チチガデオドラント専門|チチガの授乳者へ!公式対策まとめ

【チチガデオドラントを利用して】すぐできる方法

チチガの対策

デオドラントの選ぶポイント

気になる臭いを消すときのデオドラントスプレーの長所とは?

チチガの味

デオドラント商品

汗【制汗剤】と雑菌【抗菌剤】を基本的になくしてくれようとしてくれます。

 

金属などが

  • パラフェノールスルホン酸亜鉛
  • クロルヒドロキシアルミニウム

が含まれていて

 

体から出る汗を固くし汗腺を封鎖することで汗の量を減らしたり

抗菌剤は雑菌の増量を減らす対策に便利です

  • イソプロピルフェノール
  • パラペン
  • トリクロサン

ほか多数あります
がデオドラントは充分すぎる働きがありますが

 

よりチチガ対策への働きを多くするために
汗【制汗剤】と雑菌【抗菌剤】を混ぜたものをスプレー方式として販売しています。

 

チチガの味

強めのチチガの人のチチガ対策

スプレー式だと銀イオンの入っているものもいいのですが
特に汗が気にならないなら
他のクリームタイプやスティックタイプなどもよいです。

 

塩化ベンザルコニウムと言う殺菌が認められたもののはいったデオドラント製品などはオススメです。

 

  • 中程度のチチガ対策は

ウェットシートなどで軽く拭いたり、比較的植物性である軽めのデオドラントスプレーを使うといいです

 

  • そもそもチチガでないのなら

何もしないか
気になるならシートで軽く拭くなどすれば充分です。

 

気をつけておくべき点は
強めのチチガの人のあなたです
脇に常に存在する常在菌であるジフテロイド菌
は一度殺菌作用の認められた成分で滅菌を行なったとしても

さらに復活して増殖してしまいます。
チチガのデオドラントでまたさらに一時的な悪臭を抑え働きかけるものとして

塗ってニオイを閉じ込めるようにして
してくれるものがあります、

 

デメリットとしては
塗りすぎてかえって乾燥しやすくなる、かぶれや炎症しやすい、

おいても商品の種類もかなりの組み合わせがあります

リップ、化粧水、パウダー式で売っていて市販のものだというだけあり
副作用に関してもほぼなしといっても過言でないくらいに抑えられ
利用しやすくなっています。

ニオイだけに自分では気付きにくい部分が大きいので
じっさいに塗ってみて身内に聞きやすい人にニオイの具合など聞いてみるのが1番いいです。

チチガの味衣類消臭法とは?

チチガの味

2つに分かれます

  • イオンダッシュ
  • イオンクリア

まずは体が臭う原因を脅かす

  • アルカリ性であるアンモニア
  • 酸性であるイソ吉草酸

の存在がとても重要になってきます。

小学校からもよく習うことが多い
酸性〜中性〜アルカリ性
を利用した消臭方法が
【イオンクリア】
【イオンダッシュ】
という方法です。

チチガの味にも相関関係、必要なpHってなに?

