ワキガにはいくつかの膿が原因の時がある

ワキガと膿による臭いと
症状自体は全く別物と
区別されます。


脇の下にできた膿に関しては
膿は膿という症状


膿ができた原因もありますので
ワキガの症状とは異なるので
膿は膿です。

ですが

膿がワキガを誘発するとなると

膿もワキガの一部として
扱うことはできますが
その症状は
一時的なものでしかありません。

そもそも
膿が原因によるものは
大抵は皮膚上にできた、良性腫瘍でもあり
別名アテローム(粉瘤)ともいいます。

良性による膿も
明らかに化膿してしまうことにより

皮脂など他
膿独特の菌が元々臭いの気になる場所で
増殖すると

プロピリオバクテリウムなど
様々な菌が居て
脳の中で増えることで

明らかに皮膚が腐った臭いが
するように変化していきます。

そうやって
脇な膿が出来て悪臭としても
臭うことがある訳で

その姿も
大きなしこりのようなものとなり
現れることで

皮膚の下に
菌が蔓延していてポッコリと大きく
蚊に刺されたような形をしていて

この膿自体は
時間が経つと中心部がカサブタのように
免疫液が固まった状態になります。

一般的には
アテローム(粉瘤)ができる場所は
お尻、耳うしろ周囲、背中、足や腕に
なることが多いようです。

アテロームにおいては
様々な大きさのものもあり
大中小様々となっています。

アテロームに似る症状としては
形自身にきびとよく似ているために

症状が悪化したニキビと
間違いやすく
表皮腫瘍とも見分けがつかないほど
似ているために間違えることがありますが

見分け方もあります。

数日経っても
表皮に出てきた
腫れ物の症状自体が
良くなってこない場合は

絶対に
病院で診てもらうか
症状が悪化してしまっているなら
最悪手術する必要が出てきます。

症状が非常に酷くなり
アテローム(粉瘤)の場合には

腫瘍が
悪化していなかったら

膨らんだ部分を切り
中の膿を全て出し切ってから
表面に残っている皮膚も綺麗に取り除いて

しっかりと消毒します。

中の膿を取り除いた皮膚表面が
実際に
化膿していないかを目視により確認を実施し
手術自体は終了します。

手術を終了した後も
アテローム(粉瘤)の取り除いた
部分の扱いにも充分に注意しながらも
経過を見ていく必要があります

抗生物質などを医師から処方されるのですが

あまり触らないで
衛生的にして居ないと
アテローム(粉瘤)の場合には
最悪再発する恐れもあり

仕事をしている人なら
また会社に有給の手続きを
しなければならなくなります。

さらに
お金もかかりますし
また手術するとなると
体にも負担が掛かりますので

アテローム(粉瘤)の手術の後は
大人しくして

医師の言うことを素直に
聴きながら
アテローム(粉瘤)の手術痕が
綺麗になくなろうかと言う状態までは

ケアし続けましょう!

手術方法も
アテローム(粉瘤)の膿の

症状が悪化した場合の
かなりの大きさのものに進行がすると
抗生物質内服薬を処方されることに
なります。

体に現れた皮膚が化膿した部分の
症状が良くなるまで
週に一度ほど病院に通院し

医師からのさらに経過を見た上での
的確な時期に
摘出手術をしていくこととなります。

アテローム(粉瘤)の
手術とは言えど

保険適用の
立派な手術対象症状の条件となるので
保険も当然適用されますから
症状によっても変動しますが

おおよそ手術代に関しても
1万円前後で収まります。

中にはアテローム(粉瘤)の処理は
病院や医師のところまでいかなくとも
自分でやれるのではないか?

と市販の適当な布を縫う裁縫専用の
針の先を
アルコール消毒もしくは
高熱で滅菌して

蚊に刺された部分を
掻きすぎて
腫れ物になった時と
同じ扱いによる

化膿したアテローム(粉瘤)の
化膿液の溜まった袋に
穴を開けたりして破壊し

取り除こうとする人が
いますが

中から飛び散る液は
決して衛生的ではなく

周囲の皮膚に付着して
再発する可能性もないわけでは
ありませんので

アテローム(粉瘤)を取り除く場合には
決して
自分でやろうと思わず

アテローム(粉瘤)の摘出手術は
医者に診てもらったほうが
よっぽど正であってリスクも低く
楽に摘出でき
症状も早く解消されます。

注意点としてはやはり
アテロームの手術後のアフターケアは
医師のいう通りにしましょう。

そして

自分で家でアテローム(粉瘤)の
患部は良くなって来る程に
保湿をしっかりするということが
大切であって

元々
毛穴も炎症して居た場所なので

アテローム(粉瘤)であった場所が
医師の通りに収まってきて

痛みがかゆみとなってきたら

今度は肌への保湿段階です。
保湿をすると言うことは
肌の質感に近い状態の
化粧水を利用することが大切になるため

ワキガに膿が関わると?
化学成分の使われていないものは
当然のこと

天然成分の化粧水を利用して
触って痛みやかゆみが
おさまるまでは処置し続けましょう。

さらに傷も程よく収まっていると思いますので
さらに乳液もしっかり付けましょう。

すると
半年も経って来る頃には
アテローム(粉瘤)が在った場所かな?

と言った程度までは
後は皮膚上に残るものの

後は
アテローム(粉瘤)の在った場所は
感想が酷かったりする場所でない限りは
化粧水や乳液のケアは
ほとんど必要がなくなります。

衣装の過程を踏みながら
アテローム(粉瘤)の対策を
ゆっくりと手術後は
半年間ほど設けてケアをすると

アテローム(粉瘤)を作り
炎症を起こした
肌は綺麗で清潔な状態に
元に戻っていることかと思います。

あとは
他の皮膚の場所もそうですが

元々関係のない皮膚の肌自体は
自分がよく気にする皮膚の場所や
くせで触ってしまう皮膚の場所は
炎症が起こりやすいとされて居ますから

アテローム(粉瘤)のような膿が
ワキガのような臭いの
気になる部分に
出てこないように
あまり触らないことで手などで

ワキガ付近の膿の出現
対策ができます。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.