脇下を効果的に水分量を保つには|ワキガの対策

脇の下も乾燥を防ぐことで
臭いを対策することで
炎症しにくくなりますから
悪臭対策に
つながります。

残念ながら化粧水の成分が
根本的に体内に
吸収されることはないのですが、

肌印象を左右する表皮・角質層に対して
適切な水分量を蓄えさせることは
可能です。

たとえば、
毛穴の開きや皮脂の過剰な分泌は

水分量が足りないことが
原因なので、
集中的に化粧水を浸透させる
ことを心掛けてみて。

毛穴を引き締めるには
ひんやり冷たい刺激を与える
のも効果的なので、

化粧水を冷やして使用するのは
GOOD。

化粧水は手で付けるのも
問題はないのですが、

どうしても
塗りムラが出来やすく、

手は無意識にいろいろなものに
触れてしまい
雑菌が多い状態になりやすいので、

このような悩みがある場合は
コットンに取って
パッティングすることで、
ムラなく浸透させるだけでなく、

肌が冷やされ、
毛穴が締まり、過剰な皮脂分泌
を防ぐことが可能です。

先ほども言いましたが、
肌の保てる水分量には
限界があるので

必要以上に大量につけるのを
防ぐためにも
コットン使いが有効かもしれません。

コットンでのパッティングは
大量に化粧水を含ませると
コットン自体が重く硬くなって
肌に負担がかかります。

また
力を入れ過ぎても
繊維が毛羽立ってきて
刺激になるので、

力の入りにくい中指
と薬指の間にコットンを挟み、

中指の縦長に化粧水を馴染ませて
(最初に円状にだすと
化粧水の浸透していない部分が
肌に触れて摩擦になってしまいますよ!)

下から上に
パッティングしてくださいね。

また肌のザラつきが
気になるタイプは

角質のターンオーバーが
うまくいっておらず
溜まってしまっていること、

そして乾燥が原因です。
これを解決するのにも
化粧水はとっても効果が期待できます。

洗顔で落としきれなかった汚れ
に対しても

こすり過ぎずに対応できるのが
化粧水のいいところで、

保湿効果の高い化粧水だと
洗顔料やスクラブよりも
穏やかに不要な角質を取り除いてくれます。

それになによりも

美容液やクリームと比べると
比較的価格設定が低めな化粧水。

さっぱり目
の化粧水で角質ケアを行い、

さらに
肌の調子が乾燥気味であれば

しっとりタイプの
化粧水のダブルづかいで
対応するのも一手です。

脇下を効果的に水分量を保つには?
特に
エアコンやオフィス環境で
砂漠化したお肌に対しては、

まず
コットンで
丁寧に角質落としに専念し、

肌が
ひんやり落ち着いたところに
しっとり保湿作用の高い化粧水

を手でしっかり重ねて
肌を温めながら
浸透させる

という
ひと手間をお休み前

に行えば、
翌朝うるみ肌が得られること
間違いなしです。

「化粧水が
肌を底上げする効果は期待できないの?」

先ほど
化粧水の成分が体内に
吸収されることはないと言いましたが、

日差しの厳しい時期
に気になる美白効果は
全く期待できないのでしょうか?

それは
成分によりけり、
といったところでしょうか。

以前に
美白効果の高い化粧品が悪い
意味で

効き過ぎて
白斑という副作用を生み出し
回収騒動になりました。

皮膚の構造は
大きくわけると
表皮、真皮、皮下組織からなり、

表皮の一番上の方の
角質層までしか
化粧水の成分は浸透しません。

サランラップに例えられるほど
薄いのですが、

角質層の大事な働きは
水分保持以外にバリア機能
があります。

一番体の表面に当たる部分ですので、

皮膚に触れるもの、
例えば

最近やウイルス、

さらに
紫外線などからも
しっかり身体を
守ってくれているのですね。

高価で
肌に良いとされる成分が
配合されていても

体内への吸収を防がれるのは
残念ですが、
その一方で強い刺激から
守ってくれているメリットがあります。

ところが
副作用が出た化粧品の成分は
角質層以上に
浸透する可能性があったと考えられます。

化粧品の成分というのは
医薬品、医薬部外品
といった人体への影響
に対する安全性

が確立したもののみ
認可が下りるはずなので、

美白というメリット
と皮膚がまだらになってしまう
というデメリットを考えると、

安全性に
問題があるということですね。

そんな危険な成分が
化粧品に配合されていると大変です。

一般的に販売されている
化粧水の美白作用は
安全性が確立されている
という前提で

効果が期待できるかもしれない
程度に考えた方がよいでしょう。

そして
美白作用として期待するのが、
シミやくすみが薄くなって欲しい!

ではないでしょうか。

これに関しては
美白効果が期待できます。

というのも

「シミやくすみがだんだん濃く浮いてきた」

と表現する通り、
この原因は
酸化して黒くなったメラニンで、

このメラニンは
角質層よりずっと
下にある基底層で
生成されるのですが、

ケラチンと
共に角質層まで上ってくるのです。

肌の最上層にあるメラニンであれば、
角質層に浸透した
化粧水の成分が効果を発揮して

美白効果が見込める
と考えられています。

美白成分で
おなじみのビタミンCは
メラニン還元作用があります。

わかりやすくいうと
紅茶にビタミンCの多い
レモンを入れると
色が薄くなるのが還元作用です。

ですので、
角質層に濃く浮き上がってきた
メラニンを薄くしてくれること
で美白効果が得られると言えますね。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.