お肌の潤い持続対策は合ってますか?この方法でワキガ消臭体質へ

お肌の潤いを保つための主成分とは?
お肌の潤いを保つために
今行えることは例えば
化粧水や保湿クリーム類ですが

この商品がいいとしか
教えられていることばかりで

実際持続して
ワキガ箇所の日頃のデオドラントによる肌への刺激を守るために実は必要でもある
保湿し続けさせる方法について
どうしていけばいいかといった
大事な部分に触れられていない
ことが多いのです。

実際にワキガ箇所に
使用する主成分品質自体も大切ですが
保湿は保湿力である
保湿持続力もなければなりません。

ですので
このページを読み終われば

・保湿を持続させる方法
・保湿持続力ともう1つ必要な方法
・ワキガや体臭の面倒なケア方法を省くためにできること

と言ったことをが
知ることができます。

ですから

・持続することができたら次にすべきことはなにか
・体の部分の臭いがきつければ衛生的な化粧品で保湿することが大事なのはなぜか
・継続させるためにはどうすればいいか

が分かりますから
お肌の潤いを持続させて
体臭対策も可能というならやってみよう

と思っている人は必読ですので
是非参考に読み進めてください。

肌が潤いとなる方法とは?

脇下の感想が目立ってくると
黒ずみだけでなく
臭いの元となります。

そう春夏秋冬や加齢となっても
困らないようにするためには
強固な肌質を手に入れておく必要があり
そのためには
体の保湿機能を知っておくことから始まります。

中でも

細胞間脂質

セラミドによりより保湿が出来ます。

NMF(天然保湿因子)

元々人間の皮膚に存在する保湿要因

皮脂

皮脂膜を形成し
皮脂上に潤いを与えることができます。

以上が
それぞれに大きな役割をもっています。

いずれかの肌上の機能による
バランスが崩れると
肌のコンディションが崩れてきます。

肌の潤いを守るためにも普段から
気をつけておくべきポイントも出てきます
というのも

更に
睡眠時間

  • 体の新陳代謝
  • 化粧品
  • サプリメント
  • 部屋の湿度管理
  • によって
    肌が潤いを逃さないようにする
    キッカケを自ら習慣として
    与えて行く事で保湿体質にして行くことも
    出来るわけです。

    具体的には

    お肌の潤いを保ち、ワキガ消臭体質にするには?

    脇のようなワキガの臭いが酷い
    デリケートな部分であることが多い箇所には
    無理のない価格で自分の肌質に合った
    保湿成分を多く含む化粧水が向いています。

