進行がゆっくりで未分化型は進行が早くなっています。
スキスルスガンは未分化型となっています。

胃がんの種類
出典:国立がん研究センターがん情報サービス

胃がんの患者数

年間13万人強が胃がんと診断され、40代以下の場合だと胃がんで年間1000人の方が亡くなっている。そして40代から80代に診断されるケースが多く、初老から老体まで長く胃がんになるリスクがあります。
その分胃がんは女性の死因上位3にいつもランクインしています。女性では年間2万人が亡くなっている
胃がんを防ぐには数年に一回は検査が必須です。何より怖いのは潜在的にピロリ菌が胃にあり将来胃がんになるリスクの高い人がたくさんいる中子供や孫に感染を引き起こすリスクも大いにあるので検査は注意がけも必要です。

胃がんの患者数
:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」

胃がんで起こる悪性の症状

胃癌にも、良性悪性がありますが良性の場合もみぞおちが熱くなってきて痛くなるような染みるようなズキズキした重みのある痛みがします。病状も胃潰瘍やポリープ、慢性胃炎が生じて日常生活でも症状が原因で血流が悪くなるとだるくなったり疲れやすくなったりします。

健脾(胃腸ケア)を行う事は免疫力を強化することに繋がる。

  • 参考文献
  • 胃の悪性新生物
    日本臨床検査医学会
    https://www.jslm.org/books/guideline/05_06/158.pdf

    胃癌治療ガイドライン
    http://www.jgca.jp/pdf/GL2004.pdf

    国立がん研究センターがん情報サービス
    https://ganjoho.jp/public/cancer/stomach/index.html

    スポンサードリンク

    ワキガ対策NAVI|Twitter

    ワキガ対策|SakiNavi参考元

  • 『興奮する匂い食欲をそそる臭い遺伝子が解き明かす匂いの最前線』
  • 著者:新村芳人 (にいむらよしひと ) 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了 。理学博士 。国立遺伝学研究所 、ペンシルバニア州立大学研究員を経て 、現在東京医科歯科大学難治疾患研究所准教授 。専門は 、分子進化学 、比較ゲノム学 。主な著書に 、 『化学受容の科学 』 (分担執筆 、東原和成編 、化学同人 )
  • 『体臭恐怖-体の臭いで人を恐れるあなたに-』
  • 『デオドラント革命体臭多汗の正しい治し方』
  • 『なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』
  • 著者:医学博士 。五味クリニック院長 。体臭 ・多汗研究所所長 。流通経済大学スポ ーツ健康科学部客員教授 。一橋大学商学部卒業後 、昭和大学医学部に入学 。昭和大学病院形成外科で形成外科学 、多摩病院精神科で精神医学を学ぶ 。
  • 『血流改善-高血圧症生活習慣改善対策』
  • 薬学博士 佐藤貴繁(杜の都の漢方薬局運龍堂代表) 1977年 北海道立札幌南高等学校、北海道大学薬学部卒業 2003年 薬剤師取得 2006年 北海道大学大学院薬学研究科生体分子薬学専攻博士後期課程を終了後、博士(薬学)取得 2011年「福祉社会法人 緑仙会理事」就任 2012年「杜の都の漢方薬局 運龍堂」開局 2013年「宮城県自然薬研究会会長」就任 2016年「宮城県伝統生薬研究会副会長」就任
  • twitter各種
  • 運営情報|ワキガ対策navi

    運営情報|ワキガ対策navi

    saki navi担当
    saki naviワキガ対策は元美容師と美容室事業者が運営。 お肌のケア、化粧品に詳しい化粧品に通ずる美容師が実際に現場で起こるワキガの症状に使うべき技術、専門性の高い信頼できる情報を美容アドバイザーとして2016年4月から発信しています。 神奈川県横浜市2018年12月19日美容WEB事業サービス顧問 佐藤紗季 更新 更に詳しいプロフィールはこちら>>

    -病気になると引き起こる病気の臭い症状と原因

    Copyright© 脇が臭い忙しい40代女性のためのお役立ちnew情報局 , 2019 AllRights Reserved.