スソガにミョウバンの効果的な使い方

ミョウバンは
スソガの原因である
表皮常在菌がスソガ周辺に
寄り付かせない環境にしてくれます。

スソガにミョウバンは
強い消臭力を持ち

ミョウバンの使い方を間違わなければ

肌の状態も理想的な環境に戻す働き


持っています。

ワキガやスソガにもいい
ミョウバンの詳細成分名は
〈硫酸カリウムアルミニウム〉であって

ミョウバンが
主に使える用途としては
ワキガ対策と家事に多くにあります。

・パンを大きく膨張させる
・色落ちの激しい服に対して洗剤として
・野菜などを煮込んだ時に崩れにくくする
・煮物を煮た時に出たアクを取る
・洗濯の洗剤に使える

他に消臭スプレーにも利用されていたり
市販の化粧水などにも利用されています。
医療でも使われることもあります。

ミョウバン自体
市販のロングセラーとも
言われるような

制汗剤の大ヒット商品ものにも
利用されている
というほどですので

その消臭力に関しても
大きな消臭をするという行為について
役割を実際にミョウバンが
大きく関わりとして持っていることも
わかります。

とはいえ、
硫酸カリウムアルミニウムだけで
完全に持続して
スソガやワキガを
消臭してくれるといったことは不可能で

汗などでせっかくつけても
ミョウバン自体が
汗で流れ落ちてしまいやすいために

スソガの臭いに対しての
持続時間も少ないので
一定時間のミョウバンが流れ落ちるまで
臭いを少しだけマシにはしてくれる
といった程度となります。

皮膚の状態をワキガの臭いをさせない
スソガを弱酸性にする役割もある
ミョウバン自体

酸性であるがために
素肌に付けるだけで

・スソガの臭いの原因の1つでもある
体内の血中や人間のタンパク質の
細胞の消費により産出された毒素の一つとして
挙げられるアルカリ性である
アンモニアをも中和してくれ
臭いを抑えつけてくれます。
・アルミニウム塩の制汗剤によく利用されます
成分が
一時的に汗腺を塞ぐ働きも持っている
ために汗の量自体も
減らしてくれます。
・ミョウバンは肌を覆うように
付着するために
保湿力も高くなります。
・酸性力により、
皮膚上のアルカリ性に傾いている
皮膚上に
潜む様々な菌の場所を流し
ワキガやスソガ臭をだす
表皮常在菌の繁殖を抑えてくれます。

スソガにミョウバンの消臭方法専門

ミョウバンを使う前の注意点

肌自体臭いの気になる部分を充分に
一度清潔にして

綺麗にはなったが
アルカリ性には
まだ傾いている皮膚上へ

スソガへ
ミョウバンを吹き付けることで
増して酸性の力で抑える

表皮常在菌の繁殖をよりさらに
抑えてくれ

さらに

アンモニアの臭いも中和され
毛穴にアルミニウム塩により
膜を作るために保湿にもなり
皮膚にとって
かなり優れた役割をしてくれます。

スソガ以外にも
人間の皮膚上に使う用途も多く
吹き出物やニキビなどにも
安全性も高く

肌につけるには品質も高いこと
比較的安価で済むために


非常にコスパもが
よくて優秀であることが
スソガの人や病院にも
選ばれている理由

であって

商品としても売られているゆえんです。

ミョウバンの使い方と肌への適用するミョウバン水の作り方

スソガへの利用の仕方は
正しい濃度でミョウバン水を作る。

そして
簡易スプレーに入れるだけです。

1.どこにでも販売しているので
人間の体に利用しても大丈夫な
無添加のミョウバンを購入してきます。

2.500mlのボトルに水を入れて用意します

3.500mlの水に25gミョウバンを入れます

4.40度程度のお湯が溶けやすく
理想です。
混ぜます。振ります、シェイクします。

ミョウバンの粉末自体そのまま着けると
ミョウバン自体
そのままの利用は
酸性が強くなりすぎるので

直接皮膚につけると
ミョウバンがほんと肌に合わない人だと
炎症を起こしたりしますから
肌の病気になりますので


そのままミョウバンの粉末を
肌へ使うのはやめて
水に入れて薄めてから

よく振って
から肌へ着けるようににしましょう。

ミョウバン水はスプレーを使うと便利

1.100均でプッシュ式の化粧水入れ容器を買います

2.水道水で更に10倍に薄めます

3.そのまま臭いの気になる部分に付けます

お金もかからず

肌にシュッと吹き付けるだけで
弱酸性に保つ事ができます。

汗の臭いが気になる場所のケアには
ミョウバン水は必須で

ウェットボディシートで拭いた後でも
皮膚上にはまだアンモニアが
残っている可能性があり
不安定なので
一回ミョウバン水を吹き付けて

肌上を完全に弱酸性にしてから
ワキガクームを塗るといいです。

ミョウバン水の使い方を正しくすることで

ワキガ対策の一環の流れもさらに
スムーズになり

かなりの消臭力も期待できる用になります。

ミョウバンの保存期間は
500mlのペットボトルは
冷やしておけば
ひと月は日持ちします。

お風呂に先ほど作った
ミョウバン水を40ccほど入れ
混ぜると
体のアルカリ性に傾く表皮を
酸性へといざない

皮膚が理想の状態であるとされる
弱アルカリ性へと保ちやすくしてくれます。

気をつけておきたいことは
ミョウバン水をそのまま皮膚へと
つける事です

必ずペットボトルに入っている
ミョウバン水は薄めてから
直接肌につけるようにしましょう。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.