身近にあふれる酵素、その果たす役割を知っていますか?

酵素と聞いて何が思い浮かぶでしょうか。
生物の授業で習う
消化酵素として有名な
アミラーゼが一番有名でしょうか。

また酵素の力で汚れを分解!
という洗剤の成分としても有名ですね。

酵素の構造は簡単に言うと
ミネラルの周りにタンパク質
が巻き付いたもので、

タンパク質は
アミノ酸という物質が連なってできています。

酵素は物質の消化だけでなく、
Absorption=吸収、
Distribution=分布、
Metabolism=代謝、
Excretion=排泄の過程(ADME)

に関与していて、

物質を何らかの形に変化・反応
を引き起こす役割を果たすと考えられています。

先のアミラーゼは唾液に含まれ、
三大栄養素のひとつデンプンを
分解する酵素です。

ただし、
酵素にはひとつの作用しかないので、

先に述べた

アミラーゼは
タンパク質や脂肪を分解
することはできません。

洗剤に含まれる酵素は
皮脂やタンパク質といった衣類の汚れ
に関わる物質を
分解するものが配合されていて、
汚れを落とす効果に繋がるのです。

私たちの健康に関わる酵素

ヒトの体内で作られる酵素は大きくわけると

「消化酵素」「代謝酵素」の2つです。

「消化酵素」は
文字通り消化のための酵素で、
私たちが毎日食べるご飯や野菜などの食べ物を身体が吸収しやすいように
消化分解するためのものです。

身近にあふれる酵素の役割とは?

三大栄養素に関わるものをあげると、
先にあげた唾液の中に含まれている
アミラーゼはご飯などに含まれる
デンプンを分解する酵素でした。

胃液に含まれているプロテアーゼ
という酵素はお肉などの
タンパク質を分解する酵素です。

膵液の中にあるリパーゼは脂肪を分解します。

これらの
働きにより
分解されることで栄養素が小腸の壁から
毛細血管に入りエネルギーとして
活用されるのです。

こうして
体内に取り込まれたエネルギーを
働かせるのが「代謝酵素」となります。

先に述べたADMEの働きを
具体的にあげると、

吸収された栄養を体中の細胞に届けて、
有効に働く手助けをする、

つまり

新陳代謝ですね。

他にも汗や尿の中に老廃物を排出する、
ウイルスに対し免疫力を高め、
病気に対し修復していく自然治癒力
といったことです。

これらの体内にある酵素は、

元気な時には
毎日の食事があるので消化酵素が優先して
消費されていますが、

病気になるとその役割から
代謝酵素が優先するようになります。

病気になると食欲が落ちるのは、
消化酵素の働きが落ちて食べ物が
十分に消化されない状態になるから
と考えられますね。

病気になった時には
消化しやすいお粥が体に優しい
というのもこういう背景があるから

と考えると納得です。

では、

体内で不足している酵素を補う方法として、

体外から酵素を取り入れられるのかな?

と疑問がわくかと思います。

美容関係に詳しい人達の間で言われる
酵素ジュースやサプリは、
まさに体外から取り入れられる「食物酵素」に該当します。

ただし、
酵素はタンパク質から成るので熱に弱く、
50-70度程度が限界と考えられるため、
加熱した食物には含まれていません。

食物酵素が含まれている食品の

一例としては

生の魚、肉、野菜、果物および味噌、
納豆、漬物などの発酵食品となります。

一般的に
食物酵素が多く含まれているとされる野菜
としては

レタス、人参、セロリ、キャベツ、
トマト、きゅうり、大根などです。

焼き魚に大根おろしがついてくるのは
大根おろしが食物酵素として消化を
助けてくれるからと考えられています。

また昔の日本の食生活だと
漬物や納豆が朝食に含まれていることが多く、
自然と酵素を摂取出来ていたのですが、

食の欧米化が進んで、
加工・加熱した食事が増えたため
意識しないとなかなか酵素が取り入れられず、
補助食品による酵素ブームに
つながったのかもしれませんね。

酵素でダイエットは本当?

酵素ドリンクやサプリが溢れていますが、
やっぱり気になるのはダイエット効果でしょうか。

気を付けたいのが
酵素ドリンクやサプリを摂取するだけで
痩せるといったことはありえません。

また酵素は熱の影響を受けやすく、
加工品となったものは食品衛生法により
殺菌が義務付けられているため
加熱処理されているので、

酵素としての効果が
きちんと得られるのかを判断するのが
難しいですね。

野菜や果物、
発酵食品以外の補助食品で取り入れる場合は
熱に強い成分が含まれているのか
知る必要がありますね。

また酵素は基本的にはひとつの役割しか
果たせません。
ですので、
ダイエット効果を期待する場合には
消化を助ける酵素、

例えば

脂肪を分解させる酵素と言われる
リパーゼを含むものといった風に
選ぶのもコツとなります。

リパーゼは脂肪の燃焼に関連する酵素として知られ、

通常の体温より1-2度高まることで
活性化することが知られています。

リパーゼは体内では胃液や膵液に含まれていて、
脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解します。

脂肪酸はエネルギーとしてヒトの
活動エネルギーに利用されますが、

余分なものは体内に蓄積してしまいます。

ここで
まず、
体内酵素である「消化酵素」と
「代謝酵素」の密接な関係を知っておきましょう。

この
2つは

一方が増えれば、
もう一方は減ってしまう関係にあります。

例えば、
焼き肉や唐揚げといった消化に
時間のかかるヘビーな食事をすると、
消化酵素が大量に必要となり、
もう一方の代謝酵素が減ってしまいます。

そのため、
新陳代謝を司る作用が衰えてしまい、

脂肪が蓄積されやすくなるということです。
痩せやすい体質=代謝酵素の働きアップのためには、

消化を助ける食事を心掛けて
消化酵素が少量で済むような食生活を
送ることが大切なのですね。

そういう意味で体外から体内の酵素の働きを手助けすることは可能といえます。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.