わきがの人はポロシャツ自体で軽減されるか?

ポロシャツは
わきがの人の服として

いい例で
服自体に臭いがつきやすかったり
しにくかったりする

ものとして

ポロシャツの場合
綿100%は

仮にワキガの臭いが染み込んだとしても
菌が蔓延しても
臭いも蔓延しにくいのです。

よく
服の表示に
ポリエステル製、綿などと
書かれている服がありますが

綿は乾燥しやすく
臭いも蒸発していきやすい
のですが

ポリエステル製やレーヨン製の場合

乾燥しにくく
何よりも汗がそのまま留まりやすいので
菌が蔓延しやすいので
臭いがしやすいのです。

ワキガの人のポロシャツは念入りに洗うこと

春夏秋冬どの季節になろうが
ポロシャツだろうと何だろうと

結局は
ワキガの臭いがすごいので
根元からワキガの原因を落とすことも必要になります。

そうするにはまず
服をシッカリと洗い落として
シッカリと
天気のいい日か乾燥機で乾燥させます

洗い方についても

ハイターを使いますが
それでも
臭う人によく起こすある原因があります。

・洗濯機の中に入れる服の量が
許容以上に入れすぎているために
洗いきれなかったり

洗い洗剤の流し残しのまま
乾燥機能が作動して臭いの元
となっていることがあります。
・そもそも
服の量を入れすぎて
服の量に対する水の量が
少なくなってしまっている状態
で洗いモードを洗濯してしまっている。
・服に皮脂が溜まりやすいからであって
服に皮脂が溜まりやすい人は
わきがの人はポロシャツ自体で軽減されるか?
元々体の代謝が良くて
皮脂汚れが多く分泌される人で
他は汗をかいたときなどにつきやすいわけです。

服の繊維間に皮脂汚れが
入る事で細菌が大きくなり増えようとするために

必然的に皮脂汚れに付着します。
このときに
発生する最近の代謝臭が
ワキガの臭いの内となります。

さらに、

漂白剤が使えないという
服もあるので
そういったときには
また異なる
洗い方を考えなければなりません。

ワキガの人が陥るポロシャツの化学繊維

一見高機能である
服でも

たしかに機能は高かったりしますが

実は臭いのつきやすく
こもりやすい
服であることがあります。

外見からしても確かに
スポーツは艶のあるユニフォームは
かっこよく見えます。

機能的にも申し分ない点が多く
速乾性もよく
抗菌性のものなどと

機能性も高いと
どうしても
ポリエステル製など
化学繊維のものが利用されます。

ですが
さすがに
汗をかきすぎると
臭ってくるのにはどんな服でも
違いはありません

何より
水を吸い取る力が低いので
スポーツをするときには
適しているのですが

臭いに関しての機能は
かなりの痛手を負っています。

汗が服の下に溜まると
どうにもならないからです。

菌の巣窟と化します。
あまりの記事合わせるワキガ 成分

ワキガを促す成分の特徴と様子

・基本的な硫黄臭
・スパイスの匂い
・脂肪の臭い

これらの臭いや
個々の臭い物質自体が合わさりあい
ワキガの臭いは発生しています。

臭いの質量比率は
硫黄臭に関しては
スパイス臭の1パーセントとされ
当然人間一人ひとり個人差はあり

摂取できる量があまりにも
微量であるために
硫黄臭発生の原因は
実はよく分かっていません。

この1パーセントが
ワキガの種となる臭いの傾向を
決定づけていることも明らかとなっています。

ワキガの臭いを発生させるものは

全ての臭い物質同様となり。。

汗腺の中から発生する汗および物質は

・硫黄臭の例場合

硫黄臭の元の臭い気体物質
(3-メチル-3-
スルファニルヘキサン-1-オール)と

体内に存在している
アミノ酸類(システインなど)と
繋がった状態で
ワキの外へ出る。

コリネバクテリウム属の細菌
により臭いを発生させているかどうかは

臭い臭気物質の
気体になる揮発性も非常に高く
摂取量があまりにも少なすぎるため
確認は取れていない。

・スパイス臭
臭い気体物質
(3-ヒドロキシ-3-メチルヘキサン酸)

アミノ酸(グルタミン)が繋がり
脇の外に出る。

・脂肪酸臭
臭い臭気物質(3-メチル-2-ヘキセン酸)

アミノ酸(グルタミン)が繋がり
脇の外に出る。

この気体物質とアミノ酸類
が繋がった状態の現時点では
無臭の状態である。

すると、

脇の皮膚上にある菌が
気体物質とアミノ酸類を
食べては繁殖をするなどを繰り返し
このときにコリネバクテリウム属の
細菌の体内から発生した
代謝種による臭いと硫黄臭とが

合わさりあい
ワキガの臭い発生の根源

であって
成分となりうる。

このコリネバクテリウム属の菌は
アポクリン腺がなければ
私たちの体には元々
存在し得ないものです。

アポクリン腺からは他に
変な汗がよく出るといいますが
この精神的に負荷がかかる
ときに働くのが

アポクリン腺であり
このときに
糖分、鉄分、アンモニア、
脂質、たんぱく質が入っています。

ネトネトした汗で
色も少し付いています。

ワキガの成分を増やすストレス

さらに、
ストレスによる体への負荷が増えると
汗の量も促されるために
臭いもキツくなります。

ストレスの負荷のある人物と
ストレスのない人物を比較すると

ストレスの多い人物は
ワキガの臭いが4倍にも悪化したことが
発見されています。

ですので
ストレス=ワキガの臭い
となります。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.