ワキガは海外から学ぶこと|ワキガの対策

海外のワキガ対策は
ワキガの人口も
日本人よりはるかに多いために

ワキガのデオドラント商品自体
開発に日本よりも力が
添えられていることがわかります。

商品自体の
のスペックも非常に高く
持続時間も日本のものよりも
かなりの大差があります。

ですが
海外にはワキガという
言葉の使い方や概念自体ありません。

しかも
ワキガに対する捉え方や文化自体
何もかも日本とは違うわけで

"臭いケアをしていない人物"

という言い方をされています。

質問しても
知り合いのブライアン(当て名:武来庵)にも

ワキガって何?と
言い返されましたので

ワキガという言葉も
ありません。

アメリカほかヨーロッパ国においての
ワキガのデオドラント商品は

かなり種類が多く
肌への刺激も少しだけ強く
消臭持続時間も日本のものとは
想像できないほど長いもの
数日間は消臭持続時間は持つものが
利用されています

というのも

アメリカの
当然ワキガの人口は
90%以上がワキガというだけの国
というだけあり

日本のように大人が使える
デオドラントスプレーや

度々塗る
汗を掻くと落ちてしまうような優しい
ワキガ専用クリームだけではなく

小学校四年生くらいから使える仕様の
子供用のとても可愛い
ワキガ専用デオドラント商品
が多数あります。

アマゾンでも販売されていますから
確認できますし同じものを
利用することともできます。

アメリカやヨーロッパ国々の人々は
ワキガ体質が強く

あまりにも
ワキガの人口も多いために

国が
デオドラントケアチェックも
学校の教育に取り入れているので
毎朝昼夕方と
ワキガ対策ができているかどうかの
チェックが入ります。

家に帰ると
お風呂に入り
カラダを綺麗にしてから

就寝して
寝汗を更に沢山かき
臭いもアポクリン腺から
沢山出ているために

朝はシャワーを浴びてから
デオドラント対策をして家を出ています。

さらに香水を付けるのが
ほとんどの女性では
日課付けられています。

このように
ワキガの人口率が
海外では、かなり高いわけですが

臭いを振りまくような人は

ワキガだと言われずに
"体臭が臭い人"


学校ですぐに指摘されますので
口のエチケットも同様行われています。

口のエチケットでは
海外の方が日本よりも
意識が高く
歯がヨーロッパの人は強いのが特徴です。

日本人は歯に対する知識も
やはり遅れていて
意識も低く
実際に歯周病菌が血管に入って
全身を歯周病菌が駆け巡り

血管を傷つけ血管中に
腫瘍を作ったり
歯周病菌が血管に悪さをして
詰まらせたりする
病気が多い

のも
日本人特有です。

さらにこの
歯周病菌が体に及ぼす悪影響についても
あまり知らない
人が多いのも日本人特有です。

とはいっても
ヨーロッパ全てが
このようにマナーなどといって
毎朝昼夜と臭いケアをしている人たち
ということでもなく

ちょっとした
地方の
田舎のバスなどに乗ると

全くこういった臭いケアなどは
行われていない場合が多くて
電車やバスなどの中はかなり
臭いがきついことが実際には
多いように感じます
ワキガ対策|海外専門

ワキガの海外のオススメのデオドラント

私の知り合いに
フロリダ州のディズニーランドで
就職したくて

そういった
アミューズメントパーク
専門の学校を出て
実際現在も勤めている
日本人女性がいるのですが

やはり聴くと
文化の違いは慣れたのですが
夫の脇の臭いなどは
かなりいまだに気になるらしく

さらに
自分の子供にも遺伝してしまったらしくて

このままでは自分の鼻が持たない
いけないと
あまりにも気になってはいたので
病院へ連れていったそうなのですが

アメリカでは臭いがあること自体
普通のことらしく
逆に医師には驚かれたようで

そのときまた、日本との
ギャップを感じたようです。

その暮らしの中で知った
オススメのデオドラントスプレーが
あるみたいなのですが
知りたいでしょうか?

どれをとっても
症状が重い人や
海外のものを試したい人や

すでに
日本人でも多くの利用者数を誇る
ワキガ対策デオドラント商品ばかりで
効果も高く数日間も持ちも良いですが

そのぶん脇の皮膚への刺激も
少しだけ強い強いのだけが
問題となりますので
実際にパッチテストを行なって
肌に問題がない場合

以下デオドラント商品は
オススメできます

・サーテンドライ
量も多く大きく刺激は強め
・AHCセンシティブ
利用者数も多く人気のデオドラント商品です。
・デトランスα
2016年以降在庫切れ状態
となり販売中止となりましたが、

2017年1月31日から
販売されるようになりました。
アマゾンやオンライン
で大変人気があり好評の物です。

それぞれ特有の
特徴があり
もうすでに
日本でも販売されていて
品薄になっているものもあるほどで

安全性には特に問題はないようです。

肌に刺激が強くても
少しでも消臭力の強い
デオドラントクリームを使いたい人向けです。

ワキガに使用する時に海外の
デオドラント商品を使う時の注意点

があって

痛くなったり痒くなったりすることが
当然のごとく起こることがあります。

ですので
パッチテストが重要です。
カブれて症状が悪化すれば
利用するのは
遠慮して

肌にも優しい
国産の低刺激で落ちやすいものを
利用しましょう。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.