チチガで授乳するときに感じる不安のための対策を。チチガで授乳するとキツイニオイが赤ちゃんに影響しないか?どうかやチチガで授乳中のママに役立つ対策情報をご紹介!

チチガの授乳者へ!公式対策まとめ

わきがのルーツとは?|チチガの授乳者へ!公式対策まとめ

目次

わきがのルーツとは?|人気コンテンツ

ワキガの部下をうまく使う図式
ワキガの部下対策専門|チチガの授乳者へ!公式対策まとめ

目次1 ワキガは自覚させる方法が要1.1 ワキガが治った部下の事例1.2 ワキガを教える一番優しい方法1.3 部下へのNGワード2 ワキガの臭いと食事は関係があるのか3 日常生活でわきがの臭い対策3. ...

続きを見る

ワキガをポジティブに表現したダンス
ワキガポジティブQ&A|チチガの授乳者へ!公式対策まとめ

目次1 ワキガの”明白面”【闇もあれば光もある】1.1 結局ワキガはポジティブの方が善玉菌増えるよ?というお話2 自分でワキガの臭い対策をまずはしていくべき2.1 ワキガを自覚している人がまず感じてい ...

続きを見る

チチガを漢方で作るときに参考にした写真
ワキガde漢方治療専門|チチガの授乳者へ!公式対策まとめ

目次1 疲れたらわきがになりやすいって本当?1.1 全身・漢方1.2 漢方を使った治療と改善策1.2.1 ワキガと頭痛の関係性!そんな時も漢方で2 ワキガ対策で漢方をお風呂に入れる方法3 ワキガの症状 ...

続きを見る


ワキガのルーツの根源ワキガの要因相関度合ランキング

1フェロモンによるもの

ワキガのフェロモンの謎を解く!

わきがのルーツ

もともと人間ははるか太古にさかのぼると
我々の祖先はツパイと呼ばれる猿でありました

がこのころのツパイに関しては

ただならぬ臭いを出していたということで有名です

このことについてはフェロモンのことで
このフェロモンはメスがオスを引きつけるためだけではないわけで

太古の場合現代でいうと豚を見るとよくわかりますが

雄豚のフェロモン自体はメス豚を落ち着かせることができるものが含まれています。

太古人間が電気のない中で狩をする必要があったことから

この臭いは遺伝子に組み込まれていると予測することができます。

 

ワキガを受け入れないのは女性の体から発情期がなくなったということ

わきがのルーツ
発情期であるかどうかの判断もフェロモンが大きく役立っています。
がしかし

次第に子供をたくさん産むということよりも
人間の人数と家庭という組織の確立からはじまり

言葉の確立
社会的な秩序

を確立するほうへフォーカスされいたったために
女性の繁殖への意識が徐々に低下しつつあったので

このように知恵がついてくると

年中フェロモンを出すタイミングにも当然

ズレ

が生じるため
いまは人間は遺伝子レベルで女性の身体は太古およそ二万五千年前ほどから

現在に渡り当時のような繁殖期も失われつつあります

ですが当時の悪臭の原因でもある

わきがのルーツとしても大きな役割を持っていたのがやはり

アポクリン腺の臭いである
人間のアピールとして利用されていた

フェロモン

は役割の重要度も軽いものへと遺伝子レベルで徐々に変わり

現代女性では、そのフェロモンのかわりに自分の身体をセックスアピールとして

利用するように遺伝子レベルで進化してきました。

体毛は薄くはげ落ち
嗅覚はフェロモンに慣れてしまい

次第にフェロモンでなく視覚として
丸みを帯びたお尻

ふっくらした

乳房


セックスアピールとして強化されてきたのです。

人間のフェロモンはまだ実在する?

残念ながらまだ人間からは遺伝子レベルでも発情期や繁殖期のフェロモンは見つかっていません

フェロモンの話となると
例えばジャコウ臭の感受性は女性の方が何千倍も上回るとされていますが

研究結果からは男性の尿にもそのフェロモンの臭いにおいてのヒントがあるとされています

ジャコウ臭と同じ物質構造が含まれていることが明らかとされていて
この物質が人間のフェロモンでは?
とされています。

わきがのルーツを生活から見るある検証結果

わきがのルーツ
ある検証結果からは
女子寮の月経周期を研究した結果
その中に男性1人を折れた場合と比べて
異性のいたグループのほうが周期が短くなることがわかりました。

