ワキガの人が米を有効活用したワキガ対策

米を主食とした習慣は
副食もその通り和食となり
米を含む
食生活は
健康的な食事を摂ることができます。

ワキガのために米に合う食事とは
・お魚やお味噌汁
・海藻類

などと
合わせると美味く食べやすいので

自然と日々の食生活に
お米を取り入れる
食事にするだけで

体質体臭の対策として
大きな役割を担う

体の
ビタミンやミネラルの不足が
補えるようになってきます。

ビタミンとミネラルをたくさん
普段からとっておき

たくさんゆっくりと
1時間ほど連続して運動して
汗を掻くだけでも
かなり体臭の消臭力は付くほど

ビタミンとミネラルは
ワキガの人にとってかなり
大事な栄養分となり
大事です。

すると
焼肉を食べ過ぎた次の日でも
ワキガの臭いが軽減し易い体質に
なりますから
是非日々の食生活の中に
お米を取り入れてみて

バランスのいい
特にビタミンやミネラルを意識した
和食を摂取しましょう!

ワキガ対策に米は使えるのか?

和食自体にはもともとあるのは
・海藻
・魚介類
・生野菜
・大豆

が本来の日本人の
主食でしたが

実際に
このバランスは
人間の体にとっても
とてもよく

ワキガの体質であるあなたにとっても
消臭解消のチャンスである
絶妙なバランスのとれた
食材なんです。

江戸時代ごろから

日本人は元々
胃腸が非常に強かったのですが

アメリカの食事など
時代が変化するにつれ
日本は外食を取り入れるようになり

また日本人も外食に慣れてしまい
美味しいと感じ

今現在では
さらには独身者で外食者も増え、
胃腸がどんどん
弱くなってきてしまった
とも言われてもいますから

ワキガ解消に向けた
体調管理をするなら

平日は和食だけ
しかも腹八分目でお腹いっぱいは
食べないようにして
肝臓を無理に働かせないように
毒素を血中に流さないようにしておいて

体に無駄に負荷をかけないように
無理なく行いましょう。

仮に
腹はまだ八分目だなどと

食べ過ぎて
ただただ太ってしまった場合には
それも臭いの要因ともなりますので
お腹は八分目で必ず止めておきましょう。

平日は和食ですが。。。

洋食や食べたいものを気にせず
土日だけ
食べたいものを
食べたいだけ腹八分目まで食べる

もしくは
土日のどっちかだけ
食べたいものを
食べたいだけ腹八分目まで食べる

など
背気持ち的にも
途中で諦めてしまわないように
無理なく

ワキガにも良い食生活を
長期的に心がけてやってみてください。

ワキガにもお米のとぎ汁風呂

お米のとぎ汁入りお風呂は
知っているひとは知っている
"ワキガの臭いが気になる人の
汗腺を活発にさせて元気に
してくれます。"

汗腺は鈍った汗腺を鍛えることで
皮脂が詰まりにくくなったり
余分な汗をかかなくなり必要な分だけ
分泌するようになる
とメリットがあります。

この汗腺を元気にさせてくれる
とぎ汁に含まれる

お米のワキガへの役割自体は
汗腺の汚れ自体も綺麗にしてくれるので
すべすべにかんじることができます。

特に
保湿力も高いので
皮脂が増えてくるような
40代を超えてきたあたりで
頭部から耳後ろあたりの

皮脂の分泌量の多い場所でもある
脂肪酸の表皮常在菌による脂肪酸
分解時による
加齢臭などにも

良くこのお米のとぎ汁は
汗腺を鍛えるので消臭体質へと働きかけてくれます。

ちなみに
お米のとぎ汁は
飲んだり食べても
特に影響はしませんので
お米のとぎ汁で顔を洗っても
間違って口に入れても心配ありません。

それからは
体感として僅かながらでも
確認もできるように

お風呂から出るときは
肌がツルツルであることが
分かりますね。

ですが
あくまで利用したのは
お米のとぎ汁!

お風呂から上がるときは
しっかりと頭の頭皮から足先にかけて
しっかりともう一度洗い残しのないように
全身をお湯で洗い流してから
出ましょう!

個人差は当然ですが
翌日になったら
そのツルツル感も感じられます。

玄米も内臓から汗をきれいにしてくれる?

玄米は消臭体質にはうってつけの
万能なお米です。

ビタミンEだけでなく
ミネラルや食物繊維
さらにフィチン酸が
毒素の排出を促してくれるように
してくれます。

ビタミンEはやミネラルは
消臭に。

さらに
食物繊維は

腸や肝臓の毒素分解機能をあげる
有用菌と日和菌である乳酸菌などの
善玉菌を
増やしてくれる働きがあるために
消臭体質にはうってつけとなっています。

特にフィチン酸は
人体に悪影響を及ぼす毒素である
鉛や水銀と結びつき
不溶性の塩としてしまい

野菜などにも付着しているような
体中を炎症させて固めてしまうような
活性酸素を生む原因とも知られている
農薬や化学保存料さらには食品添加なども
体外に出してくれます。

玄米に含まれる
イノシトールとフィチン酸は
抗ガンの力も確認されているほどであって。

と言うのも

・体によく腫瘍を作る要因とされる活性酸素発生対策になる。
・人工透析を行う病気の解毒作用力が高く体への結石病などを抑えようとしてくれます。
・血液中のコレステロール正常化
・体外への毒排出力

などが多く確認されます。

過去においては
玄米に含まれる
フィチン酸は
ミネラル成分と結びつき

そのまま
ミネラルとフィチン酸が
体外へ排出してしまうので

そもそもフィチン酸など
害だとも思われてはいましたが

最近では
ミネラルの分子同士の関係は
自由に解離したりしていることも
発見された事実も確実視され。

ある玄米を服用させた
実験結果事例数においては

大腸患者数を見比べた結果
玄米などをよく食べていた
国の方が

数倍も大腸ガンとなる可能性も
低くなることが
分かってもいます。

このことからも
わかるように
血液中だけでなく

玄米も
汗の質とも大きく関わり合いのある
内臓器官と血中を綺麗にしてくれる役割を大きくになっています。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.