    使い方は脇を洗った後
    乾燥するスピードも早いのですぐにつけます。

    脇下を優しく包み込むように丁寧に押さえるように適量を脇下全体に
    数回に分けてつけます。

    プレ(導入型)化粧水

    普段使う化粧水の前に使う化粧水
    のことで
    プレ化粧水を使うことで肌の表面が整い
    次に使う化粧水の浸透を
    よくしてくれます。

    呼び方は
    メーカーによって違いますが
    ブースター、導入美容液と
    呼ばれることもあります。

    大きな特性として古い角質を
    すっきり落とす
    ふき取りタイプや

    元々
    アルカリ性であるプレ化粧水は
    表面の角質を柔らかくし
    その後のスキンケア成分が
    なじみやすくなったりします。

    その種類というのも
    ミストタイプがあって
    ミストタイプは水分を受け止め
    保湿成分を足しておこうとする発想です。

    ミストタイプでありローションタイプでもあるものなどがありますが

    最近では
    いろんな役割をまとめたような化粧水の
    ミストタイプの種類のものが人気です。

    ふきとり化粧水

    身体を洗った後に落としきれなかった
    皮膚の角質や油汚れを
    ふき取るタイプの化粧水です。

    手だけではふき取り
    化粧水本来の効果を
    引き出すことができないため
    必ずコットンは使用します。

    お肌の表面を
    優しくふき取り
    肌を傷つけないようにします。

    またふき取り化粧水は化粧水であっても
    除去が目的のため
    それだけでは保湿力が弱いのがほとんどなので

    ふき取り後は
    しっかりと保湿ケアをしなければなりません。

    収れん化粧水

    収れん化粧水には肌を引き締めて
    汗や皮脂の過剰な分泌をコントロールする
    役割があります。

    さっぱりとした使い心地の化粧水で脇下の毛穴をも
    引き締めてくれるので
    毛穴の目立ちが気になる方におすすめです。

    ですが
    アルコールが多く含まれるため
    肌の弱い方にはおすすめできません。

    使い方は
    化粧水や乳液で肌に保湿や美容成分を与え
    あと収れん化粧水で毛穴を引き締めて
    その成分を
    逃がさないようにします。

    また
    肌を傷つけないためにも
    コットンを使用します。

    朝のメイク前に使用することで
    日中の化粧崩れを防いでくれる効果もあるので
    特に夏はオススメです。

    ニキビ用化粧水

    ニキビの原因は間単に言うと
    毛穴に皮脂がつまって発生するので
    オイルフリーの
    ニキビ用化粧水が使用に向いています。

    しかし
    皮脂が足りないと皮脂を増やさないと
    いけなくなり

    さらに
    皮脂が作られ悪循環になるので
    オイルフリーでありながらも保湿もしっかりできるタイプの化粧水がベストです。

    しかし
    自分の体質に合ったものを使用しないと

    さらに悪化するため使用する際は注意が必要です。

    アルカリ性化粧水

    あまり知られていない種類ですが
    乾燥によるヒビやあかぎれ対策をしたい方
    におすすめなのがアルカリ性化粧水です。

    人間の肌は
    元々弱酸性ですが敏感肌の方は
    刺激が強すぎる化粧水の成分で
    更にアレルギー体質であるなら
    アルカリ性により頬が赤く腫れてしまう可能性
    があります。

    多くの化粧水は
    『弱酸性』もしくは『中性』で出来ているので

    製品の特徴としても
    実は、種類も多くないです。

    アルカリ性化粧水自体皮膚を柔らかくし
    汗腺を広げてくれるので詰まった汚れも
    効果的に吐き出してくれ
    新陳代謝も向上させてくれると言われています。

