ワキガは酸性とアルカリ性どっち?|PHでワキガ対策

ワキガの人の皮膚環境によって
ワキガ体質であっても
ワキガの臭いが悪化しやすかったり
しにくかったします。

臭いが悪化しにくいのはやはり
皮膚の状態が
弱酸性である場合です。

弱酸性であるとき
肌の上ではワキガの臭いの元である
常在菌の量もかなりの数が減るので
臭いが軽減はされるとされています。

ワキガ体質の人は
極端にいうと
・体内が酸性傾向が強く
・体外の皮膚上の臭いの根源箇所がアルカリ性

であるときなんです。

今自分の体が
アルカリ性に傾いているか
酸性であるかどうか

今後
ワキガ体質が酸性に傾くのかどうかの
チェックも必要です。

そして
どのようにして
ワキガ体質に向けて
変化していくかどうかに大きく
ワキガ対策にも影響してきます。

例えばよく起こる症状として

ストレスや体内の疲れによって
肝臓の機能が低下する症状があります。

肝臓の機能が低下すると
ワキガの臭いも悪化してきます。

それは
炭水化物の消費が必要な
脳や肩首などの筋肉が活動することで
乳酸が筋肉などへ蓄積されて
活性酸素が発生しやすくなります。

蓄積された
乳酸はそのまま同じ場所にはいないで
肝臓で二酸化炭素などに分解されます

タンパク質が分解されることによる
アンモニア
の分泌の
肝臓での消化活動も

肝臓が不健康だと
消化も遅れて来るので
体内にアンモニアと乳酸が
溜まり
臭いの原因ともなります。

アンモニア臭は目立って臭いと
体外へ出やすいので
体内の調子を整えておくことは
ワキガ対策をする上で
非常に大きな役割を担っています。

そもそも
ワキガじゃない人は
ワキガの人に比べpH自体も
全て体の維持や症状が逆となります。

どういうことかと言いますと

人間の体の中は本来弱アルカリ性で
あることが望ましいのですが

体内で
酸性が強くなってくると

体内では活性酸素が活性化され
酸素が体内を駆け巡り
いろんな分子を探し出し

体内にある臓器や気管を傷つけて
炎症を起こさせ
酸化をさせようとするので
あらゆる病気を誘発します。

よって体内の作りが
酸性に傾くことで
低下しやすくなると言えますので
ワキガの臭いが出ます。

体内のpHが
弱アルカリ性であるなら
程よく菌が存在していて
活性酸素が体内に蔓延することもなくなり
ワキガ対策のワセリンまとめ

菌や毒素を分解する役目を持つ
内臓も体内にあり
元気でいれる体内状態であることから

臭い臭いを
汗に必要以上にアンモニアの濃度を
含まずに体外に出す事も少なくなるわけです。

ワキガで酸性なら弱アルカリ性体質には習慣で変えられます

ワキガの体内を
アルカリ性の状態にすることは
食生活により
変化させて行くことはできます。

現代人は
食生活自体
ワキガ体質になる人が
増える傾向にあります。

というのも

ワキガが酸性により臭ったりするのも
動物性タンパク質の多いものとして
食べる機会が非常に
多くなってきたこともあります。

アポクリン腺の状態は
アポクリン腺から臭いが出やすく
アポクリン腺の活動も活発になり
アポクリン腺にもハリが出はじめます。

さらに体内の状況は
体内が酸性に傾きますので

特に肉類は
すぐにワキガの強い臭いへと
反映されるようです。

とはいえ

全ての全てが当然
アルカリ性食品がいいというわけでもなく
酸性の食物も必要です。

酸性のものも
体を若々しく維持させるためには
必要な働きのものが多くなっています。

酸性のものばかり食べるのではなくて
酸性の食物は美味しいものも多いので

中にアルカリ性のものを入れて
中和させてあげるなどしながら
バランスよく
食べましょうということです。

酸性をアルカリ性で中和させる
割合は

バランス的には
牛肉1キログラムに対して
梅干し10グラムで中和ができますから

牛肉と同時に
梅干し(臭いも抑えてくれ
肝臓の毒素分解を活発にしてくれる
クエン酸も豊富)を添えると

非常にバランスよく
体にも優しい
美味しく食べる事もできます。

ですが

血圧の高い人は
医師からあまり塩分の多すぎる
ものは食べないよう避けるように
勧められていると思いますから

梅酢や梅肉エキスを代わりとし
食すと良いです。

ワキガと酸性にも気をつけるだけで
汗の臭いもかなり変化します。

ワキガは生まれて来る前の
アポクリン腺量によって決まることなので

いくらお肉を食べ続けて
だらだらした生活を送っていても
食べもの自体ではアポクリン腺の量は
全く新生されたり増えないし
変わりません。

体外に関しては
弱酸性であれば
ワキガの臭いを発生させる表皮常在菌が
増えることができないために

弱酸性にしておくと良いですが

体内の体調環境が整っていない状態で
体内が酸化していれば
毒素や臭い成分を分解する臓器が弱るので

分解が追いつかなくなり
アルカリ性と臭い成分が汗となり
アポクリン腺から
強目のアルカリ性の汗が出続けると

せっかく
弱酸性にしていた皮膚が
アルカリ性となり意味もなくなるので

結局は
体内が弱アルカリ性に保っておくことが
大切で

体の表面も空気中の菌や
アルカリ性にしないように


定期的にボディーシートなどで
拭いておき出来るなら
ミョウバン水で
弱酸性にしておく必要があるんです。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.