臭いかはたまた女性たちの意識的なものからくる変化なのかはまだ解明されて来ませんが

異性への臭いが関係している相関関係率があることは確かです。

2地球の北か南体質かどうかのちがい

ワキガの歴史についてまとめてみた

日本人の場合、日本大陸のできる時代へさかのぼること
ある一定の時代でわきがになるのかどうかが確立されました。

縄文人のルーツから始まります

ワキガの割合

人の体は地球規模で見ると

暑い気候で育つ人間
縄文時代に日本へやってきたアイヌ、琉球、本土人。もともと日本の先住民。

寒い気候で育つ人間
朝鮮半島から弥生時代に日本へ渡来してきた弥生人

がいることがわかります。

当然
南半球は暖かい
北半球は寒い

わけです。

北と南で暮らすそれぞれの人間の特徴とは?

暖かい気候で育った人間は
湿気が多く、暑い場所ですので
体の彫りが深く多くの汗を掻く必要があった。

寒い気候で育つ人間は
彫りが浅く
汗の分泌も少なければすぐに皮膚が凍ってしまうため

汗をかきにくい体質である

人が日本へ渡来しワキガになる?

さらにこの区分をそれぞれ

寒い気候で育った人間弥生時代へ日本へ渡来してきています

さらに暑い気候で育った人間は日本へ縄文時代に渡来してきました。

お気付きの通り現在の日本は

比較的南の九州の方の人間は彫りが深く汗っかき

北方の人間は
彫りが浅く汗をあまりかきにくい体質を持ち合わせています。

ですが現代の日本では
様々な血がまじあわる中部地方はとくに顕著に表れていますので一概にはいえません。

歴史から分かったこと

日本人はもともとワキガになりにくく
ワキガの人はもともと生まれた時にワキガになった

もしくは

縄文人の血

が強いからが原因です。

3食文化食の歴史

ワキガは食文化の違いによるもの

食生活も欧米化すると当然ワキガ率も高くなるというわけです

アポクリン腺を刺激させる食べ物は控えるべきです。

日本や中国のアジア圏の場合

魚や穀物

が主食となっているためにアポクリン腺の退化が進行気味に行われてきたと考えられ

黒人の方や白人の欧米諸国の場合、

肉類の食べ物

が主食に近いものがあるために

アポクリン腺が活発化や誇大化した状態が今でも根強く残っていると言えます。

よって

アジア圏は体臭はあまりしない

欧米諸国は体臭が強目に残っている

とされています。

逆に言えば
日本人の場合

10人に一人といった確率だから
自分だけがチチガと
自己責任感を感じて悩んでしまうことが
チチガやワキガの悩みのタネと言えます。

欧米諸国の場合100%近くの人がチチガやワキガといった症状に当てはまる要素が大きいために
日本人ほどチチガとワキガに敏感で責任を負うような心理状態にはなりにくいとされています。

におい自体良いものでわき毛は剃らないしセックスシンボルとして評している女性も少なくなく
どちらかというと

汗を大量にかいてしまうことがいけないということという意識の方が強くアポクリン腺を無くしたいという概念自体少なく

腋窩多汗症の汗を少なくさせることに重点を置いている

と言った

日本人との意識の違いもあります。

日本人のルーツ

わきがのルーツと感じることのできる時代に好まれた日本の香りの歴史
じつは

香道という伝統芸能があります
香道は
華道、茶道に続く
わきがのルーツ

日本の伝統芸能の三大伝統芸能の1つとして数えられています

香道は流派も2つとして存在し

香木をわずかに燃やし匂いを嗜む聞香
源氏物語の源氏香にも記述されている香りの異動を当てる組香

に分かれます。

さらに、

日本によると

日本書紀に595年通称推古天皇30年の4月に香木が辿り着いたと表記されている

寒かったので横たわっていた木を

燃やしたところ

いい香りが漂ったので

なんとその香木を朝廷へ返上するほどだったと言います

 