チチガの味

チチガが治る為に必要なニオイの性質や特質というのも

アルカリ性には酸性
酸性にはアルカリ性
を混ぜることでニオイがとそれぞれ持つ性質が中和します

対して
ニオイにはマイナスとプラスの部分があり
それらが
また混じ終わると
さらに
中和されニオイを減らす働きがあります。

実際には
性質の強いプラスの原子
性質の強いマイナスの原子

を直接服にスプレーで付けて
着れば

完全にニオイが発生しにくい衣類消臭法の完成です。

  • 【イオンクリア】とは

マイナスとプラスとで覆われている
ミネラルのイオン塩を程よく含有しているるものです

これを服の細い繊維に染み込ませるように
完全に付着させ消臭への働き長持ちになったもの

  • 【イオンダッシュ】とは

よく市販でも販売されている汗消臭スプレーに含有されている
最大限に重ねたイオンポリマーを服にスプレー

グルコースを中心として
その付近に

  • カルボキシル基
  • アミノ基性を持つ活性イオン分子
  • スルホン基

をもっとも消臭に働きかけるように含有させた
ものとなります。

この2つに分かれたものが
制汗剤として活躍しています。

またネットからもお手軽に購入できるのもそうなのですが

簡単に使えるといった大きなメリットもあるため
さまざまなかたちで利用されています。

チチガが治るまでに実際にやってよかったこと

チチガの味

その中でももっとも大きくチチガが治る方向へ働きかけてくれる方法というのが

  • 夜寝る前に翌日の服に吹きかけるということ
  • 自分の寝具にも清潔にしてスプレーすること

チチガへ気になるのだから直接当たる服の胸全体に向けてだけピンポイントに
吹きかけるだけでOKです。

スポーツする時の服のにおいが気になったり暑い日の白いシャツのにおいが気になる体操着などのときは
全体に汗を掻くので
服全体にかけるといい働きをしてくれます。

これはとても
いいもので
デオドラントスプレーを直接肌にかけるということは実は
肌への負担がすごくかかる場合が多く

服にかけると負担がほぼ無くなってしまうので
チチガの人へはオススメです。

チチガの人が治るようにかけるべき箇所も

また汗だけではなく
足の裏
胸や首元などによく発生する、加齢臭
デリケートゾーンならパンツ
チチガの人ならブラジャー
にかけるのがとても便利です

チチガが治るまでにいまから出来ること

チチガの味

肌に直接つけるタイプと服に直接つけるデオドラントスプレーの併用

気づいている方もいるかと思いますが

肌が弱かったりするアトピー性が強ければ
直接肌につけるなんてもってのほかで悪化してしまいます

ですのでそういった場合には服に付けるようにしたり
臨機応変にあった使い方をすれば自身も戻り
今まで不安だったチチガの
悩みも解消されるはずです。

じつは
使い分けでかなり
ニオイは軽減されることには違いはありません
当然ですが科学的にも
アンケート的にも証明された方法なので

信頼性は高いです。

しかし
いずれにせよ清潔にしていなかった場合には
黄色ブドウ球菌やチチガのにおいとなる細菌が増えていってしまい

ニオイも目立ってくることには変わりありませんので
ご注意ください。

【チチガケア対策】あるお酢をそのままお風呂へ入れる方法

チチガの対策

といえども体の芯を温める目的として利用されることが多く
寒い地域では今でも通じている方法です。
体の悪臭を抑えることを促すとされています。

実際に乳首付近のチチガやワキガのようなスソガの臭いを軽減させる働きを持っています。

入れる酢もリンゴ酢などが女性に好まれますが主に黒酢、天然の醸造酢が利用されることが多いです。

【チチガ対策】でおすすめのパンダも大好き笹の葉風呂

チチガの対策

笹の葉のお風呂は今でも色濃く残る入浴法でもあります。
とくに農家や漁師などによく利用
されますので汗をよく書いた仕事の後に利用すると
ワキガやスソガの臭いもスッキリで海や山仕事を終えて
体が蒸れた部分によくて
蒸れて湿疹になったり水虫になったりすると

この笹に含まれる多糖類や葉緑素成分が濃い目に入っているので
お風呂に入れると落ち着きます。

【チチガ対策】酵素風呂

チチガの対策
言わずと知れた酵素

普段ストレスをよく抱えると言う自覚症状のある人はとくにこの酵素風呂がいいです
体の表面部分にある

乳輪周辺に眠る汚れや脂質を落としてくれさらに
血の流れを促してくれますよ
森林浴なるものもじつは酵素のような葉緑素が関係しています

【チチガ対策】オリーブ入りのバスタイム

チチガの対策

オリーブ自体は日本ではあまりチチガなどニオイについて利用されてはいませんでしたが

地中海近辺でよくとれ利用されていたため
そういった入浴方法を日本人が真似たといった様子です
地中海近辺は非常に乾燥する地域としても有名で乾燥しすぎているので
オリーブのような天然の脂はとくに乾燥肌でニオイの木になる人には葉緑素による消臭と天然脂による潤いを促します。

【チチガ対策】マコモによるバスタイム

チチガの対策

昔からよく畑に群として現れるあの草のようなイネの草です

じつはこの草の茎部に寄生している菌を利用したものでその名も黒穂菌と呼びます
この菌の好物となるのが人間の皮膚に溜まるよごれ古くなった脂質やニオイの原因ともなる菌などの垢などです

なので近所によく生えていたりするので見分けのつく人なんかはニオイに関しても抑えるように促してくれるのでオススメです。

もしくはお野菜としてスーパーでも食料野菜として販売していますので
スーパーで見てマコモの皮部分だけるのもアリです

また粒子状でも販売しているために汚れが気になる人は粒子状のものがいいと思います

チチガなどの臭いに働きかけます。

大きな特徴として
水に入れると黒色に変化します

食料品としてのマコモの粉末は溶かして飲むことで体がポカポカさせる新陳代謝を促進させてくれます。

以上の入浴方法自体じつは全て
皮膚に詰まったニオイの原因となる古い角質をお湯で浮いているところを綺麗に取り除くのに適した
方法です。

この入浴方法自体
お湯にゆったり浸かり
しっかり優しくお湯で流すことが大切です。

【チチガ対策】お酢のお風呂

チチガの対策
リンゴ酢でも黒酢でも醸造酢でもなんの酢でもいいのですが
入れる量は大体お風呂にコップ半分分の量を入れて
入浴することでお酢のお風呂の出来上がりです

お風呂自体の気になるニオイも酸っぱいニオイなのでは?と気になる方もいるかと思いますが

実際に作ってみると分かるのですが
お湯とでかなり薄まっているために実際のところあっさりしたニオイですので
気にならないにおいになります。

このお酢自体にはクエン酸が多く含まれているということなので肌自体を弱酸性に保つため悪い菌を増えない環境となるため
体中の循環エネルギーも上昇し
ポカポカになります

ダイレクトにニオイの元へ働きかけてくれます。
さらにクエン酸を体へ浸透させたりするものとして

塩を大さじ一杯いれることで
皮膚がふやけて汗腺が閉じることを抑える
肌への浸透力をあげてくれます。
ですが注意点としては
毛穴が開いた状態が続くという状況となりますので汗腺から汗がよく出てきますから注意ください

お酢の気になるにおいに関しましても、お風呂から出る前に一度シャワーで体全体をよく流してから出ればすぐ消えます。

大体ですが
このお酢風呂自体
一月も続ければ充分なほどににおいがとれます。

チチガの対策
チチガはかなり個人的な問題で
なかには相談もできないほど悩んでいる人もいるほどの問題でもあるので
悩みのない生活を送るために

汗のかきやすい夏だけでなく冬でも
普段の生活習慣から気をつけてみてください。

関連記事
チチガの原因は乳輪か?|チチガの授乳者へ!公式対策まとめ
チチガの症状とは?|チチガの授乳者へ!公式対策まとめ
チチガチェックのQ&A|チチガの授乳者へ!公式対策まとめ
ワキガde漢方治療専門|チチガの授乳者へ!公式対策まとめ

コチラの関連記事も!
チチガ治療総まとめ|チチガの授乳者へ!公式対策まとめ

チチガの授乳者へ!公式対策まとめ|TOP

更新日:

Copyright© チチガの授乳者へ!公式対策まとめ , 2017 AllRights Reserved.