ワキガの外国人は臭いケアの天才!参考ポイント

全くもって臭いケアのしていない

ワキガの外国人の体臭の人は
とてつもなく体臭が朝昼夜関係なく
臭います。

ワキガの確率
ほぼ100%を誇ると言われると
黒人さんに関しては
特に

脇から出る
アポクリン腺からの悪臭が
酷くなっています。

ワキガ体質でもおる
外人さんは
本当に臭い対策が
大変だと思います。

ワキガに外国人の方々も
なりたくて生まれてきたわけではない

ですから。

公共設備の整えられているような
地域では特に

朝昼夕型と
体臭対策をしたかどうかの
チェックをする学校まであるようです。

義務教育の中までにも
ワキガ対策が
取り入れられているみたいですが

例えば
白人や黒人など
外国人ほぼ全ての人に

共通している習慣で
生活の習慣の一部にワキガ対策が
自然と昔から
入っています。

当たり前のこととして
朝起きれば寝癖を直したり
口内ケアをするような感覚

朝はシャワーを浴びたり
昼間は脇汗を拭いて
服を着替えたりといった
ワキガ対策は行われているようです。

それは
身だしなみとして
髪が極端に乱れた時に
お化粧が崩れたから
お化粧室へ行くような感覚です。

以上のようなワキガ対策は

当たり前の習慣となっているので
充分なワキガのケアをした後でも

時間が経ってくると
再び臭いがきつくなってくる様なものなら
スグにトイレに行き
デオドラント対策をする必要は
絶対に必要になってきます。

ワキガの外国人のケア方法とは?

汗臭いことは
一般常識と捉えられている
外国でも

ワキガがコンプレックスである
外国人も実際に多い

ので

悪臭がするのは
当たり前とはいっても

外国の方も体臭がしやすい
ワキガは
ケアすること自体手間だから
といったこともあり
気にはしているので

周りが汗臭い人も比較的多いので

ワキガ対策なんてケアが面倒すぎるし
時間だけ取ることになるから

そもそも
気にしなくていいんぢゃないかとも
なりうるかもしれませんが
そういうわけではありません

体臭がしやすい人は
社会という仕組みの中で
将来的に生きていく中では
体臭の対策は必要不可欠なこととして
義務だったりするので

それも
国の人口の8割がワキガであるから

ワキガの人口が少なく
体臭対策もしっかりされているような
国に行ったら自分が恥をかくだけので

ワキガ大国では
義務として体臭による対策の習慣は
日々
行われていることなんです。

外国の一部の地域で義務教育から教えられるということ

体臭がきつくなってくる年代の

とくに
思春期に体の成長期となってくると
小学生高学年頃から
デオドラントの使用用途
から説明され

実際にワキガの外国人の得策として
ワキガ対策専用のデオドラント商品
を使って行く様に
親からも
教育を受けます。

ワキガの人口割合が多いことが
すでに知られているために
国がワキガの対策を薦めるわけですが

ワキガの人口も増えすぎているがゆえ

国自体が体臭対策の義務化をすすめるなどの
認識の違いから


外国では
わきが臭い人のことを"ワキガ"なんて言わず

わきのエチケットが全くなっていない

といった言い方や
受け取り方をします。

ワキガというような
差別の感じられるような言葉自体

国のワキガのケアによる教育にもより
作られていないんです。

ワキガの認識の違いからか

ワキガ人口が80%もあるんだったら

ワキガの手術はさぞや
受けている人が多いんだろう
と思うかもしれないのですが

実は
そこまで
外国ではワキガへの
デオドラント対策が
義務教育から推進されているために

ワキガといった差別用語もなく
国自体がワキガである事が
常識的な認識が強いところもあるために

ワキガの手術を受ける人自体は
少ないんです。

特に
人種がたくさん住んでいる
アメリカやイギリスヨーロッパでは
ワキガ臭いことは"悪"
という認知ではなく


ワキガということではなく。
"臭いケアができていない人"

という認識で受け入れられるものであって
人からかなり嫌われるというところまでは
いくものではありませんので

手術は受ける人は
居ますがじつは少ないんです。

当然そういった
脇の下が臭い体臭が臭うについての
認識の違いによって
ギャップは
引き起こされます。

当然
外国の方が日本に来ると
ワキガ臭いことへの認識の違いに驚きます。

ワキガの外国人は
母国では気にもとめていなかったのに

わきの匂いは
日本へ来ると気になるように
なってしまうようです。

日本人の特質でもある
清潔好きといった特質でもある
臭いにおいは無理といった

精神は
世界でも上位にランクインするほどです。

こういったワキガに対する日本人との
認識にやるギャップが外国人が住みにくく
帰国してしまう
原因の1つともなります。


臭いケアが上手な
ワキガの外国人のケア方法は

朝は
朝と夜は
必ずシャワーを浴びます

臭いを消してくれる商品というより
外国の場合

香水のパフュームなど
臭いが強めの
商品が良く利用されています

消すよりも<香水の匂い

の認識が高いこともわかります。

日本人と外国人の臭いについての
認知力の違いがわかります。

あらかじめ
臭いものと分かっている

わきの臭いと外国人は上手に
付き合っているということがわかります。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.