ワキガ対策デオドラントとして日本では

わきがのルーツ
日本では538年なら、

仏間で香りを焚くという行為に至り
そのあとに紫式部が部屋で焚き出し
さらに部屋に服や着物を置くようになり

ニオイをつけることで香りを楽しむ

そこで

香り袋と呼ばれるものが流行っていて香りを周囲ににおわせていました

この頃にかんしては普段から毎日お風呂に入浴するといった習慣がなく
十二単とよばれる衣装に包まれていたので
さぞニオイについて悩みが大きかったことも分かります。

実は日本でいうと
茶室
そして
神社や仏閣などの香のニオイを放って漂わせているというだけではなく悪臭をとるという意味があります。

昔からある建物に残っているものですが
炭を建物の周囲にたくさん置き悪臭を消すようにしています

このことからも昔から私たちはニオイについて悪臭を消臭する術を持っていたのです。

さらに日本全国から最長の歴史を誇る

数ある旅館も
以上のように悪臭をとる知恵がふんだんに利用対策されていることがわかります。

人間は悪臭を嫌がるといった気持ち

は2500万年前から

家庭を持つといった人間の社会的な秩序の確立が行わはじめてから現在まで

人の人口と比例するにつれて秩序の質も上がり
結局はアポクリン腺から出る汗は
現代のような秩序の中では
受け入れられなくなり

ワキガの臭いは消すものとして受け入れられています。

ワキガを世界的歴史から見る臭い対策のルーツたち

産後にチチガ
匂いののするものすなわち香料
太古からめでたい時などによく利用され

祭壇でよく利用されていました

チチガのコンプレックスは昔から存在していました

その香料から放たれ漂わせるのも人間界と神へと通ずる道筋神に対して想いが届くとしても信じられていました。

そして、中には人を生け贄として祭壇にあげたときの人間の体臭を消す役割も果たしたとされています。

エジプト文明紀元前3000年ごろでは?

ピラミットが建てられた歴史で有名のエジプト

では
人々は香りについてかなりの知識を持ち合わせていた

そこで最も人気を博していたのは
没薬と乳香と呼ばれるもの
ものを腐らさないまたは臭いを消すこととしてもよく利用されていました。

墳墓でツタンカーメン発見後

1922年この場所でも香料を焚かす壺が発見されています。

驚くことにこの場所では

数千年も経つ今でもツタンカーメン発見現場からは

香りが立ち込めていたといいます。

世界でも最も古いとされるメソポタミア文明の頃では?

紀元前およそ3500年頃、この地はユーフラテス川そしてチグリス川の狭間で広げられた文明。

そして

この文明にも香りの歴史が刻まれている

楔文字としても知られているアッシリアやバビロニアが描かれている粘度の高い土基礎からも様々な香料が発見されていた。

イエスキリストの新約聖書内でも

ある有名でもある話に出てくる
新約の聖書の第2章にはこう記されています

イエスが「マタイ伝」ベツヘレムでキリストが誕生したときは

東方の3人のすぐれた学者がキリストの幼児に対してプレゼントしたものが

実は

没薬(病から救う医師の意)

黄金(王のしるしの意)

乳香:フランス語で真の香り(神という意)

です。

乳香は現在も多くの教会でも使用されていて
その原産とされるものは主に太古からも変わらず
東アフリカソマリア
アラビア半島南部のオマーン、イエメン、木材のカンカラン科の乳香木から採れるものです。

戦場から分かるワキガ対策のルーツ

ヨーロッパでは例えばローマ帝国崩壊後キリスト教徒がイスラム教徒から

地を奪回すべく血まみれの戦いを繰り広げた

それはそれは暗黒な時代

が存在しました

その時期までは入浴する習慣がありましたが
戦争後は完全に入浴する習慣のなくなった歴史がその後1000年も近く続きました

このときに香水が生まれています
そしてカラダの吹き付けるということは

オシャレをするということだけではなく、

カラダのニオイの悩みをなくすという誠実な思いがあったからこそ普及したことも分かります。

 女性は男性より臭いに敏感なのはなぜ?

