ワキガは女性ホルモンと生理と深い関わり合いがある

女性ホルモンと一言で言っても
分かりづらいのですが
主に女性ホルモンは
エストロゲンのことを指します。


ワキガのタイミングは
生理の時期とエストロゲンにも
関係していて

エストロゲンは
体の活性酸素を低下してくれます。

活性酸素は体をむしばむ
あらゆる場所を
炎症させる要因となります。

となると
悪性や良性の腫瘍となるので
活性酸素を減らす役割がなくなるので
困るというのです。

生理が不順となると
当然卵巣を取り囲む殻からエストロゲンは
分泌されているのですが

生理不順だと
女性ホルモンを分泌する
卵巣機能の低下の
女性ホルモン不足になります。

エストロゲンの減少対策
・睡眠
体の細胞が回復するほどの
睡眠時間を取ることが必要で
1日6時間から7時間は最低摂るべきで。
最悪でも5時間は寝ていないと
人間の体や脳の疲れは回復せず
翌日までリラックスした状態で
過ごすことができず
作業効率が下がります。
・ストレス
ストレスを浴びる生活に身を置くことによって
活性酸素濃度が濃くなりますから
ワキガ体質になります。
・栄養
ミネラルや食物繊維と水分
そしてビタミンなどの栄養分を多く摂り
よく汗をかくことを日課にするだけで
半年もすると
体調もかなりワキガ体質から
ワキガ消臭体質へと向かいます。
・血流
血中の中に
毒素が入らなければいいだけの話なのですが
なかなかそうはいかなかったりしますが
毒素分解を機能する肝臓と腸を
全開なまでに元気にしてあげることで
可能になります。
その方法とは。
・加齢
年齢を重ねるにつれて
二十代が最もエストロゲンの分泌量が多く
30代から低下する一方となり
閉経へと向かう
五十代へとなると
エストロゲンの分泌は無くなります。

ほかに
ワキガの臭いが整理中にキツイ時に出来ることは

エストロゲンに似た分子構造の食べ物大豆を取る
事ぐらいです。

以上を充分に
解消していけば
エストロゲンは順調に
分泌されるようになりやすくなりますから

あとは卵巣からの
エストロゲン分泌を待つまでです。

ちょっとしたことで
エストロゲンが
分泌されなくなったりとしたら

男性よりも複雑な体構造の女性は
男性よりも女性の方が
ワキガになりやすい比率も高いことで
知られているわけなんですが

その原因としては

"子供を安全に健康に産むために"

大事な体の準備をしている女性だからこそ
起こりうる現象が
周期的にやってくるからです。

動物的人間的ワキガの役割

人間は猿に近い頃で合った時代では
脇の圧倒的な臭いは
フェロモンとして
数々の役目を持ち

・お母さんのいる位置
・おっぱいの位置
・陰部のアポクリン腺では、
オスを惹きつけるためのもの

などと
家族を
母親としての役割
としても守れるように

ワキガと生理の重なる時期でもある
自分の産む子供に対しても

意味ある臭いとして役割を
果たしてきました。

その臭いも
かなり離れた距離からでも分かるほどの
臭いで合ったことも有名です。

ワキガと生理の関係まとめ

ですが

現代でもそのような
人間を引きつけるような
フェロモンが出ているというのは

実はまだ
発見されていなかったりするわけで

あまりにも臭う臭いも
嫌われるだけで
しっかりとケアをされるようになり

どちらかというと現代では
臭いによるフェロモンというわけではなく

"視界的に異性を惹きつけるフェロモン"


現代も未来も主流となりつつあります。
〈肌の露出による異性を惹きつける力〉

その名残でか

女性の場合も
生理が来たり
生理が来る前や子作りをする周期でもある
排卵期などにも

自然に動物的に
アポクリン腺から
臭うことが多くなります。

これは決して
おかしな事ではなくて

必要な事で
必然的に
子供を作るための女性ホルモンの変化と
体内の臓器などにも影響し

体調がすぐれなかったり
ストレスが加わると
アポクリン腺も活発になるのは
当然の結果なんです。

もともとワキガでない人でも
体調が乱れることで
体内を毒素が駆け巡りやすくなるのも
当然で
臭いがキツくなることもあります。

特に妊娠した当時
主につわりや
生理中などは
臭いにもかなり機敏になりますので
ワキガの臭いにも敏感になります。

ホルモンの量だけではなく
自律神経系も生理中は乱れに乱れるので
精神的にもストレスがかかり

若年性更年期障害のように
生理がひどい女性の場合だと
汗がたくさん出ることもあります

このタイミングで
アポクリン腺から汗が沢山出ると
ワキガの臭いが出て来るわけです。

また
男性の場合にも

男性ホルモン量が大きく変わる時は
アンドロスタテロンや
アンデロステロール
といった男性ホルモンの特質がありますので

体内の臓器も
男性ホルモンの分泌や崩れることに
影響されるので

体内に
活性酸素が増えやすくなり
体内に毒素が
蔓延して

血液から汗へと
気化されることにより
さらにワキガの臭いも混ざり

嗅げるような臭いでない
キツイ臭いを出します。

結局は
女性の生理のときにワキガが臭うのは
生理の時の女性ホルモン(卵巣の変化)に
より
活性酸素が増えやすくなる

からなので

活性酸素が増える体質に
ほかの臓器が影響されて
汗から毒素の臭いが正常よりも増す
ということなんです。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.