医療脱毛がおすすめの本当の理由

医療脱毛というだけあって、
勧めている医師も多い機器なのですが

お医者さんや看護師さんといった

しっかりした資格を持つ人しか
扱えない

レーザー機器を用いて行うのが
何より一番信用できる点です。

また何か
皮膚に問題があったときに
お薬を処方できるのは
医療関係者だけなので
安心感が違いますよね。

使える機械が違うというのは
レーザーであって、
毛細胞を破壊する程の強い出力が
可能です。

そういった

医療従事者でしか
取り扱えない機械で

細かい調整技術を駆使
して行ってくれるので
確実な結果が
欲しいのであれば
断然おすすめです。

ただし

医療脱毛を行う施設によっても
取り入れている機械が
違うので
気になることがあれば
必ず相談してくださいね。

施設選びは
広告などで名前をよくみる
有名な施設が
どうしても
安心だとは思いますが、

意外と自分の住む地区
の総合病院でも

最近は
レーザー外来を
行ってくれている所が
増えています。

医療機関なので
機械の説明や
レーザー出力についての説明も
しっかり行ってくれるので、

幅広い肌のタイプにも
可能な場合が多く、

毛の量の調整や部位の相談にも
対応してくれるので

通える距離に
病院がある場合は
確認してみてくださいね。

何より
毛の再生具合を
専門的にみてもらえるので

3回程度で済む場合もあり、
料金も都度で
設定している所が多いのも
おススメです。

医療脱毛がおすすめの本当の理由

医療費控除と医療脱毛

10万円以上の
医療費支払いがあった場合、

医療費控除として
支払った税金が確定申告で
取り戻せることは

ご存知の方が多いと思います。

では
医療脱毛も控除対象かというと
答えはノー。

但し
例外があるとすれば、
正常でない
わきが症の手術費用の中に
ワキの脱毛をすることで

改善が期待できるといった
証明があることでしょうか。

かなり
曖昧でもあるので
必要であれば
必ず医療関係者に相談して
回答を得る、

明確な証明を発行してもらう

といった対応が
必要となってきます。

医療費控除の申告には
必ず領収証の原本添付が
必須になっており、

さかのぼっての発行は
かなり難しいので

実際の医療行為が
あった時に
必ず確認し正しい証明が
行えるように注意してください
ね。

また、
起こって欲しくないことでは
ありますが、

脱毛処理の際に皮膚に
なんらかの疾患が出てしまい

その皮膚病の治療のために

ステロイド系の薬を購入した
といったことであれば

医療費として
申告することは可能となります。

医療費控除は
おすすめされ行った
脱毛により

健康を害する治療に関しての
補助であると考えて

美容目的に繋がる施術や費用
に関しては

あくまで自己都合であることを考えて
予算を立てて
自分の身の丈にあった
脱毛処理を選択してくださいね。

部位による脱毛方法のおすすめ

最近では身だしなみの
一部として

ワキや足、腕の脱毛が
広まっているので

お友達や同僚に
おすすめのサロンや
クリニックを紹介してもらうのも
恥ずかしくないと思います。

でも
誰にも相談したくないような
部分の脱毛となると
情報が少ないですよね。

そんな部位として
女性は胸回りがあると思います。

デコルテラインであれば
コースがありますが、

乳輪周辺に濃い毛が生える
といった局地的だけれど
絶対になくしたい毛は
どうすればよいでしょうか。

というのも、
レーザーや光は
色素の濃い部分には
照射を断られる場合があり、

乳輪近辺はホルモンの影響が
強いので

万が一照射出来ても
毛が再び生えてくる可能性が
高いと言われています。

せっかく

処理に耐えたのに
効果が出ないと
泣く前に永久脱毛として

確立した方法が
あるので紹介しますね。

それは
針脱毛または
絶縁針脱毛とよばれる方法です。

これは
一番歴史の古い方法でもあり、
名前から想像できるように

毛穴に沿って絶縁針を挿入し、
毛根に電流を流すことで
毛母細胞と呼ばれる
毛の成長を司っている部分を
破壊します。

直接毛に作用するので
確実な効果が得られるのです。

1本ずつの処理なので
熟練した技術者と
肌内部に挿入するので

衛生管理のしっかりした
施設を探すのが
大事と言えます。

脱毛での効果の出方の違いは

確実に
効果が欲しい人に
人気でおすすめなのが
医療レーザー脱毛。

本当に効果に実感が得られるのか
心配な人も多いと思います。

処理に人気の部位である
ワキ、手足、Vライン
といった濃い太目の毛は

脱毛に適した部位とも
考えられていて、
色んな施設で
キャンペーンの多いところです。

これらの部分を
施術した人で
全く毛が減らない

ということはほとんどナシです。

というのも

毛の生える周期の中でも
成長期にある毛には
効果が出る

と考えられていて、

これは
全体の毛の内の30%と
言われています。

ただし、
3割だけなので
1回の施術で
一気にすべて処理できる
わけではないともいえます。

また毛が残ってしまう
原因としては

今までの
自己処理で
毛を抜いていたりすると

毛穴が変形してしまって
レーザーが確実に
毛母細胞に到達していない
というのもあります。

また
色素の薄い毛、
白髪や産毛には反応が少ない

というのも
原因のひとつです。

また
永久脱毛という言葉の定義
としては

完全に
ムダ毛が生えてこない状態
と考えがちですが、

脱毛に関して
先進国であるアメリカでの定義は

脱毛処理囚虜から
1か月後に毛の再生率が20%以下
とも定義されていて、

その意味で永久脱毛
とことわっている場合が
殆どです。

とはいえ

照射出力の高い
レーザーによる処理は

かなり
長期に持続するので
安心してくださいね。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.