わきがのルーツ

太古から人間の体に備わった
甘い香りは栄養価
苦いものは毒
であると
遺伝子でプログラムされています

母親は家庭を守らなければならないのでより

嗅覚が発達していなければならないというのもうなずけます

ワキガのルーツ!臭いの研究結果

わきがのルーツ
そもそも嗅覚っていうのは
触、嗅、視、聴、味

の五感の中でも

優先順位的に最も軽いものとして受け入れられていて

感覚系の研究といったら

論文や研究者の量も視覚が1番多いともされていました

嗅覚は

まだまだ

が多い嗅覚な訳です。

ですが

わきがのルーツの大発見から変わりつつあります。
1991年に発見され

2004年にノーベル医学生理学賞と認められた嗅覚受容体が遺伝子内にあると発見されてからようやく研究対象とされるようになりました

何よりも嗅覚受容体の大発見としては嗅覚を含む遺伝の量が視覚と比べかなり大きいということが発見されました。

人間の器官の数のナゾ

割と有名な

般若心経

となると
無色声香味触法
無眼鼻耳舌身意

と記述され人間の器官は五感が司るとされています。

触、聴、味、視覚、嗅覚とギリシャでも有名なアリストテレスは5つに分類しだした。

五感と定義されているものは昔のことで
現在では

器官はじつは8種類にまで分類されています。

現在では感覚器官は8種類に分かれている
聴、味、視覚、嗅、皮膚(触、冷、温、痛)、固有、内臓(生理的なバランス)、平衡感覚

となっています。

とはいえ中でも優先的に脳が活用するのは嗅覚よりも視覚であることには違いない
それもそのはずで心理学実験でも

赤ワインを白に、白ワインを赤にしたものを

プロのソムリエに匂いと視覚によって味わってもらった結果。

ソムリエは

白ワインを、赤
赤ワインを白ですよね?
といった面白い見解が発見された。

クレオパトラが愛したチチガ消臭法!天然香料の分類と精油

わきがのルーツ
植物たちも悪臭により身を守る

そのニオイの働きは自分と同じ生物を昆虫、鳥を惹きつけ利用したり食べられないようにしたり

また

繁殖させようとするために発せられるニオイで香る成分だけを極限まで抽出したものを精油といいます。

葉っぱ、たね類、樹(皮、樹液)、根っこ、食べ物の皮、花

などから1500種類

精油となるまでに費やす時間もかなり長いというよりもその労力は計り知れない
クレオパトラが愛したジャスミンの花精油を作るとするとなんと500mlのペットボトルのジャスミンの花精油を作るとなると300kgもジャスミンの花が必要になってくる

このため
かなり高値がついてさらに
各工程時間合計2000時間もかかるという。

この値段にするとなんと150万円というから驚きだ。

実際にフランスの南に位置するグラース産のジャスミンの精油は

アラビアインドでは媚薬としている

実際に香りといえど体に対するその働きは

太古からも

疲労やストレスを減らしてくれます。

香りの成分には酸化させない働きや精神的にもいいことも発見されています。

1930年ほどに実際に精油によるからだへの医療の目的としてそのからだへの働きについても種類別に利用され

まだ医学的に証明されているものではありませんが、俗にアロマテラピーと呼ばれています

1980年からは日本でも普及されてきています。

精油アロマのカンタンな作り方

植物性から

抽出するときは水蒸気で蒸留する方法として植物を釜に入れその中へ熱い霧状を吹き付けると植物から匂い成分Aの湯気が立ち込める

そしてさらにその湯気を冷やすと液体となり

さらにこの液体を放置すると二層に別れる

その上の部分をこして集めたなら植物性の精油の出来上がりです

動物性はというと
動物性との精油となるとカストリーム、アンバーグリス、シベット、ムスクの4つです。
どの動物もかなりの貴重なのですが

とくに麝香は金よりも高く薬としての役割も強心や興奮性、が期待できる。
生殖器とおへその間にある香嚢(こうのう:はじめはアンモニアなどの匂い)から抽出する。

続くカストリウムとシベットに関しても香嚢から抽出できるものです
わきがのルーツ
アンバーグリスに関しては

マッコウクジラによるもので

体内に残る消化不良によって残った食料の残かすがかたくなったもの
水より比重が軽いので浮かんで海岸でヒョッと発見されることも多々あります

クジラは現在漁を禁じられているため
海面や海岸で探す以外に方法もあまり見つかっていない
アンモニアも金よりかかなり高価となっている。

 

 

 

日本人のワキガの割合

世界と比較!ワキガの日本人の人口

ワキガの割合
日本人と世界中の人口のワキガ比率が発表されていま
す。

本では

10人に1人といわれています。
10人に1人と言われていますので目立つことが違いないです。

ちなみ

  • 黒人の場合100%
  • 中国人4%
  • 白人78%

ともいわれています。

外国と日本とのワキガへの意識の違い

欧米などでは、

日本とのワキガへの文化も違います。

ワキガは幼児の頃から発症するものなの?

まず欧米の場合ワキガであることが

そもそも前提でワキガ対策方法は完全に臭いを感じさせないほど
徹底するように小さい頃から教育されています
ですのでワキガであることは前提で

コンプレックスとして感じている人が少ないです。

当然欧米と比べ日本は10人に一人などと
少ないために臭うのはダメとされている傾向が強いので悩まずにはいられない人が多くなっています。

日本の場合臭いは隠すのではなく出すといけませんといった教育の方が強いかもしれません

チチガの授乳者へ!公式対策まとめ|TOP

更新日:

Copyright© チチガの授乳者へ!公式対策まとめ , 2017 AllRights Reserved.