VIOはどうやって施術するのか?

VIOはどうやって施術するの?

VIO脱毛は
デリケートゾーンの痒みや
ムレ、臭いなどのの悩みを
解消させてくれる効果があるので、
人気があります。

でも
サロンで施術する時はどんな格好でするの?
など、疑問点が多いと思います。

サロンによって異なるのですが、
一般的には紙ショーツが用意されていて
それをスタッフがずらしながら
照射していく形になります。

スタッフの方も恥ずかしくないように
配慮して行ってくれます。

照射する際はベットに仰向けになるような
体制になります。

Vラインは脚を伸ばし、
軽く脚と脚の感覚を広げます。

Iラインも
Vラインと同様で仰向けの状態で
片足ずつ膝を立てて外側に倒します。

Iラインが一番恥ずかしいと思いますが

慣れれば本当に何ともないです(笑)
最初だけ頑張って乗り越えましょう!
やり続ければ
こんなもんかと思い。
何の問題もなくなります、

Oラインは
うつぶせor四つん這いの状態で行います。

この時は
力を抜いて自然体の状態で居ると
施術しやすいです。

痛みには個人差があるので
一概には言えませんが、
他の部位に比べると
VIOの痛みを感じる人は多いようです。

腕などのように
皮膚自体が厚くなく
皮膚が薄くなっていて
かつ体でも大事なぶぶんであり

敏感な部分であるので
痛みも感じやすくなっています。

VIO脱毛前に考えること

個人的には
ココの毛は本当にいらないと思うのですが、
色々躊躇する点がありますよね。

気になるところを
医療脱毛&ブラジリアンワックスを
体験してきた

経験をふまえてあげていきます!

Vについては
サロンのスタッフからもありますよ?
と言った形で提案されることもあり
全取りをすすめられる事が多いです。

というのも
お値段が一緒だったら残す必要ある?

というお客さんが多いという経験から。
だそうです。

施術者の本音としては、
どの位残すかを

相談しながらとはいっても、
結局施術中は目隠ししている所が多いので
カウンセリングの時に
念入りに相談しておきましょう。

VIOはどうやって施術するのか?

お客さんも恥ずかしいのか

曖昧な注文をされちゃって
後からもっとこうだったから・・・
というトラブルを避けたいのもあります。

全取りは
衛生面からもおりものや生理中の匂い問題が

一番解決しやすいのもあって
女性目線からは
一番人気。

特に脱毛完了後のお手洗いでの感動は
痛みに耐えた分大きいですね!

ただし
全取りの男性人気は分かれる所。
自分の彼女や奥さんがツルツルなのは
ちょっと未成年を想像させて萎えるという声も。

自分の意思が大事ですがパートナーに前もって話しておくのは

重要でしょう。
ブラジリアンワックスだけであれば、
1カ月ほどの我慢だけれど
医療脱毛は生えてこなくなっちゃうので

「やり過ぎたっ!」

の不安があるのであれば
他の形も選択肢に入れてみてくださいね。

【「VIO脱毛・残す形の落とし穴」】
Vライン脱毛というだけあって、
一番自然な形として
支持されているのが逆三角形。

元の形より小さめで
キレイに収まるようにというのが多いけれど、
気を付けたいのが毛のトリミング。

残した毛は
当然伸びるので
IOラインをせっかく脱毛したのに
上のVを残したせいで
水着の際にヒヤヒヤするのでは折角の脱毛の意味ナシ!

同じく
指2本分とかランディングストリップとも呼ばれる海苔型なども
下側にも角が残るから注意。
もしトリミングに
慣れていない子やズボラを自覚しているのであれば、
多少毛が伸びても下着や水着のラインに響かない形を選んでみて。

女らしさも残しつつ
自然な印象のオーバル型や小さな丸形などがおすすめ。
どんな
脱毛方法でも施術後には形の確認をしてくれますが、鏡を渡されて見るので

正面から見た印象だと
実際毛が伸びてきたところを忘れがちに。

もし
逆三角形や長方形、四角に残したとしても
下側にはあまり毛を残さず取ってもらい、
Iライン周辺に毛がかぶらずに見えている位の方が
水着や下着を選ばないのでラクですよ。

脱毛後の残した毛の部分は
眉毛用の櫛とハサミを駆使するか
毛の長さを
揃えられるアタッチメント付きの
シェーバーを使って出来るだけ綺麗な形をキープしましょうね!

Vラインの一番人気は逆三角形ですが、
どの位の大きさにするかということに加えて

脚の付け根からどの位隙間を空けるかというのもバランスが大事です。

日本人だと特に毛の黒々した感じがバッと目につくので小さくし過ぎても

その
部分だけ
ミョーに目立ってしまうことも。

また指一本分や長方形、正方形など角がある形はどうしても
脚の付け根との空間が不自然に見えるので、
Vラインは脚の付け根とのバランスをみて残すのが一番キレイに見えると思います。

オーバル、楕円、卵型と言われる形も自然にIラインにも
繋がって見えるのでおススメです。

本当は
IとOラインは無くしてしまった方が残したV部分が不自然にならないので
一緒に処理するのが好ましいですが、
なかなか勇気のいる部位でもあるので
バランスについても考えてから形を決めてくださいね。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.