チチガの男対策専門|チチガの授乳者へ!公式対策まとめ

足が臭い男専門Q&A|チチガの授乳者へ!公式対策まとめ

ワキガの部下対策専門|チチガの授乳者へ!公式対策まとめ

頭皮が臭い男専門|チチガの授乳者へ!公式対策まとめ

口臭の男対策専門|チチガの授乳者へ!公式対策まとめ

体臭の善玉菌治療専門|チチガの授乳者へ!公式対策まとめ

チチガとなる男の原因とは?【男版ワキガの乳首】の原因!

アポクリン腺の分泌を

 

上げるということ自体
男性の場合、チチガを促進させるような習慣が最たる要因となっています。

 

なによりチチガの男性が行う対策も、アポクリン腺からの分泌量を抑えることから始まるわけで
男性のチチガも体の臓器血管がとても重要相関関係の高いものとなってきます。

 

比較的女性より
1日のカロリー摂取量の高さ
付き合いの場でのお酒の量などが多いのも

男性にチチガやワキガの人口が多いことが原因です。

 

ほか大事な事項をまとめますので
1度臭いが気になって仕方ないという人は特に
目を通すだけでもためになると思いますので

参考にして下さい。

 

血が臭いものへとなると
体臭の原因へとなるというんです。

 

血管に流れる血には
もともとナトリウム、乳酸、アンモニア、重炭素、脂肪酸、尿素

があります。

 

まずチチガの原因として
ニオイ成分のバランスが崩れることでニオイのきつい血が出てきます
それがわかると
チチガの臭いも抑えることは可能となってくるはずです。
以下から分かるようチェックしていく必要もあります

肝臓腸環境機能の低下

チチガは男もと表現

低下するとなると
それぞれの臓器
実際には
肝臓と腸の中ではさまざまな物質の行き交いがされています

 

それは、ビリルビンが
肝臓にたどり着くとウロビリノゲン
となって
肝臓にある
胆汁と一緒になって再びそのまま腸内へ出てきます。

 

その中の少量を腸内が
吸い取り門脈と言われる

腸内から便となって外へ出ますが
静脈の集まる膵臓、脾臓、胃、腸、から
ふたたび栄養を肝臓へ流し

またビリルビンに混じりふたたび腸からおなじ動きが繰り返されます

 

じつは
このように
肝臓→腸→静脈→肝臓
という動きをしているのは
ビリルビンだけでなく

ニオイの原因の悪玉菌が増えると
ニオイの物質インドールやアミン、アンモニアも
同様の動きをしています。

 

どのような動きかとと言いますと
腸管内細菌でのニオイ物質は
便から外へ出されるわけですが
全てが出されるわけではなく

一部に限っては
静脈→回腸→門脈→肝臓ニオイ物質を分解化し他の成分と交わせることで無臭化→腸→便or尿→便or尿となり得なかったものはふたたび静脈にいきわたります。

繰り返し。
チチガとは言え男も

以上のように常に肝臓の働きが順調に正常な動きをしているのであれば
汗が臭くなるということは起こらないわけで

このように体のどこからかなぜか臭い臭いが出ているといった時には
このどこかの働きがおかしくなっていることが考えられるわけです。

だいじになってくるところで

ニオイの元が多く出てしまうと
肝臓でその処理が追いつかず
さらに追いつかない原因も体への負担が大きかったならさらに
肝臓の働きも遅くなるので

さらに肝臓での処理が遅くなります
さらにそうなってくると
腸へも多くのニオイの元の菌の処理が遅れ
ると
全てそのまま血液の中へ運ばれてしまうのです

こう肝臓と腸の働きが悪くなると
くさい汗となり
口臭の悪臭の原因
となるので
一般的に体臭が臭くきついニオイとなります。

この一連がチチガの原因の一部となるものです。

チチガと男の関係

チチガの治療がさらに必要に、肝臓の悪いときに悪玉菌の好物をとると危険

チチガも男も気にする時代

しかもこんな時に
悪玉菌の餌を多く含む
肉や魚やお酒を大量に食べたり飲むと

とくに
肝臓→腸→で処理しきれないでいるままなので悪臭全開となります。

分かりやすく言うと
体がくさいと感じたら
大体は
肝臓もしくは腸の調子が下がっていることがわかります。

チチガの男必見!【ワキガの乳首】臭い対策方法とは?

チチガの治療
服が黄色になってしまうと
チチガとなってしまうことになりかねません
また、ボディーシャンプーの洗い残しなども原因となります
きちんと体汚れが落ちるものかどうかも重要です。

こういったいくつもの条件が揃ってより
チチガのニオイを最小限に抑え
チチガのニオイを抑えて行くことも大切になってきます。

ボディーシャンプーのようないいニオイがするからといって
洗い流すのが弱くなってしまうと

あとあとニオイの元となりえますすから
体を洗うときの洗剤などはよく
洗い流すのが鉄則です。

チチガの治療

ですので
外側からのケア
例えば
デオドラントスプレーやクリームを一生懸命使ったり
石鹸でゴシゴシ洗っても全く体のニオイが消えないのは

こういった体の中の一連の流れが
繋がっていないから
ずっと良くならないわけなんです。

腸と肝臓の調子を正常な状態へ戻さなければ最悪香水などで誤魔化そうとしても毎回ニオイが止まらないので意味がそもそもはないわけです。

チチガの男性が実際にやって治療効果のあったデオドラントとは?

簡易的にチチガの匂いも落としていくそんな方法があります
チチガで授乳

どうしても気になるニオイの部分
に直接働きかけるものなので
悩み深い人は是非一度お試しください!

用意するものはまず
500mlのリンゴ酢に
ミョウバン60グラム
塩小さじ一杯重曹などでもOK
レモン汁レモン1個か2個分

特に自分がニオイがきついと感じる場合にはリンゴひと切れを丸ごと入れます。

を入れて500mlのビンを振って
昼間一日中置いておけばもとは出来上がります。消費期限は作ったその日から2ヶ月です。
リンゴをひと切れ入れた場合には消費期限は2週間です。

この液体を
いらなくなった布類なんでも構いません
できれば綿100パーセントなどに少量染み込ませ

チチガの部分へお風呂で温まった後にそのまま気になる部位に10分ほど貼り付けます。

そのまま外して
翌朝までに洗い流さずに
朝になったら洗い流すか

温かいお湯で染み込ませた布でサッと拭きます。

こうすることで
寝ている間に
酸化対策としてレモン汁
お酢の力で殺菌、汗を抑える働き
塩または重曹の力で肌への浸透力を上げる役割もあるために他のレモン汁、お酢の力、ミョウバンの成分を向上させることがあります。
ミョウバンの力でわき下の皮膚の穴を防いでくれます

デオドラントスプレーを利用していないと心配である場合には
デオドラントスプレーを利用した日数分
このお酢の湿布を張るようにすることで
皮膚表面の常在菌を臭わない量に調節してくれますので

大丈夫です。
チチガの授乳者へ!公式対策まとめ|TOP

更新日:

Copyright© チチガの授乳者へ!公式対策まとめ , 2017 AllRights Reserved.