わきがの人はプロテインを使ってから成る

プロテインに含まれる
タンパク質を摂り過ぎると
体内がタンパク質と脂肪に傾き
炭水化物(ブドウ糖)の量が減り

ケトン体になるので
体臭が臭くなりやすくなり

悪臭が立ち込めるので
ワキガとなります。

ワキガの人がなりやすい
プロテインをよく飲む機会が多い例として

スポーツジムに通っている人や

筋力トレーニングが大好きで


ワキガの人が
プロテインを飲み始めるようになってから

ワキガの臭いが気になり始めた場合に
よく起こるワキガの臭いの対策までの
人間の体内のエネルギー源の
一連の流れとしては

まず体に負荷を与えて

体中のブドウ糖が無くなってくると
脳が体内でエネルギーの
代わりになるものを探し始め
そして脂肪がエネルギーとして
利用されるようになります。

脂肪エネルギーが
身体の負荷によるエネルギー消費
により減り続け

体への脂肪のエネルギー源が無くなると
さらに脳がほかに体内から
エネルギー源がないかどうかを
探し始めるので

そこで脳は
この時に肝臓で
ケトン体が
作らせられるようにするわけです。

まず運動量を増やし
プロテインを摂取するようになると

プロテインのような
たんぱく質を摂りすぎて
体内の炭水化物(ブドウ糖)の量が
少なくなってしまうことが起こるので

体中のエネルギー源がタンパク質と
脂肪に傾いてしまいます。

多少の
炭水化物(ブドウ糖)は
体には残りやすくはなりますが
普段プロテイン(タンパク質)を
蓄積して摂り続けているので

体質がそもそも
体内の炭水化物(ブドウ糖)量をも
きちんと管理していないと

炭水化物(ブドウ糖)量が
少なくなりやすくなっているために
すぐに

運動時のエネルギーの消費により
体内にある
炭水化物質(ブドウ糖)の在庫が
早くになくなるので

体内でのエネルギー供給先が
すぐに脂肪に転換されるようになります。

となると
脳が最終のエネルギー源としての
消費する体内の物質
ブドウ糖量と脂肪分量が
肝臓でケトン体物質の生成が
行われないように

管理されていない状況下で
筋力トレーニングが行われていると

エネルギー源が
ほとんど無くなるので

肝臓で
ケトン体(アセト酢酸、βヒドロキシ酪酸)
を運動をするごとに蓄積され続けて

それからというものストイックに
運動をするごとに
ケトン体(油が腐ったような臭い)
腐敗臭の悪を放ち
さらにワキガ体質であるなら
刺激臭が発生する体質にもなりえます。

ですので
普段から
・炭水化物(ブドウ糖)量
・タンパク質(プロテイン)量
・脂肪量
・ミネラルやビタミン量

の摂取量も
ワキガ体質であるなら
なおさら
管理しておく必要があります。

それぞれ
質のいいミネラル成分やビタミンのものを
摂るほど体も
ワキガ体質からワキガ消臭体質に
なる傾向がありますので

ワキガの人で
筋トレが好きなひとや
プロテインを飲む生活習慣をしている人は

体臭が悪臭へと
変わってくる可能性も高いので

ワキガのような臭いを
放ちたくない場合には

体内の
栄養摂取量の品質管理"[最後の砦]"
も必須ということになります。

肝臓の調子も整えておくことも大切

肝臓による
ケトン体物質生成は

タンパク質を
摂りすぎてしまうと
炭水化物(ブドウ糖)が少なくなるので
体臭がかなり臭くなりますが

肝臓機能を正常にしておいてこそ
成せる体の非常事態専用の機能であって

体のエネルギー源である
ブドウ糖を正常に消費することが困難な体質
膵臓で作られるインスリンというホルモン生成
に異常をきたす症状で

何よりもこわいのは
ケトン体で有名な病気と言われている
ブドウ糖を使えないでいる
糖尿病で

糖尿病の人は
ブドウ糖を体内で正常に使えずにいるので

ブドウ糖を消費せずに
すぐに
体内の脂肪をエネルギーとして利用します
そして脂肪を利用している最中の時に
ケトン体が出てきます。

この時のケトン体量が糖尿病の人の
検査によく測量されています。

この状態を
ケトーシスと言います

もともとは
ケトン体自体
体の最終エネルギー源としたものですが
断食をしたり
栄養バランスを崩すだけでも

ケトン体は
起こります。

酸性であるケトン体が増えすぎると
酢酸も作られるために
体中の血液自体が酸性ともなるために

完全に体の調子(昏睡状態、吐き気や嘔吐)
が起こり体調が悪くなり悪化すると
入院するようにまでなります。

よって
ケトン体はわきがの臭い以外にも
体中をも酸化させてしまうために

あらゆる病気を誘発してしまうために
血中にはケトン体だけではなく

悪玉菌が体中を駆け巡りますから
体全体の毛穴から体臭を促します。
更に口臭も臭うようになってしまうので
注意が必要です。

ケトン体による臭いを落とすには?

・クエン酸がおすすめです
グレープフルーツ、梅干しやリンゴ酢
・菌を寄せ付けないほどの清潔に保つこと
お風呂上がりのバスタオル、汗をかいた後の服を着替える、お風呂上がりに洗い残しのある洗剤を完璧に洗い流す、
・プロテインを変えてみる
自分に合うものか、どういうものか見て再度選んでみる

など試してみるだけでも
かなり
ワキガとなるプロテインによって食べた
臭いも変化します。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.