ワキガのフェロモン臭は、取り除いておくべき!

ワキガのルーツにフェロモン臭がアリ!
はるか昔から人間の体は
ワキガの汗臭さによって
人間は

生命を守ったりと
多くの役割を果たして来ました。

当然

哺乳類の動物は
体の各部位にある
アポクリン腺があり

アポクリン腺から
キツイ臭いのする
成分の含まれる汗の液
が体表面に出てきます

アポクリン腺から
出てきた汗の液は
自然界にもいる菌により媒介され
空気に放たれることで

よりかなり離れた距離からも
気づくほどの臭いへと変化します
これがワキガの臭いとなります。

このアポクリン腺から放たれる
汗の臭いが
人間がまだ動物のような体型の時は
フェロモンと言われるものでした。

このフェロモンに関してなのですが
じつは

現代の人間の体内ではまだ
発見されては
いないものなのです。


人間が誕生した当初は
時代にはフェロモンが
存在していたとされています。

このフェロモンの力によって

動物同士が
引き寄せあったり

お互いに
さまざまな
動物同士の居場所の変化にも
気づくことができたりしたわけで

・自分たちのエリアであることを
知るためのサイン
・子孫を残すために必要なオスとメスが
繁殖するための引き寄せアイテム

の役割があります

数十メートル離れた距離からも
分かるような悪臭は

本来の人間の行動や役割を果たすために
哺乳類の中でも人間の場合は
アポクリン腺は
非常に発達していたようです

ワキガのフェロモン臭とは?

今2020年近くの年なったときに

果たしてこの
臭いのきつさが必要かどうか
に疑問を持つようになってきます。

とはいっても、
いまの時代は

あまりにもワキや
アポクリン腺の付いている場所からの
悪臭が

それぞれ
異性を寄せ付けたり
赤ん坊に乳首の位置を教えるための
意味をなしていた過去があったとしても

ただ臭いだけで
何の役にも立ちません。

ワキが
臭うようになってくると
それは周囲の人にとって

非常に
迷惑な臭いへ
と変化していきます。

現代は手術で
・アポクリン腺を抑え
・アポクリン腺を散らす方法
・剥がし取って吸い取る方法
・焼く方法

といった方法が
主流となっていますが

しかも
手術をすると
即効性も高く
人気もあるので

ワキガ手術実績の多い病院ともなると
かなりの女性が受けに来ているようです。

アポクリン腺も
人間が誕生した時の
アポクリン腺の臭いと比較して

今や
人間の進化により
ごく一部にしかアポクリン腺も
存在していませんし

むしろ
日本人は

アメリカのように
ワキガの臭いに
義務教育でワキガ対策が行われてきて
いい意味で寛大でいるようではなく

体臭を気にするようになるあまりに
体臭=悪

といったことになっているので

臭いは
一切受け付けないような
鼻になってしまったり
雰囲気的にも
かなりダメとなっています。

臭いが開くというイメージとなってきたのは
多少は

コンプライアンスがうるさくなってきた
世の中になってきたから
といったことも
影響してきているのもありますが

TVCMでさえ
消臭商品がバカ売れするなど
アポクリン腺の臭いは排除される一方の
時代となっています。

ワキガ臭の昆虫のいい例

カブトムシの尿や糞
そして
毛の生えている毛穴からの分泌物
の混ざった
虫かごの中には

昆虫にはワキガという言葉はありませんが
あきらかな
フェロモンの臭いがムンムン臭います。

とくにカブトムシのメスは
オスを引きつけるために
人間でいうワキガの
フェロモンの臭いがきついことで
知られています。

カブトムシがいい例です。

カブトムシを買ったことがある
方は多いと思いますが

あのカブトムシは
毛が生えていて
体中のあらゆる部分から
フェロモンがたくさん出ているんです

成虫になり
卵を産んでも大丈夫な体に成長すると
爆発的にメスの持つフェロモンを出し始め

オスたちをどんどん引き寄せ
どんどん交尾をします。

このメスが多くのフェロモンを出している
時期に虫かごを嗅ぐと
鼻にツーンとするどこか苦味のある
独特のにおいがします

あの中に昆虫の独特の臭いの
フェロモンが入っています。

異性に好かれるためのフェロモンの臭いとはどんな臭いなの?

男性も女性も
外を歩く時意識せず様々な臭いを
嗅いでいる訳ですが

異性に引き寄せられる匂いとは いうものが
実はあります。。

自分と同じ匂いをする人よりも
全く異なる匂いをする
異性を好む傾向があります。

遺伝子が
自分の遺伝子と
異なる遺伝子同士で結びつこうとする
という本能があるため

"自分の持つ遺伝子の匂いとは
全く別の匂いのものに惹きつけられ
好意を寄せやすい"

といった
傾向があるようです。

ですので
その理由としては

人間は親類などの身内の家族と子供を作ると
未熟児かまたは異形児が
産まれやすくなることは
知られています。

このことからも分かるように
自分とは全く異なる人物を
無意識のうちに選ぶようになっています。

子供を産む側の女性は
特に顕著にこういった
全く自分とは
異なる遺伝子を選ぶ傾向が
強く現れています。

以上のように

ワキガのフェロモンによる
それぞれ臭いにも
多様な意味を持っていて
活躍をしています。

今まで意味をなして来た
体の悪臭は
人間が進化してきた

末の結果に
ワキガ体質にはワキガ対策をして
ワキガ消臭体質にする。

という一見人間の体の臭いに逆らって入る
習慣がありますので

ワキガの
進化の時代背景の中で

今からワキガ対策をどうしていくかを
考えてみると

少しは
ワキガ対策自体
楽しく行えるんでないかなと
おもいます。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.