オイリー肌と乾燥肌のための化粧水|ワキガの対策

オイリー肌の原因は
「過度な洗顔」と
「刺激の強すぎる洗顔」といった
バリア機能を低下させる
行為です。

すっきりさせようと
スクラブ入り洗顔や
熱いお湯による洗顔は

必要以上に
物理的な刺激を角質層に与えて
損傷させている
可能性があります。

またべたつきが気になると

化粧水や
乳液・クリームによる保湿
を飛ばすと、

さらにお肌は
自らを守るために

皮脂分泌を過剰に
行ってしまうという
悪循環に繋がります。

真逆に思える乾燥肌ですが、
こちらも原因は
実は共通しています。

こちらのタイプの肌の人は
乾燥を防ぐために

化粧水、クリーム、乳液


たっぷり化粧品を
使用している場合
が多いのですが、

しっかり塗り込もうと
パッティングや指で
摩擦をおこしている場合
があります。

オイリー肌や乾燥肌
また
無意識に

タオルで
顔を拭く時に
ごしごし力が入っていて、

日常生活の積み重ねは
意外な刺激となって

繰り返されています。

両タイプに対応する
基本のお手入れは
保湿を正しく行うことです。

よく勘違いしてしまう点
に注意して、

正しい方法を習慣にしましょう。

まず、
水分をたっぷりと
補うためといって
化粧水を
長時間パックするのは危険です。

角質層は
水を通しにくいのですが、

必要以上に
水分が与えられると
ふやけてしまい、

本来肌の持つ
保湿成分が
流出してしまい
逆効果になってしまいます。

因みに
これと同様に、

お風呂に入る時間も
あまり長風呂をしてしまうと、

肌の持つ保湿因子が
流れ出してしまう
状態になります。

せっかく

角質の細胞間脂質や
天然保湿成分を補う成分
が入った化粧水を使うのであれば、

洗顔等で
バリア機能が
失われている状態を

すぐ保護する
タイミングで、
適切な量を優しく
届けるように気を付けてください。

オイリー肌の人にとっては
化粧水による
保湿に
重点をおくことが大事で、

あまり乳液などによる
脂分の補給に頼らず

肌自体の保湿力
を高める方法を
探ってみてください。

化粧水による水分を
油分でしっかり蓋をする、

というのも
正しいのですが

角質層に浸透しすぎるオイル
を過分に塗ると

細胞間脂質の
バランスが崩れてしまい、

せっかくの肌
本来のバリア機能
が失われる危険があります。

オイリー肌の人は
特に化粧水のような
水分を
多く含む製品で
乾燥を防ぐ保湿効果を

補ってください。

次に
使う製品の前に

化粧水を
しっかりなじませて
おくのが大事です。

乾燥肌の人にとっても
保湿成分を
重視することが大事で、

さらに
美白といった
効果も欲しいところですが、

残念ながら
強い効果には
刺激も強くなりがちです。

なので、
一番基本で大事なのは
保湿

ということを考えて
化粧水は
選んでみてください。

また肌の水分保持力
を上げるには、

角質層に届く
水溶性の保湿成分を
選んでみてください。

例えば
ヒアルロン酸や
コラーゲン、
エラスチンは

水分を吸着し抱え込む性質
があるので、

長時間に
わたり肌のうるおい
を保ってくれることが
期待できます。

また
グリセリンも
周囲の水分をとらえることで
保湿してくれるので、

お風呂上りなど
に潤いを閉じ込めるように
塗ってみてくださいね。

脇の下に使う化粧水とは・・・

化粧水とは

皮膚を保湿し整え
滑らかにする機能
を持つ透明な液状の化粧品です。

しかし
必ずしも
使用しなければいけない
わけではありませんが

一般的には
どの女性も使用している
身近な基礎化粧品です。

肌の表面付近までしか
浸透しないので

使用するタイミングは
「洗顔後すぐ」

が基本です。

つまり
使用することで
肌を整えることができる

というものです。

化粧水は
肌質などによって
使いわける必要があるので

どれが良いか
ということは一概には言えません。

しかし

一般的に
どのようなものが良い
とされているか
という点においての
基準としては

①科学成分の入っていない化粧水・・・

化学成分に頼らなくても
植物には

殺菌効果や
抗酸化効果を持つものが

たくさんあるので
植物エキスをブレンドし
相乗効果を発揮して

よりいっそうの効果を
生み出す性質
を利用するため

できるだけ
化学成分は
少ないほうが良い
と言われています。

②防腐剤のあまり入っていない化粧水・・・

市販されている化粧水
のほとんどに
パラペンなどの
防腐剤が配合されていますが

使っていくうちに
肌の機能を少しずつ
壊していくので
要注意です。

③香料の入っていない化粧水・・・

通常は
フレグランス
としか表記されない
フタル酸エステルは

肌に負担をかけたり
アレルギー

を引き起こしたりすることも
あるので

香料の詳細を明記せず
フレグランスとしか

表現していない化粧水は
避けたほうがいいです。

そして化粧水には様々な
種類があります。

それぞれ効果や
使用方法が異なりますが

人気の化粧水の種類
について
ピックアップしたい
と思います。

1.一般的な化粧水
主に洗顔後
の肌を保湿する目的で
使用する一番ノーマル
なタイプです。

最近では
ノンアルコール化粧水
も普及していますが

刺激の強い乳化剤を
一般より多く
配合していることが
ある為

一概に
ノンアルコール化粧水が
肌への刺激が少ない
とは言えません。

成分のほとんどが
水で残りが
保湿成分や香料、
乳化剤、防腐剤

などとなっています。

2.美白化粧水
効果のある化粧水
を使いながら

紫外線対策や
生活習慣にも気をつける
ことで

白い肌を保つことが
できるので
しみやくすみの予防
と考えて使用します。

美白化粧水は
医薬部外品のものが多く

通常の
化粧水よりも
効果が高い
と言われています。

化粧水で
取り入れやすい成分としては

①アルブチンや
トラネキサム酸・・・予防
②プラセンタエキス・・・しみを薄くする
③ビタミンC誘導体・・・予防+薄くするといったものになります。

脇の下の乾燥に使用してみてください。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.