ワキガ体質の人は耳垢で分かる|王道ワキガ判定方法

ワキガの体質であるかどうかを
判断する場所として

耳の中にある
外耳道に付着する
耳垢をとり
見ることで判断するということ自体

非常に信憑性も高い判断ができる
とされています。

由来は
・湿りやすいということ
・菌が存在するということ

ワキガの状態と同様の環境下であるので
容易にワキガの臭いを
サンプルとして
取ることができるので

ワキガであるかどうかを
判断する時に耳垢で判断するというのは
非常に理にかなっています。

耳の外耳道付近に在る
アポクリン腺の分泌によって
引き起こされる

ワキガと同等の
湿った耳垢の質感による
悪臭を感じられたらアウト

ワキガ体質や
ワキガ体質になりやすいと判断ができます。


体内の体臭が起こる原因としては
エクリン腺による汗と
アポクリン腺による汗

とが
じつは
両方とも体から悪臭を放つ力があるのですが

一般的に汗腺にも種類があって

エクリン腺からは
水が99.??%
他は尿素や塩分と微量の
アンモニアなどが分泌され
pHは酸性を示します

アポクリン腺からは
タンパク質、色素リポフスチン、
脂質、糖質、鉄分、ピルビン酸が
分泌されますが

基本的にアポクリン腺から分泌される
汗のpHについては弱アルカリ性を示します。

臭いの物質を放つ
きっかけとして存在するのが
表皮常在菌の働きとなります。

表皮常在菌にかんしては
アルカリ性環境を好み
アルカリ性環境下の物質を好んで
繁殖します。

物質を分解するときに
空気中に細かい分子
アポタンパク質として放たれるのが
ワキガの臭いとされています。

耳の中は
とくにアポクリン腺の活動が
顕著に現れる場所で

耳垢が湿っていて且つにおいが
刺激臭で在るほど

耳垢の中には狭い場所に
数多くのアポクリン腺が密集しているため

さらに
耳の穴というだけあって
穴のサイズも小さいために

耳の中の穴自体
臭いがこもりやすい特徴を持っていること
もあって

アポクリン腺が
活発な人は特に
ジトジトした耳垢となって居る
場合があります。

湿度のたまりやすい耳の中であるために
ワキガである人との耳の中の環境が
極端に違って来るわけなんです。

そもそも耳垢は
アポクリン腺から分泌される汗のみで
できたものでは無く

・耳垢腺の分泌物
・耳の中の代謝である上皮
・空気中のゴミ
・耳の中の毛
ワキガは耳垢で判断できるのか?

も存在するので

特に耳の中に侵入しやすい
虫や
ゴミなどが
耳の大事な部分でもある奥に入らないよう
な役割を

細かい耳の中の毛や耳垢が
止める役割も持っているので
耳垢がたまりやすく
且つアポクリン腺による臭いも
目立つようになるので

ワキガ体質であるかどうかを判断するときの
判断材料として
よく
耳の中の垢が
取り上げられているんです。

ワキガにも通ずる
耳垢というものは本来は
自分で耳垢取りで
取り除かなくとも良いものです。

自然と
人間の会話中や咀嚼中の
顎の動きにより

耳の外へ出るものですが

この耳垢が

ワキガであるかどうかの
選別に大きな
役割を担って居ることが

最も体の中で簡易的で且つ有力的だと
あらゆる学者にも知れ渡っていて
分かっています。

同様に

主にこの耳の中の耳垢が
湿っていることで
ワキガかどうか分かるわけですが

アポクリン腺の汗が
多く分泌されている事実があるかないかで

他の体中のアポクリン腺の存在する
箇所でも
アポクリン腺の働きも
活発であるということが
分かります。

そしてここで

体表面はとくに
不清潔にしていたり
ストレスを多く感じやすい人であると
エクリン腺の汗だけでも
悪臭を放ち

一方で
アポクリン腺もさらに
悪臭が倍増します。

そうなると
アポクリン腺が原因で
ワキガである可能性も非常に高い
ということが分かります。

人種によって耳垢の質感も湿り具合が異なる

肌の色が明らかな
白人の人や黒人の人たちの
耳の中の垢ジトジト率は異様に高い。

90%以上とも言われていて

日本人の顔のルーツとも言われる
モンゴル人の耳垢は
ワキガ体質ではない
乾燥している人が非常に多いということでも
しられています。

とはいえ

ワキガ体質
でもある
耳垢がジメジメには
人種に関係なく
誰でもなれるチャンスもあります

なぜなら
人間の体には
誰でも微量ながら
アポクリン腺があるからで

ワキガの三拍子である
・不潔
・ストレス
・大量の汗

の条件が揃えば
誰でも臭うわけですので

一概に耳垢が乾燥しているから
ワキガだとかは
じつはいえないようです。

さらに
個人個人の臭いにも
差があったりして

その中でもたまたま
皮膚が不潔な状態であったり
たまたまストレスを感じているときなどに

悪臭を出しているだけの
特に臭いのきつい人が
日本では特に
ワキガと言われているだけです。

外国だと
ワキガという言葉はなく
臭いのケアを怠っている人
常識がない人と言われるだけです。

アメリカなどのように
ワキガの人口も多い国規模となってくると

これほどまでにも、
ワキガへの考え方も
他の国の仕組みとも違くて

極端なことを言えばワキガという言葉は
日本のような
差別用語のようにはなりませんし

自分たちが臭うことを知っているために
臭いについての
外国では一般的に教育も
充分になされています。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.