    普通の化粧水では主に保湿作用に
    重点を置いているので
    皮脂を除去する力が強くないです。

    アルカリ性の化粧水を
    使用することで
    ニキビやトラブルの原因となりうる皮脂
    をしっかりと落とせます。

    グリセリン、アルコール、
    水酸化カリウム
    などが配合されておりヒビやあかぎれには
    適しますが

    長期間での使用は
    アルカリ性の作用により
    皮膚を薄くしていってしまう
    危険性が潜在的にあるため
    オススメできません。

    なので
    毎日使用するというよりも
    皮脂がたまりやすい人が

    汗のかきやすい季節に脇の下に使う
    というような
    イメージを持ったほうが
    いいです。

    しかし
    アルカリ性の化粧水のメリットとしては
    アルカリ性だと防腐剤が不要です。

    アルカリ溶液中では
    バクテリアは死滅し繁殖できないので
    腐る心配がありません。

    容器が割れたり
    故意に菌を混入させなければ
    何年でも全く問題がないです。

    結果的には皮膚が持つ力が自然に働き
    トラブルに強い肌へと安定させます。

    ですが
    ワキガの臭いを出す表皮常在菌においては
    アルカリ性の中で活発化するので注意が必要です。

    セラミド化粧水

    セラミドとはお肌の潤いを保つため
    の主成分のことです。

    まずセラミドは4種類に分けられます。
    1.動物の体内から抽出した天然セラミド

    2.人間の皮膚に含まれるセラミドとほぼ同様のヒト型セラミド

    3.植物から抽出した植物性セラミド

    4.化学的にセラミドに似た成分を集めて作られた類似セラミドがあります。

    化粧水では
    どのセラミドがいいかというと
    ヒト型セラミド配合が一番おすすめです。

    天然セラミドは保湿力は高いですが
    その分値段も高くごく微量しか
    入っていないものもあったりします。

    ヒト型セラミドは人間の肌のセラミドとほぼ同じ成分なので

    浸透力や保湿力など肌との親和性が一番高いです。

    ヒト型セラミドは1~7まであり

    それぞれに特徴があります。

    そして
    セラミドの効果には肌の角質の中にある
    水分やヒアルロン酸などをキープして

    ぷるぷる肌を保つ
    保湿効果、
    紫外線やウイルスなどの外部刺激から肌を守る
    バリア機能などによりアンチエイジング効果を生み出すので
    セラミド化粧水はオススメ出来ると言えます。

    今注目されているのが
    セラミドがさらに細かくなり
    ナノ化された
    「ナノセラミド」です。

    通常のセラミドと比べて角質層の深い部分
    にまで浸透すると言われています。
    メーカーによって独自に開発された
    ナノセラミドが配合されているものもあるので
    試してみるといいでしょう。

    セラミド化粧水を正しく使うには
    しっかり浸透させることが重要です。

    はじめに手のひらで
    顔全体に伸ばして温め両手で頬を包み込んで
    3秒ほど優しくなじませます。

    こすらず手のひらで密着させるようにするのがコツです。

    もし乾燥が気になる場合は重ねづけであっても大丈夫です。

    お肌にうるおいは重要か?

    わきがを保湿してくれるのはなぜか?

    脇の下の乾燥は
    炎症を起こさせる原因となりますので
    炎症してくると
    ワキガの臭いを
    悪化させやすくさせます。

    ですので
    脇の下も常日頃から
    潤いを確保しておきましょう!

    脇の下の
    乾燥を防ぐための
    化粧水のそれぞれの役割をご紹介しますから

    乾燥もワキガの臭い
    も徹底的に無くしたい人は
    是非見るだけ見てみてください。

    お肌のうるおい、つまり水分を保つ役割とは

    角質層に存在する

    ①角質細胞間脂質(セラミドなど)
    が80%、

    ②Natural Moisturizing Factor (略してNMF=天然保湿因子)
    が18%、

    ③皮脂が
    2%程度

    という割合で
    それぞれ水分を保つ役割を
    果たしています。

    化粧水によって
    脇下の乾燥による
    炎症を抑え

    かつ

    ワキガの臭いを抑えることができれば
    脇を保湿する
    やる意味もあります。

    逆に
    肌の状態が悪すぎる時などの

    そんな状態の時は、
    思い切って
    何もしないということ
    も大切です。

    肌の状態が悪いから
    乾燥しやすくなっていたりしている時や
    炎症している時に起こる
    肌が弱っている時は

    これは
    角質培養を起こす
    といって、

    肌が
    薄くなってしまった状態
    から

    正常な角質層を
    取り戻させて

    バリア機能を
    正常に戻すことを指します。

    ですので
    肌を乾燥させないように
    保湿が需要になってきます。

    その対策方法として

    具体的には

    お化粧、
    パックやスクラブ
    といった

    刺激を与えない、
    環境

    による刺激(紫外線予防、大気汚染)
    を避ける
    といったことです。

    ワキガにスクラブ(角質除去剤)使用する理由として

    脇下の点々の黒ずみが考えられるわけです。

    汚れが原因であることもそうですが
    この黒ずみ自体がワキガの原因となっていることが多いからなわけなんです

    過剰な脇下のケアや摩擦によって
    黒ずむことがあります
    これも脇下に角質が溜まった事によって
    点々ではなく
    ワキ全体が黒ずんで見えることがあります。

    ですので
    日々スクラブのようなつぶつぶを利用した
    洗剤によって
    優しく
    落とす習慣も必要になってくるわけなんです。

    他にも
    暖かい温度にした
    オイルを利用した方法や

    ピーリング化粧品で取る方法が
    ありますが

    やはり
    毎日行うには
    時間がかからない
    何より楽
    なので個人的にも
    ワキガの黒ずみに使用するなら
    スクラブ(角質除去剤)が1番お手軽に落とせます。

    但し、ワキガの黒ずみのためにも
    化粧水や乳液による保湿と刺激の弱い
    日焼け止めは継続して使用しましょう。

    悪化した皮膚の
    正常化には

    最低1カ月
    あるいはもっと
    期間が必要になることも
    考えられますが、

    継続して保湿し続ける
    決意や勇気が大切です。

    化粧水に含まれる水溶性物質は角質層に潤いを与える?

