脇の下にアルコール消毒の注意点とは?

アルコールは依存性だけでなく
後遺症や副作用または
体内の臓器に
負担をかけます。

特に
アルコールは
人によって
強い弱いのはっきりした成分でもあるので

元々
摂取すると
すぐに酔っ払ってしまう人は

アルコールから
命を奪われないように
疎遠になることをお勧めします。

脇の下にも使用すると
消毒できるという目的で使用する
こともできますが
肌に合わないこともありますので
やめておいたほうがいいでしょう。

脇の下のワキガ対策として
アルコールを
使用したいなら
肌荒れの無いように
使用しましょう。

そして
乾燥はまちがいなく
酷くなるので
アルコールにより
脇の下を消毒したあとは

ミョウバン水を浸透させて
から
弱酸性に保つことを前提として

化粧水や
保湿性の高いワキガクリーム
を使用するようにしましょう。

胃腸の弱い
日本人に合わない可能性が高い成分としてならば、
ひとつ挙げられるものとしても
アルコール=エタノールな訳ですが。

夏などによく使用される
制汗専用のボディーウェットシート
にもわずかながらに
じつはエタノールも含まれています。

ですので
乾燥肌や
もともと肌が
アトピー性の場合には必ず
使用し続ければ続けるほど

脇の下も炎症しますから
使用した後は常に
保湿を意識しておきましょう。

よくアルコールフリー
を謳い文句にしている製品を見かけますよね。

すっきり・さっぱり感
を売りにしている製品に良く含まれていて、

揮発性、つまり蒸発しやすいので

すーっとした感覚が残るので
夏場などは気持ちがいいのですが、
乾燥肌の人にはきっと大迷惑ですよね。

脇の下にアルコールを使用するなどは
持ってのほかです。

アルコール分解する酵素が
少ないと言われている日本人、

特にお酒を飲むと
すぐ真っ赤になる人は、
皮膚でもアレルギー反応が出る可能性が
あるので
あまり向いていないと思われます。

特に胃や腸が
アルコールを取っていなくても
ただでさえ
すぐに崩しやすい人や
痛くなりやすい人は

アルコールの使用は
やめた方がいいでしょう。

【】「美白は化粧水で可能?」
乾燥肌の角質層は
バリア機能が低下しているため、
紫外線の影響を受けやすくなっています。

そのため、乾燥している箇所ほどシミやそばかすができやすい状態です。

シミやそばかすを予防するという観点であれば
美白成分の入った化粧水はおすすめです。

<美白として効果が期待できる医薬部外品>

・ビタミンC誘導体
・ハイドロキノン/ルシノール
・アルブチン
・エラグ酸
・トラネキサム酸
・カモミラ
・リノール酸
・t-AMCHA

効果が認定されている
美白成分は

このように沢山あるのですが、

その
効能・効果は
シミやくすみの原因となる「メラニン」を作る過程を阻害して予防する生成抑制作用と、
すでにできてしまったシミやくすみを薄くする
メラニン還元作用の2種類にわけられます。

もし
今のお肌の状態が落ち着いていて、
シミを薄くしたいのであればビタミンCが配合された化粧水がおすすめです。
というのも
先に述べた2つの効能が共に備わっているからです。

特に
化粧水は角質層にとどまるのですが、
すでに目に見えるほどのシミは肌表面の角質層に浮いてきている状態なので、
それを薄めて目立たなくしてくれる効果が期待できます。

スキンケアによる
肌質改善は根気が必要ですが、
やっぱり目に見える効果があると気持ちの面でも明るくなりますよね。
ビタミンCは
コラーゲンの生成や皮脂分泌のコントロール効果も知られているので幅広い効果が期待できます。

ただし
気を付けたいのが、
ビタミンCに限らず効果が強い成分は刺激も強いものが多いので、
肌状態が安定している時に使用することが大切です。

化粧水だけではなく、
保湿成分の高いプラスアルファが必要なものが多いことも忘れないでくださいね。

「毛穴対策としての化粧水選び」
健やかで潤いのある状態のお肌が理想ですが、
肌が乾燥してバリア機能が低下している時には、

肌は自らを守ろうと
ターンオーバーを早めて角質層を厚くしようとする「過角化」を起こします。

この過角化の原因には他にも紫外線による強い刺激、生活習慣の乱れといったものがあります。

具体的には
ストレスを感じると
コレチゾールという男性ホルモンを刺激する物質が分泌され、
皮脂の分泌過剰に繋がります。
睡眠不足も交感神経が優位になることで男性ホルモン分泌増加になります。
このように過剰な皮脂分泌で不要な角質が毛穴に溜まってザラザラしてしまい、
乾燥肌なのに毛穴の開きが目立ってしまうことがあります。

このような
毛穴の開きの場合は
グリシルグリシンという角化を整える成分が配合されている化粧水がおすすめです。

また
美白でも取り上げたビタミンCも皮脂過剰を抑えてくれます。

毛穴の開きといっても汚れのつまりであったり、昔のニキビ跡であったり、
産毛が濃い場合やたるみによるものかそれぞれですので、迷った時は
下手にピーリングやパックで刺激を与えるよりも、まず適切な水分を含む保湿を心掛け、
肌の状態を整えることを優先させてくださいね。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.