年代別オススメ化粧水20代編|ワキガの対策

20代の女性のほとんどが
オイリー肌だそうです。

新陳代謝が活発で
バリア機能も正常なので
健康な肌ですが皮脂の分泌量が多くて

どちらかというと
オイリー肌になる傾向があります。

なので
油分過多によるニキビや
皮脂がつまること

による
毛穴の開きなどの
肌トラブルが
多く見られます。

女性の皮脂過剰のピーク
は10代と30~40代
に訪れます。

また20代後半は
お肌の曲り角と
言われることもあり
この時期のケアが

後々の肌に影響してきます。

高価な化粧品などを
使うと
肌を甘やかす原因
にもなるので

きちんとした
クレンジング、洗顔、
保湿を心がけなければ

いけません。

油分が多い20代
の肌には
これ以上の油分
は必要ありません。

しかし
オイリー肌のほとんどが
ケアのポイントに
油分を取り除くことが
最重要ポイント

として
考えがちです。
余分な皮脂汚れを
キレイに落とすことは
大切ですが

油分を
落とし過ぎるのも
逆効果です。

20代の化粧水選びの3つの法則として

①保湿成分が入っている
化粧水を選びましょう。

保湿成分とは
肌に潤いを
閉じ込めてくれる役割
をするセラミドなどの
事を指します。

他にも
ヒアルロン酸、コラーゲン、
アミノ酸、トレハロース
などがあります。

20代で
特にオススメしたい成分
がビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は
過剰な皮脂
を抑制する働きや

紫外線ダメージを
修復する働き、

肌荒れの予防や
対策など様々な働き
が注目されています。

しかし
ビタミンC誘導体は
肌への働きかけが
高い反面、

肌が乾燥しやすい方
や敏感な
状態になりやすい方は

刺激になる可能性
があるので
事前にパッチテスト
を行い問題が
ないか確認しましょう。

肌のほとんどは
水分で出来ているので
水分がないと
シミやしわ、
くすみまたは乾燥

など様々な肌トラブル
を引き起こします。

20代後半から
お肌の潤いも
下降していきます。

保湿をメインに
化粧水を選ぶことを
オススメします。

毛穴ケアができる
化粧水を選びましょう。

20代後半からは
年齢と共に
毛穴が目立ってきます。

皮脂過剰のピーク
なので

肌トラブルも
出やすくなってくる

ので毛穴を
引き締めてくれる効果
のある化粧水が良いです。

③肌に優しい化粧水
を選びましょう。

化粧水は
毎日つけるものなので
なるべく肌に
刺激の少ない成分

で添加物やアルコール
など肌に優しくない成分
が入っていないものが
良いです。

だんだん肌質
も変わってくるので

今まで使っていたものが
合わなくなった
という方も多い
そうなので

日々の変化にも気を配りましょう。

年代別オススメ化粧水20代編

30代の化粧水選び編

30代になってくると
徐々にいろんな肌トラブル
が見え隠れしてくるので

あまり
気にかけなかった
スキンケアが
必要になってきます。

30代のスキンケアは
何より
乾燥対策が重要です。

20代と同じ
スキンケアをしていては
肌の老化を
ストップ出来ません。

表皮細胞のエネルギーが
不足しはじめ

ターンオーバーが滞り
20代と比べると
水分が減って乾燥してくる時期
になってきます。

生活習慣による
飲酒やストレスや睡眠不足
などで

荒れがちなお肌に
乾燥はNGです。

また水分量が低下する
30代のお肌には
保湿が第一ですが
水分を補充するだけでは
足りません。

すでに出来てしまった
シミを解消し
たるみ予防をするために
ビタミンC誘導体や

コラーゲンや
アルブチンが配合された
美白化粧品や
エイジングケア化粧品
を使い

お肌に栄養を
与えなければいけません。

シワには
コラーゲンやコエンザイムQ10
やエラスチン

などの真皮層で
肌細胞を
支えている成分が

配合されているもの
を使うことをオススメします。

特にシミやしわ解消には
ターンオーバーを正常にして
あげることが重要になってきます。

金銭的に余裕が出てくる時期
なので
ちょっとお高めではありますが

アンジエイジング化粧品は
栄養成分たっぷりなので
ぜひ試してみても
いいかもしれません。

30代の肌の特徴として
今まで常に肌に備わっていた
潤いや美容成分が
年齢と共に
失われやすくなっています。

それを
補うためにも
化粧水と併用して
美容液などを
利用する

など
使用するお手入れアイテム
を増やす必要があります。

今後のアンチエイジング
がとても大切です。

しかし
肌への負担にも
注意が必要です。

美白成分は
とくに
肌に刺激をもたらす恐れ
があるので

相性をよく確認しておくことが
大事です。

使用した後に
突っ張り感やピリピリ

した感じがした場合は
すぐに中止しましょう。

殺菌や消毒作用
に優れた効果
を発揮するアルコールは

肌の水分を
蒸発させてしまう作用
もあるので

乾燥が進行していく
30代以降の
スキンケア
では避けたほうが
無難です。

肌のバリア機能の低下
が著しくなる
30代の肌にとって

余分な成分は
控えたほうがいいからです。

まだ30代の肌は
ターンオーバーの
サイクルも遅くなり
角質・真皮層両方に
ガタが出てきます。

そうなったら
浸透力が悪くなり
肌内部の保湿力も
低下しているので

2,3日使った程度では
実感しづらいと
言われています。

自分自身で自分の肌と
向き合い状態を知り

どんな成分や
対策が必要か
見極めることが
重要になってきます。

30代からは
スキンケアの基本

「保湿」

を見直すことが
今後の肌を
決めるということになります。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.