    角質層は
    水溶性物質を
    一切通さないか
    というと、

    絶対ではありません。

    どうやって
    吸収させるかというと、

    ひとつは
    角質層の水分を
    通常以上の状態に
    ふやかすのです。

    つまり

    化粧水を丁寧にパッティングして、
    しっかり保湿したり、
    ローションパックを
    行ったりすることです。

    もうひとつは

    お風呂やスチームパックにより

    温度を上げるのです。

    つまり。。。

    化粧水自体は
    角質層をうるおすのが目的で、
    その後の
    美容液やクリームの成分が

    浸透しやすくなる状態を
    準備してくれるもの
    と考えるといいですね。

    「どんな成分がお肌を整えるの?」

    といった疑問から

    化粧水の役割は
    「角質層を潤すこと」
    とわかりました。

    そして
    先にあげた
    角質層の保湿因子3つが

    皮膚の潤いを
    保っているのであれば、

    お肌の調子が
    悪い原因も
    この3つに関連するはずですね。

    大部分を占める
    ①角質細胞間脂質

    水分蒸発を抑え、
    外部の刺激から守るという役割で、

    水分を抱える親水基と
    脂質を保つ親油基が

    交互に重なって
    水分保持の
    重要な役割を果たしています。

    この角質細胞間脂質の代表
    として

    セラミドがあるのですが、

    これは
    水溶性の物質
    ではないので、

    化粧水に配合するには
    少し難しいとされています。

    合成セラミドといって
    ほぼ同等の構造を持つものが
    化粧水としては
    配合されていますが、

    少しお値段が
    上がるかもしれません。

    それよりも
    乳液やクリーム、
    美容液
    といった油分を含んだ製品
    の方が

    高濃度に配合されていて、
    安価で
    取り入れやすいでしょう。

    またセラミドを
    増加させる成分として

    ライスパワーNo.11エキス
    やユーカリエキス(ユーカリ抽出液)
    が知られているので、

    これらを含む製品も
    おすすめです。

    次に多いのが、
    水分と結合する性質があり、
    水分を角質層に供給することで
    肌印象に関わる

    ②NMF(天然保湿因子)
    です。

    これは
    以下のような成分で
    構成されています。

  • アミノ酸(セリン、グリシン、リジンなど)
  • ピロリドンカルボン酸(PCA)
  • 乳酸ナトリウム
  • 尿素
  • 塩基類
  • これらの成分は
    何となく
    目にすることが
    多いと思いますし、

    実際に
    配合された保湿化粧水も
    多く存在します。

    元々お肌に存在する成分
    なので、

    副作用を起こす
    ことも少ないのが
    安心ポイントでしょう。

    化粧水に限らず、
    化粧品自体が
    肌のトラブルを
    引き起こしていることも
    多々あります。

    強い効果を
    色々求めるよりも、

    自分の肌が
    元来持つ成分を
    補充してあげる
    という視点も
    大事かもしれません。

    また、
    NMFの生成量を
    高めることが知られている

    ヨクイニン(ハトムギ)などの
    植物エキス

    を配合している化粧水も
    多いですね。

    わきが対策に使うヨクイニンが使えるポイントとは?

    ヨクイニン (薏苡仁)も消臭により
    注目を浴びている成分で
    多く含まれている化粧品も多くなってきてます。

    ヨクイニン(薏苡仁)とは?

