わきが臭はお酒で悪化するいくつかの理由がある

お酒のアルコールの臭いは独特で
鼻に残る臭いです。

アルコールのような
一見臭いに癖がある物質は
結局汗からも
出るようになって居ます。

ですからわきがとお酒は
わきが体質の人にとっては

強い関係性があります。

ですが
わきが体質だからと言って
禁酒するのは
難しいかと思いますので

わきが体質で汗からも
お酒の臭いがしないようにしたい人は
肝臓や
腸を鍛えると

汗から出て来る
お酒の臭いも
肝臓と腸が弱い人と比較すると
かなり緩和することができるようになります。

肝臓や腸は
毒素分解の役割があるので
ここの部分の臓器が
かなり元気な状態であると

ニンニクを食べても
アルコールや油分の特に多い肉など

多めにとっても
肝臓や腸は健康で元気なので
毒素とされる成分を

分解してくれるようになり
血管内へ栄養分と同時に
毒素を運ばないように
汗からの毒素成分の量も
減っていきます。

わきが臭はお酒で悪化するか?

肝臓と腸を鍛えるにはどうしたらいいのか?

・ビタミンとミネラルの不足分を
徹底的に摂取するようにする
ネットオンラインとスーパーや
コンビニで売っているもので充分で

ミネラルとビタミンの成分
が沢山入っている

サプリメントを
毎日お風呂に入る前に
1日分のサプリメントを飲んでから

半身浴を
目安は1時間ほどとして
無理のない
範囲で沢山汗を掻くことで

鈍っていた肝臓や腸を
元気に促すことができますが
個人差はあります。
・有用菌と日和菌=善玉菌
を増やして悪玉菌の数
を抑えつけるように

日頃から心がけておく
善玉菌の寿命は
肝臓や腸などに出現してから

1週間程度と言われて居ます

さらに
胃酸によってかなりの量も
減るとされて居ますから

常日頃から毎日
朝昼夜と摂取している状態が
望ましいです。
・ストレス量を僅かな量に減らす
ストレスは
一番良くないことは分かりますが

何より
体中の活性酸素を増やすことと
なります。

活性酸素は
毒素を分解する臓器が
特に活躍するときに
出されるものですので

精神的に落ち込むと
臓器も弱ったり
脳から臓器に危険信号を送り

負担では
あり得ない
体調となったりして

さらに
この活性酸素が体中に増えると
あらゆる病気を生むこととなるために

ストレスは
出来るだけ一番在ってはならないもの
となります。
・タバコは辞めて、お酒は休肝日を作る。
タバコの煙に含まれる有害成分の量は
言うまでもありませんが

かなりの量を誇っています。

とくに
ヘビースモーカーの人は
汗からも
肝臓や腸で対応しきれなかった
毒素

でも在ったはずの臭い成分が
出ますから出来るだけ
辞めることを推奨します。

お酒も同じ事で
毒として汗からアンモニアなどを
全身に巡らせるので

今後もアルコールによる
人体への悪影響も
ピックアップされていくことに想定
されていくことかと思います。

少量なら体にいいのには違いないので
出来るだけアルコールは少量で抑えましょう。

お酒をたくさん飲んだ翌日には
毛穴から
アルコールや
前日食べたごはんの臭いが沢山出てきます

さらに

アルコールが
体に及ぼす力は
汗の量を活発にさせ
アポクリン腺とエクリン腺が活発化する
働きもある

ために

ワキガが気になる人は

大人の付き合いなどもあり
飲まないというわけにはいかない人も
多いのも事実でそういった人は
なるべく少量に抑えておくのが
いいでしょう。

ヘパリーゼなどを予めのみ
肝臓機能を活発化させておくのも
アルコール臭をしないようにするための
対策とも言えます。

特に、臭いの方も予想以上に
臭くなりやすいです。

血中に栄養とともに、臭い成分入り
ニンニクやわさびそして辛子など
刺激の強く
臭いもある食べ物から

全身に向けて
臭いがします。

さらに
タバコなどの煙の臭いも
実は
毛穴から出ます。

よって

タバコを吸わない本人は
いつもと同じ臭いを吸っているので
ある程度までなら
自分はタバコの臭いがするということは
知ることができますが

吸わない人からしたら
そのタバコを吸う本人が
臭っていないと判断している時でも

敏感に
あなたのタバコの臭いを
察知しているんです。

ワキガの人はお酒は嗜む程度が丁度いい

緊張などのストレスが
アポクリン腺が極度に反応するのことは
分かっているのですが。

お酒を飲むことも長寿の秘訣といい

ほどほどの量は
体にメリットが多いです


お酒は少量飲むだけで
精神的ストレスを緩和することで
アポクリン腺からのネトネトした汗が
分泌されなくなりますから
少量飲むことはお勧めします。

お酒を大量に飲むとダメな理由として
体が酸化しやすい体質に
なってしまうからです

結局のところ
度の過ぎる体に見合わない量の

・アルコール
・お酒
・タバコ
・睡眠不足

などの習慣は
活性酸素が発生して
ワキガも促進させます。

活性酸素自体
体に悪さをすることがだめとされています

ワキガとなる原因は
皮膚上の常在菌の存在なども
あるのですが

体を酸化させないことも非常に大切で
ワキガの人で
お酒が好きな人は特に
アルコールを食べた後に

出来れば普段から
抗酸化力の強い食べ物を
例えば

・バナナ
・リンゴ
などは食べるだけでも
抗酸化力の強い食べ物から
栄養を摂れるので

リンゴは特に食べ物の中でも
抗酸化力が強いためお勧めです。

特に
アルコールを飲んだ後は
体内で酢酸とアセトアルデヒドの
キツめの臭い物質が
作られるため


特にお酒は
ワキガ対策をするものとしても
できるだけ少量で毎日抑えましょう!

飲みの席の場合は
・ヘパリーゼ
・お水をできるだけ沢山飲む

など体へのストレスや負担を
いかに最小限に抑えるかを考えて
ワキガ対策をしてみてください。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.