すそがの発生年齢はいつ頃から?|ワキガの対策


子供の体付きから
子供を産むための体つき
に変わっていく時期に
とくにスソガの部分が
臭う年齢になってきます。

スソガはいつから発症するもの
なのでしょうか。

そもそも
小さい頃や学生の頃はそこまで
デリケートゾーンの臭いについては
気にしたこともない人も多いかと思います

とくに
デリケートゾーンの臭いなんて

彼氏ができたりしてから
臭いがどんな臭いをしているのかどうか
を意識し始めるものなので
スソガになるのは何歳ごろからなんて
普通はわかりません。

具体的には
小学校高学年5年生ごろから
早いとスソガの症状が出るとされています。

やはり、
子供を産むことができる
体となり始める頃から
男性なら体つきがさらに筋肉質となり
女性はふくよかになっていく傾向があります。

思春期は
からだが成長をするにつれて
成長期中に変化する体内で
急激に
細胞が成長しますから

当然体内でも
体自体が大きくなるように
細胞が活発になり
全ての体の部分が
大きくなります

体の変化も著しくなるので
代謝も良くなりますし
負担もありますから

・アポクリン腺への汗の分泌量
・エクリン腺への汗の分泌量
・活性酸素量の増加
・善玉菌と悪玉菌の増加

ですので
体の中から
体の臭い自体が不安定な時期でもあります。

個人差もありますが
よく思春期は
親が子供を見ておかないと

子供は不安定で精神的にも体質的にも
大変な時期と言います。

ですから
早い人だと思春期に入る時期は

体臭が初期の頃は
小学校5年生からで

体臭のピークは
中学校2年生頃で

高校1年生ごろが
徐々に悪臭も安定しながら
体の成長も徐々に落ち着いてきます。

親も子供の体臭の対策方法が
始めの時期は
あまりわからないので

中学へ入学する頃は
ようやく
子供も臭いを気にして

臭わないように
少し工夫を始めて
この時期には慣れていきます。

スソガになるタイミングは
実際にはこの小学校高学年からの
時期です。
すそがの年齢とは?

一般的に
はじめになるタイミングとしては、
体の成長期が活発になる
十代の前半ごろからとなります。

後期にくる早い人で50歳過のものとしては
更年期障害や生理不順などによって

男性ならとくに
体の中の臓器や脂質の変化などの
調子の低下によるものが大きくなります。

女性の場合は
卵胞の影響などにより
女性ホルモンのエストロゲンの分泌
が減ってくると

体中に毒素が蔓延しやすくなってきます

女性ホルモンの役割に原因があります。

女性ホルモンの分泌は
胎児を体の中で大きく育てるためだけでなく
妊娠から出産するまで

胎児と
お母さんにも負担となる
体を守ってくれているという
大きな役割があります。

元々女性の体に
女性ホルモンがないと
子供は育てられません。

この女性ホルモンは
体を若く保つことを促し
病気にならないように
体を丈夫になるように
補ってくれている役割もあります。

人間の生きる力に
強く関わり合いがあることから
わかるように

女性ホルモンは人間の寿命にも
大きく影響していて
男性より女性のが寿命が
平均時に長くなっているといえます。

女性ホルモンの変化は
人間の体のエネルギーが低下している証拠でもあり
臓器機能と代謝も下がるので

活性酸素などが
体中にながりやすくなります。

アポクリン腺の悪臭を
放つ力が活発になったり
アポクリン腺だけでなく

体の中から分泌される
汗自体が血液から毒素を含んで
分泌されるためにそもそも
臭くなったりします。

このひどい臭いの分泌する原因は

他に
うつや睡眠障害または動悸やイライラ
極度の体重の増減によっても
アポクリン腺が活発になることもあります。

十代からの人、二十代や
それ以降でスソガのように
非常に強いスソガのにおいを
発するようになる

人もいます。

そもそも
加齢となると
様々な合併症を引き起こすことで
アポクリン腺が刺激されるので

結局のところは
体を劣化させないことが
ゆういつの方法となりますから

すそがを発症するようです。

原始時代のような時代の異性を引きつけたり
母親としての目の見えない赤ん坊が乳房の
位置を確かめるための
役割を持つようになったと
知ることができる信号で

そう言ったアポクリン腺による働きが
いまだに体内に残っていることをも
あらわします。

ほかに、
年齢関係なく
アポクリン腺の働きが強くなるタイミング

・アルコールを飲んだ時
体中にアルコールは一定の負荷を与えることから変な汗をかきやすくなります
ですのでアポクリン腺もアルコールに反応しで
飲みすぎるほどに肝臓や腸内での毒素分解も追いつかなくなり臭いを放ちやすくなります
・性行為をしているとき
性的興奮をしてくることのより
デリケードゾーン付近の血流も良くなり
代謝が良くなり
アポクリン腺の分泌も多くなります。
・タバコを吸ったとき
タバコの煙の中にある体に害のある成分が
体内で毒素分解が追いつかずに
タバコのにおいなども汗から出て
さらには
アポケリン腺へも毒素成分が
含まれるようになるために
悪臭を放ちがちになります。

とはいえ
ほかにも
生活習慣の急激な変化による
からだへのストレスでも
アポクリン腺が活発になる

ので
この年齢で
スソガになると言い切れないところもあります。

体に負荷の無いように

程よく太陽を浴び運動をして
規則正しい生活と食事をすれば
高齢化となるにつれての
かなりのスソガの対策となります。

更新日:

Copyright© 今のワキガ対策方法は古すぎる!新のワキガ対策方法とは? , 2017 AllRights Reserved.