    ハトムギが原料で
    ハトムギの種皮を剥いた中に入っている
    種子です。

    ヨクイニンの成分を
    汗の匂いの一部の代表として
    取り除かれた
    イソ吉草酸の悪臭を80%近くも
    減臭させたということで
    注目されたのです。

    他にもヨクイニンが
    注目される着目点として

  • 利尿作用(急性や慢性腎炎ネフローゼによく利用される)
  • 抗酸化能力
  • 血糖降下目的使用
  • 高脂血症
  • 腫瘍活性
  • 肌の水分代謝を上げる
  • 炎症
  • 筋弛緩
  • 抗アレルギー
  • をそれぞれ
    緩和してくれる能力があるとされています。

    ヨクイニン自体飲むことで
    免疫力に働きかけるので
    昔から
    体の皮膚表面にできた
    イボを取り除くことが可能とされてきました。

    ですので
    これほどの能力を持つ
    今回のヨクイニンが化粧品に使用されて
    いるのもうなづけます。

    その他にも
    化粧水に配合されている
    有名な成分として

    ヒアルロン酸やコラーゲン、

    エラスチンがあります。

    これらは
    お肌の真皮層に存在しますが、

    角質層には存在しませんし、
    内部までの浸透は
    低分子化されたものがない
    と難しいです。

    ですが、
    水溶性成分で、
    水分を吸着し、抱え込む性質
    があるため

    角質の保湿効果として
    化粧水に
    配合されることが多いのです。

    割合は少ないですが

    ③皮脂
    は皮膚の内側で
    脂質を蓄積する皮脂腺から
    分泌される脂質成分です。

    皮脂という言葉だけ聞くと
    ベタベタや
    ニキビのイメージ
    がありますが、

    適切な分泌量では
    皮膚表面の汗と混じって
    皮脂膜を作ってくれます。

    この
    おかげで

    水分蒸発を防いで
    皮膚だけに限らず、

    頭髪にも
    潤いを与えてくれることが
    知られています。

    また
    皮脂の
    主な成分トリグリセリドは
    肌に常在する細菌により
    分解されて

    弱酸性の状態を保持し、

    雑菌の繁殖をふせぐ
    殺菌作用につながっています。

    皮脂の分泌は多いと
    ニキビや吹き出物、

    少ないと
    シワやアトピー性皮膚炎
    の原因となるので

    肌の状態に合わせた
    化粧水選びに加えて、

    水分と油分のバランス
    を保つ保湿を心掛けることが
    大切です。

    関連記事・キーワード
    ワキガの対策にいいデオドラント方法とは何か?

    ワキガをデオドラント商品で対策する方法まとめ

    お肌のうるおいケアは合ってる?今すべき脇下の保湿ケア方法とは

    わきがに化粧水は使うべきか?化粧水と消臭体質による方法!

    ワキガにアルコールより消臭力が高いある方法とは

    ワキガにオロナイン効果よりより消臭力のあった方法とは

    ワキガにベビーパウダーも要らなくなったある方法とは?

    ワキガにマキロンを使用するよりより消臭力のあった方法とは

    ワキガにワセリンを使うよりも改善された方法は何か

    ワキガに使うリステリンより改善されたある方法とはなにか

    ワキガに使える!プロ仕様。市販でおすすめ消臭テクニック

    ワキガに使ったニベアよりコスパガ高かった方法とは何か?

    ワキガに使用したクエン酸より更に消臭されたある方法とは?

    ワキガに化粧水をつけるより強力な消臭方法とは?

    ワキガのテープよりも超扱いやすい消臭方法とは?

    ワキガは海外からの情報が強力か!日本人に合うワキガ対策とは?

    体臭に使う石鹸におすすめを覆すある体臭消臭方法とは

    化粧水を20代後半から毛穴消臭するよりおすすめの対策とは

    脇のおすすめデオドラントの消臭ランキング|ワキガの対策

    馬油の化粧水を超えるおすすめのデオドラントとはなにか

    ワキガの対策|TOP

    投稿日:2017年11月13日 更新日:

    Copyright© ワキガの対策9ステップ方法で解る!改善消臭効果 , 2018 AllRights Reserved.