医療レーザー脱毛のメリット|ワキガの対策

医療レーザーと光脱毛のメリットとは?

医療機関の

医療レーザーと
エステサロンで行なわれている
光脱毛のメリットとの違いは

脱毛マシーンの照射パワーの差
です。

医療機関では医師が
常駐しているので
万一施術中に何らかのトラブルが
発生した場合でも

適切な処置が可能なので
強力なレーザー治療を
行なうことが
できるとされています。

エステサロンは
法律上長期的効果のある脱毛は
行ってはいけないと
されているので

低出力の
脱毛マシーンのみの
使用となります。

料金は医療レーザーのほうが
高めで

かなりの痛みを
伴いますが
施術回数はその分少ないため

脱毛完了期間も短くなります。

しかも
医療レーザーの脱毛時には
麻酔を使うことが
許可されているため

危険性も少なく
痛みも取り除いてくれます。

また最近では
痛みが少ないマシーンなども
どんどん出てきているので

評判です。
光脱毛と同じように
全身脱毛プランや

通い放題プランなども
あって
徐々にレーザー脱毛も
人気が出ています。

一般的な光脱毛は
料金は安いが
施術回数を重ねないと
満足のいくレベルに
達しないので

かえってお金がかかることが
多いです。

医療レーザー脱毛のメリット

しかし
脱毛器が低出力のため
痛みや熱さは

比べものにならないくらい
光脱毛のほうが少ないので
光脱毛に通う人は
どんどん増えています。

医療レーザーについて

医療レーザー脱毛とは
脱毛したい部分に
レーザーを照射すると

毛根にある
メラニン色素に反応して、
レーザーの熱が
周囲に伝わり

毛根の細胞を破壊するので
他の皮膚組織に
全くダメージを与えることなく

脱毛ができるというものです。

黒い色に反応する
医療レーザーの
特質を生かした脱毛方法で

古くから医療機関のみで
行われています。

肌を痛めることがないため
肌に優しくスピーディーで
施術回数も光脱毛より

少なくて済むと
言われていますが
光脱毛より痛みはあるので
我慢できない人も
多くみられます。

しかし
産毛や埋没毛にも効果がある
と言われています。

強力なレーザーなので
二ヶ月は間隔をあけないと
皮膚に悪いので
長期間にはなりますが

回数は光脱毛より
圧倒的に少ないので
良いと思います。

稀に医療レーザーでも
効果が現れない人もいる
そうですが
個人差や部位にもよるので

数回では判断できかねます。
なので
常に肌荒れを生じないよう
心がけ
レーザー照射後も

セルフアフターケアを行えば
効果を
最大限に感じることが
出来るはずです。

医療脱毛のメリットとデメリット

脱毛のエステサロンと
医療脱毛って何がどう違うの?

と、思う方も多いと思います。

簡単にどんな違いが
あるかというと、

医療脱毛の方が
効果が表れやすいです。

医療脱毛の方が
使用している
レーザーのパワーや
メリットも強く、

毛周期を見極める
医師や看護師の
目が優れている

ため、
より効果的な脱毛が
できるのです。

エステ脱毛では
何度も通わなければ
いけないため、

時間が掛かりますが、
医療脱毛は短期間で
済ませることも可能なため

今注目集まっています。

ただ
もちろんデメリットも
あります。

医療脱毛はエステ脱毛に比べ
使用する
レーザーのパワーが
強い為、

痛みが増す。

という事です。

痛みの感じ方は
人それぞれですが
痛みに弱い人は、

麻酔をしてから
施術する方もいるそうです。

後必ずきちんとした
施術をしてくれる医療脱毛を
選んでください。

同じ医療脱毛でも
値段や施術方法が異なるため、

行く前に口コミを確認すると
良いと思います。

悪徳な医療脱毛も
増えているそうなので
気を付けてください!

医療レーザー脱毛のメリット

非医療機関で扱っている
光・フラッシュ脱毛
と言われるものと

医療レーザー脱毛と
呼ばれるもの、

どちらも照射による熱で
毛を生産する

毛母細胞を破壊することで

脱毛効果を得る
というのは同じです。

ただし
医療レーザーは
厚生労働省認可の
医療用レーザー機器を
使用することができます。

一方の
光・フラッシュ脱毛は
厚生労働省による
脱毛行為等に対する
医師法の適用で

制定されている
医療行為に抵触しない程度の
範囲

ということで
出力を抑えた
認可不要の機器を用いた
安全性重視の施術となります。

ですので、
痛みは少ないですが
効果は
人によって
それぞれとなります。

医療レーザー脱毛の
場合はメリットもありますが

医療従事者が
肌の状態をしっかりと
確認しながら

脱毛に
一番効果的な出力を
調整して
施術を行ってくれます。

レーザーは
出力・電流の強さの
コントロールが
大事なのですが、

万が一の痛みや
火傷などの肌のトラブル
に対しても

医療機関は
麻酔やお薬の処置といった
安全面での対応が
確実

です。

また
医療用機器はレーザーの種類も多く

アレキサンドライトレーザーは
毛根を囲んでいる

メラニン色素のみに反応して
作用、
ダイオードレーザーや
ロングパルスヤグレーザー、
YAGレーザー、
G-MAXは

皮膚のより
深部に作用するので
多少の日焼けや
色黒の人にも対応できたり、

ライトシェア・デュエットは
痛みが少なく
照射範囲が広い
といった特徴があるので

肌質や痛みへの耐性に
対応することが
可能でもあります。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.