ワキガの人はランニングをするときワキガの臭いは薄まるようになるのか

ワキガの人がランニングをして

まずは
そんな単純に

ワキガの人はランニングをしたから
といって
ワキガの臭いが悪化して

臭いが
目立つようになるといったことは
起こりません。

元々
生まれた時のアポクリン腺の量や質に
そしてその時々の体調の
体質によってワキガの臭い自体度合いは
依存するものなので

ワキガの人はランニングをしたり運動量を増やしたからといって
アポクリン腺の大きさが
変わることや
アポクリン腺の量も
変わることはありません

ので
臭くなることはまず心配ありません。

とはいえ

当然

もともとワキガ体質である場合には
また違ってきたりします。

ランニングをしたことによって
汗をかいたままに放っておくと

衛生的でないために
脇の臭いが
かなりキツくなることは
容易に想像ができ、起こり得ます。

ですから

運動をすると
そのときに出た汗に関しては
皮膚上が
とくにアルカリ性に傾いているときには

菌床ともなっていますので
脇の下にある
表皮常在菌も増えますので
すぐに臭いの元となります。

また人間の誰しも
アポクリン腺を持っているわけですので
誰でも皮膚上が汚れると
多少は必ず臭いますので

アポクリン腺の状態によっては
人によっては
かなり多めの
ワキガのベタベタした分泌物を出します

ワキガじゃないとか
汗臭くないとか
そういう人もいません。

誰でも臭くなる要素は持っています。
どれだけ自分自身が
ワキガ対策を行えているのか?

が重要なキーを担っています。

ですから

ランニングをして

たくさん汗をかいた後
だからこそ

ワキガの臭いがする人に関しては
特に
ワキガのなんとも言えない臭いがする
人は
ワキガと認められています。

またワキガでない人でも
背中が臭くなったりしますが
そういうときは服が臭くなってしまっている
状態であることが多いので服を着替えたり

こまめに脇の下と
においが気になる
場所を豆に拭き取ることで

より臭わないように
過ごすことができます。

運動をすることでワキガの臭いがしなくなる

皮膚が弱酸性になると
ワキガの臭いとなる菌が
寄り付かなくなりますし

肌の状態も安定します。
皮膚上が安定するとは

皮膚上が酸性になる条件として
挙げられるのは

運動をすることにより
皮膚上の

アルカリ性の重炭酸イオンも減るので
皮膚上の汗も
酸性に成っていきます。

忘れて欲しくないのが
適度な運動をすることは
良くないということでは無く

体の代謝を上げるので

良い汗を掻くことでもあって

汗腺を鍛えることにもなりますので
体にはいいことです。

極端な話ですが
夏は扇風機だけでも
過ごすことができますし

冬はコタツだけでも
汗腺に関する機能は
元々が頑丈なわけなので

問題なく過ごすことが
できるようになります。

アポクリン腺が出るような汗は
ストレスによるものも
大半を占めていますので

不必要な汗が出やすくなる
ということにも関係していますので

ストレスを感じないようにする

体作りをするために
健康的な汗を出すように
生活の一つ一つの
習慣を癖付けることで

アポクリン腺から
ネトネトしたワキガの原因ともなる
汗が出にくい
ワキガ消臭体質への

体づくりが
重要になってきます。

逆に普段から適度な
運動をしないでいると。。。

充分な心臓のポンプ機能を
活用しきれていない
ということともなりえます
ですので

体中の隅々にまで
血流が充分に行き渡らないために

血中にある栄養素から酸素まで
体中に満遍なく行き渡らずに
特に目立たない体の隅々中に老廃物が溜まっていきます。

さらに
アポクリン腺から出る汗腺の手前にある
導管部でも乳酸やアンモニア成分も

溜まりやすくなり

導管部までの道筋の
血管内でも
乳酸が溜まってしまうことが
起こり得るので

ワキガの臭いは
脂肪酸とたんぱく質とが
繋がり合っているために
その成分自体が
表皮常在菌にて分解されることで

アポ蛋白ともなり
空気中に放たれることでという

細菌が
体から分泌された成分を

食べてから臭う

という一連の流れが
行われることで
発生するものですので

少し汗をかいただけでも
正直かなりキツイ臭いを出します。

ですので
特にワキガの人に関しては

運動をするといっても
注意しておかなければならないこと
が出てくるわけです。

運動するときに注意すること
・深くゆったりと深く息を吸って吐けるほどの余裕を持てる運動と呼吸ができるようにして運動することで体に負荷をかけすぎないように注意する。
・できれば、ランニングではなく体への負荷も少ないウォーキングや水泳などがオススメです。登山よりもハイキング、と言った適度な運動量が理想。
・20分間は運動し続けるようにしてください。
皮脂腺を開くのではなく
血液中の老廃物や
体中の隅々に詰まっている

体中に周り切っていない
栄養を行き渡らせ

あらゆる臭いの原因をも
体外へ排泄させてくれます。

エネルギー供給量の
体の消費質による
順番的にも

脂肪酸が燃焼するまでには
ブドウ糖が燃焼するので

多少
時間がかかるので

余分な体内に潜む
物質を
燃焼させたかったら

おおよそ
20分は継続できる動きを続けることで
燃焼できることもわかっています。
個人差はありますから
プラスマイナス10分で見て調整しながら
運動量を調整して見ましょう。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.